ブライアンが変貌ぶりを指摘したアリをなぶり殺し【12・11 WWE】

ヒールホールドを決めるブライアン(©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
TLCでの王座防衛を宣言

 WWE「スマックダウン」(現地時間12月11日、ネバダ州ラスベガス/T-モバイル・アリーナ)でWWE王者ダニエル・ブライアンが“ハイフライヤー”ムスタファ・アリを撃退して「TLC:テーブルズ・ラダーズ・アンド・チェアーズ」(12月16日、米カリフォルニア州サンノゼ/SAPセンター)で行われるAJスタイルズとのWWE王座戦に向けて弾みを付けた。

 オープニングに登場したブライアンは「お前達は気まぐれだ」と観客を挑発。そして「TLCではAJスタイルズの王者奪取の夢を砕き、試合後もWWE王者はニュー・ダニエル・ブライアンだ」と王座防衛を宣言した。

 そこへこの日の対戦相手のアリが登場して「いったいどうしたんだ。俺はあなたに憧れていたのに」とブライアンの変貌ぶりを指摘すると、ブライアンは突如平手打ち。これを合図に試合がスタートした。

 ブライアンはキックやフェイスロックで攻め立てると、アリもトペ・コンヒーロやスイング式DDTを繰り出して白熱の攻防を展開したが、アリの054(リバース450°スプラッシュ)を回避したブライアンがアリの左足をポストに叩き付けると、続けてヒールホールドでダメージを与えてタップ勝ち。さらにブライアンが試合後もアリの顔面にストンピングを浴びせ、ヒールホールドを決めて不敵な笑みを浮かべると会場のファンは大ブーイングを浴びせた。