小宮山工介インタビュー 空手・武器術・動物の動きで培った独創性で-60kgを極める!

「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~-65kg世界最強決定トーナメント~」(6月24日、東京・国立代々木競技場第二体育館)のスーパーファイトに出場する小宮山工介のインタビューを公開。
(C)M-1 Sports Media
――K-1参戦・対戦カード発表会見を終えた直後ですが、今どんな心境ですか?
「少し緊張しましたね。でも会見に来ていただいたファンの方から『小宮山、頑張れ!』という声をかけていただいてうれしかったです」

――小宮山選手は今のK-1をどのように見ていましたか?
「何度か試合を見させていただいたのですが、K-1は華のある素晴らしい舞台だと思います」

――小宮山選手はK-1MAXに出場したこともありますが、当時と新生K-1の違いは感じますか?
「そうですね。K-1自体が新しくなって、自分も当時とは変わっているので、いろいろと新しくなった印象があります」

――記者会見ではK-1参戦を決めた理由として「-60kgを極めたい」という言葉がありました。K-1のファイターたちと戦って勝ちたいという想いがあったのですか?
「はい。僕は卜部弘嵩選手と功也選手の兄弟対決を生で観戦していて、すごくリスペクトして見ていました。こういう兄弟いいな、こういう兄弟と試合ができたら、自分ももっと格闘技が好きになれるんじゃないかなって」

――小宮山選手も格闘技界では”小宮山三兄弟”として知られていますが、改めて格闘技を始めたきっかけを教えていただけますか?
「父が空手の先生(小宮山が所属する北斗会館の創始者)で、幼稚園のころから空手を始めました」

――では物心ついた時には道衣を着て空手をやっていたのですか?
「そういう感じですね。最初は空手の練習をするというよりも楽しくやっていました。他の子供がスポーツをやるのと同じような感覚だと思います」

――そして小宮山選手は幼少期から数々の空手の大会で活躍して、優勝歴66回という実績があるとお聞きしています。空手をやることは特別なものではなくて当たり前ですか?
「はい。僕にとっては日常ですね。練習がない日のほうが違和感があって『あれ? なんか違うな?』と思うくらいでした」

――ずっと兄弟で切磋琢磨してきたのですか?
「一番下の弟とは7歳離れているのですが、兄とは3歳違いなので、いつも一緒に練習していました。そういう部分で卜部兄弟には何か感じるものがあるのかもしれません」

――小宮山選手は蹴り技が多彩で、戦い方も独創的な印象があります。他の選手ができない動きや戦い方は意識されているのですか?
「そうですね。僕は形にこだわらずに戦うようにしています」

――いわゆる格闘技の練習だけでなく、武器を使った練習もやられるんですよね?
「父の空手が沖縄の伝統空手の流れをくんでいるので、武器を使った練習や武器術に触れてきました。プロになってからも武器を使った練習をすることもあって、そうした練習をしてみるとまた違った感覚で勉強になりますね」

――また小宮山選手は自分の手足を動物に例えて表現することもありますよね?
「はい。蛇、虎、ライオン…いろんな動物の映像を見ますし、その動きを真似することもあります。もちろんボクシングだったり、他の格闘技を見て勉強もしますよ」

――小宮山選手の頭の中には独自の理想形があるのでしょうか?
「どうですかね…。でもみなさんと(感覚が)近いものもあって、やっぱりすごいものはすごいと思いますし、(格闘技の試合を見て)『こういう技は見たことないな』と思うこともあります。あとはそれを自分で実際にやってみて、いろいろと考えながら練習していますね」

――K-1ファンにどんなものを見せたいですか?
「とにかく試合を見てもらいたいですね。そして僕という存在を知ってもらいたいです」

――見ている人たちを自分の試合で驚かせたいですか?
「何よりも対戦相手の弘嵩選手を驚かせたいです」

――これから本格的にK-1での戦いが始まります。K-1の舞台でどんな活躍をしていきたいと思いますか?
「僕は新生K-1のリングも魅力的だと思っているし、-60kgを極めたいと思っているので、いきなりチャンピオンの卜部弘嵩選手と戦えることをうれしく思っています。みなさんの期待を超えられるような試合をしたいと思っているので、楽しみにしていてください」