Dreamをゲストに岡山ならではのトークにファンも大喜び

「日本を元気に!」をテーマに活動する「JAPAN MOVE UP」と連携する形で一昨年から活動を開始した「OKAYAMA MOVE UP」による「JAPAN MOVE UP –SPECIAL EDITION vol.7-」が、Dreamをゲストに迎えイオンモール岡山でラジオ公開収録を行った。
 先月21日、ガールズ・エンターテインメントグループのDreamのメンバーをゲスト迎えたJAPAN MOVE UPの公開収録がイオンモール岡山の施設内『未来スクエア』にて行われた。岡山県のイオンモール岡山は昨年末、都市型イオンモールとしてオープン、ちょうど1年を迎える。また公開収録の行われた会場『未来スクエア』は1階から4階まで吹き抜けとなっており会場の周辺はおよそ1000人を越える来場者であふれた。

 ゲストであるDreamメンバーのAya、Shizuka、Erieが登場すると大勢の拍手で迎えられた。メンバーのErieは岡山出身ということもあり会場からは「おかえりー!」という声が飛び交った。14歳まで岡山で過ごしたというErieの当時の話を中心に、芸能界に入るきっかけとなったオーディションを岡山で受けたというAyaや今年7月に同会場でDANCE EARTH PARTYとして公開収録を行ったばかりのShizukaなど他のメンバーの岡山にまつわるトークにファンは喜んだ。またDream結成のオーディション時、メンバーとの出会いから現在にいたるまでの話や、Dreamとしてa-nation出演時の話、それぞれのメンバーに対する話など、改めてDreamの魅力や仲の良さが感じられるトークとなった。

 Dreamは先月18日にシングル『ブランケット・スノウ』をリリースしたばかり。Ayaは「冬だからこそ感じられる温かさや、大切な人を想ったとき、触れ合ったときに感じる幸せさが歌詞に込められています。聞き終わった後に皆さんの心も温かくなればいいなと思います」と語った。また、ダンスも注目。「サビ終わりの『Shalalalala』の振り付けは手で雪が振っているところを表現しているのでそこも注目してほしい」とダンスへの想いを語った。
 今回の公開収録の模様は11月28日(土)にオンエアされた。