乃木坂46 新CMでキスシーンに20テイク

写真左より松村沙友理、白石麻衣、高山一美
 乃木坂46が出演する新CM発表会が、2日都内で行われた。新CMはアルバイトの求人情報サイト「バイトル」で、会見にはCM内で着用したバーテンダーの衣裳で白石麻衣、松村沙友理は受付嬢、高山一美はホテルスタッフの衣裳で登場した。白石は「アルバイトをするなら、かわいい制服でしたいですね。普段はなかなか着る機会もないですし」と衣裳を気に入った様子。

 3人の中で唯一アルバイト経験のある高山は「(民宿では)全然モテなかったです。バイトでモテたかったなぁ。それと、道の駅でバイトしていたときに、ふかわりょうさんがいらして。ふかわさんは道の駅に詳しくて、DVDも出てるんですけど、よく見ると私が映ってます。これまだ誰にも言ってないんですけど」と意外な過去を明かした。

キスシーンに20テイク

 新CMは白石、松村、高山の他に、西野七瀬、堀未央奈、若月佑美の計6人が出演。「アプリダンス篇」「かわいい制服篇」の2パターン。前者の撮影では白石と西野が苦戦、20回以上もテイクを重ねたというアプリのロゴを挟んだ“キスシーン“が見どころだ。

 会見内で3人は以下のコメントをした。
松村「ダンスの部分は3回くらいで終わったのに、そのあと二人が何回も(笑)」
高山「2人がクールな感じでやるから、現場スタッフのおっちゃんたちが“もっと照れた感じで!“みたいな感じで(笑)」
白石「チュッてやる感じが、なかなかかわいくできなかったのか分からないんですけど、“もうちょっとこうしてください“と指示が(笑)。でも、かわいくなったのでよかったです」

 テレビCMは8日から全国で放送される。