SearchSearch

王者アスカvs“小悪魔”アレクサの王座戦にオートンが乱入。アレクサに報復のRKO【WWE】

2021.01.26 Vol.Web Original

アレクサが突然泣き出し会場が暗転

 WWE「ロウ」(日本時間1月26日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)で2冠王者アスカが“小悪魔”アレクサ・ブリスとロウ女子王座戦で激突したが“毒蛇”ランディ・オートンが乱入してRKOでアレクサを沈めるハプニングが起こった。  試合前、アレクサは「新しいおもちゃを身に着けるチャンスだわ」とロウ女子王座ベルトの獲得に意欲を見せると、先週ピンフォールを奪われたアスカは試合序盤からアレクサを投げ飛ばし、ミサイルキックを放つなど果敢に攻め込んでいく。中盤にはアレクサが突如、木馬に乗って遊んだり、楽しそうにアスカにチンロックを決めたが、アスカがヒップアタックやスープレックスなど怒涛の連続攻撃で反撃すると、アレクサが泣き出して会場が暗転。

2018年の優勝者・中邑真輔がロイヤルランブル戦に参戦決定【WWE】

2021.01.26 Vol.Web Original

中邑「この勢いのまま最高峰のベルトまで一気に駆け上りたい」

 WWE「ロウ」(日本時間1月26日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)で、中邑真輔がPPV「ロイヤルランブル」で行われるロイヤルランブル戦に出場することが発表された。  2018年に優勝している中邑は「2021年になり、ライジング・サンも復活し、一気に風が吹いてきました。この勢いのまま最高峰のベルトまで一気に駆け上りたいと思います」とツイッターで決意表明した。

WWE王者マッキンタイアとゴールドバーグが「ロイヤルランブル」を前ににらみ合い【WWE】

2021.01.26 Vol.Web Original

マッキンタイア「ゴールドバーグを倒して王座を防衛する」

 WWE「ロウ」(日本時間1月26日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)で王者ドリュー・マッキンタイアと“超人類”ゴールドバーグがPPV「ロイヤルランブル」のWWE王座戦を前にリングで対峙した。  オープニングに登場したマッキンタイアは「ロウに戻ってこれて気分がいい。PPVではゴールドバーグを倒して王座を防衛する」と王座戦への意気込みを語っているところへMr. MITBザ・ミズ&ジョン・モリソンが現れ「WWE版のコングvsゴジラだな。でも俺がキャッシュインして新王者になる」と王者を挑発。

オーエンズが王者レインズを強襲。ポップアップ・パワーボムでKO【WWE】

2021.01.23 Vol.Web Original

「ロイヤルランブル」で一騎打ち

 WWE「スマックダウン」(日本時間1月23日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)で、ケビン・オーエンズがPPV「ロイヤルランブル」を前にユニバーサル王者ローマン・レインズをポップアップ・パワーボムでKOした。  オープニングに登場した王者レインズ(with ポール・ヘイマン)が「今夜、ケビン・オーエンズは出てこない。負傷交代なんて負け犬の考え方だ」とWWEオフィシャルのアダム・ピアースと王座戦に代理出場するオーエンズを侮辱した。  するとそこへピアースが登場してレインズと舌戦を展開すると、これがヘイマンにも飛び火してピアースとヘイマンの対戦が決定した。

アスカ&シャーロットが“強運”を味方にライオット・スクワッドを撃破【WWE】

2021.01.23 Vol.Web Original

ルビーの丸め込みにひやり

 WWE「スマックダウン」(日本時間1月23日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)で、WWE女子タッグ王者アスカ&シャーロット・フレアーがライオット・スクワッド(ルビー・ライオット&リブ・モーガン withビリー・ケイ)とノンタイトル戦で激突した。  序盤、アスカはショルダータックルでルビーを吹き飛ばしてエプロンのリブを挑発すれば、シャーロットもチョップの連打をルビー&リブに叩き込んで攻め込んでいく。さらにアスカがアンクルロックからのジャーマン・スープレックスでリブを投げ飛ばしたが、交代したルビーにうまく丸め込まれてピンチに陥るも、セコンドのビリーがレフェリーに注意を受けていたためカウントを回避。

KUSHIDAが新技でガルガノを沈めてタッグチームクラシック1回戦突破【WWE NXT】

2021.01.22 Vol.Web Original

「ダスティ・ローズ タッグチームクラシック」開幕

 WWE「NXT」(日本時間1月22日配信)でKUSHIDA&レオン・ラフが「ダスティ・ローズ タッグチームクラシック」1回戦で因縁のジョニー・ガルガノ&オースティン・セオリーと対戦し、KUSHIDAが新技ハンマーロック・スープレックス・ホールドでNXT北米王者ガルガノからピンフォールを奪取して1回戦を突破した。  試合序盤、KUSHIDAはラフと連携したダブル・アーム・ブリーカーやダブル・エレファントキックでセオリーに攻め込むと、ガルガノ&セオリーもお返しとばかりにダブル・バックエルボーで応酬するなど白熱の攻防を展開。

王者・紫雷イオが因縁のメルセデスを襲撃KO【WWE NXT】

2021.01.22 Vol.Web Original

「女子ダスティ・ローデス タッグチームクラシック」が開幕

 WWE「NXT」(日本時間1月22日配信)でNXT女子王者・紫雷イオが史上初の「女子ダスティ・ローデス タッグチームクラシック」の開幕戦で因縁のメルセデス・マルティネスを襲撃し、解説席に叩きつけてKOした。  WWE殿堂者ベス・フェニックスの紹介によりタッグチームクラシックが開幕すると1回戦でトニー・ストーム&メルセデス・マルティネスとケイデン・カーター&ケイシー・カタンザーロが激突。

“黒い小悪魔”アレクサがロウ女子王者アスカをシスター・アビゲイル葬【WWE】

2021.01.19 Vol.Web Original

「アレクサズ・プレイグラウンド」にアスカが登場

 WWE「ロウ」(日本時間1月19日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)でロウ女子王者&WWE女子タッグ王者アスカが “フィーンド”ブレイ・ワイアットに洗脳されたままの“小悪魔”アレクサ・ブリスと「アレクサズ・プレイグラウンド」で対峙した。  アレクサはブランコに乗りながらゲストのアスカの前でロイヤルランブル戦出場を発表すると「アスカはロウ女子王者だから、レッスルマニアで対戦するかもね」と2人の王座戦に言及。

“Mr. MITB”ミズが「ロイヤルランブル」のWWE王座戦でのキャッシュインを宣言【WWE】

2021.01.19 Vol.Web Original

偽物のゴールドバーグとマッキンタイアが登場

 WWE「ロウ」(日本時間1月19日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)で“Mr. MITB”ザ・ミズ&ジョン・モリソンが「ザ・ダートシート」に登場した。  ミズ&モリソンは「ザ・ダートシート」のゲストとして、ビル・ゴールドバーグを呼び込んだが、登場したのは貧相なギルバーグ。さらに偽物のドリュー・マッキンタイアも現れると偽物ながらPPV「ロイヤルランブル」でWWE王座をかけて激突する2人が対峙することになった。

シャーロットが父リック&レイシーの妨害を跳ねのけてペイトンに勝利【WWE】

2021.01.19 Vol.Web Original

父フレアーはレイシーといちゃつきながら娘の試合を観戦

 WWE「ロウ」(日本時間1月19日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)で“女王”ことWWE女子タッグ王者シャーロット・フレアーがペイトン・ロイスとシングル戦で激突した。  試合前に父リック・フレアーとレイシー・エバンスがいちゃつきながら観戦を予告する中、ペイトンが入場するシャーロットを襲撃して試合が始まった。  この攻撃に怒ったシャーロットがショルダータックルやチョップの連打で攻め込むと、試合途中には予告通り父リックとリックのローブを着たレイシーがステージに現れてシャーロットを妨害。

「レッスルマニア」の向こう3年間の開催地が決定。今年は10~11日にフロリダ州で開催【WWE】

2021.01.18 Vol.Web Original

昨年は新型コロナ禍で急きょ無観客開催に

 WWEが1月18日(日本時間)、年間最大の祭典「レッスルマニア」の向こう3年間の開催地と日程を発表した。今年は4月10~11日にフロリダ州タンパベイのレイモンド・ジェームズ・スタジアムで開催される。  同所では昨年、「レッスルマニア36」が開催される予定だったが、折からの新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、急きょWWEパフォーマンスセンターでの無観客開催に切り替わっていた。  今回の発表にあたり、今年「レッスルマニア37」が開催されるフロリダ州のロン・デサンティス知事は「フロリダ州は4月にレッスルマニアをタンパベイに迎え入れる事ができ大変うれしい限りです。フロリダ州はプロフェッショナルスポーツやエンターテイメントを安全な形で継続しながら収益化してきており、人々の職を確保して参りました。レッスルマニアはタンパベイ周辺に数十億の経済効果をもたらすことが期待されており、それを皮切りに今年はフロリダ州内でその他のスポーツやエンターテインメントイベントも開催できることを楽しみにしています」、タンパのジェーン・キャスター市長は「タンパベイで4月にレッスルマニアを開催できることは、私たちのこの美しい市がこれまで以上に魅力的な市として、WWEで言う完璧なカムバックする素晴らしい機会だと感じています。タンパベイの魅力を皆様にお届けできることを大変楽しみにしています」とそれぞれ語った。  以降、2022年は4月3日にテキサス州ダラスのAT&Tスタジアム、2023年は4月2日にカリフォルニア州ロサンゼルスのイングルウッド、SoFiスタジアム/ハリウッドパークで開催される。  2022年の「レッスルマニア38」が開催されるアーリントンのジェフ・ウィリアムズ市長は「2016年のレッスルマニア32には10万1000人以上もの観客がいらっしゃいました。そんなレッスルマニアがアーリントンのAT&Tスタジアムに帰ってくることを非常に楽しみにしています」、2023年の「レッスルマニア39」が開催されるイングルウッドのジェームズT.バッツJr.市長も「2023年、イングルウッドでレッスルマニアを開催できることを大変光栄に、そして楽しみにしています。また、タンパベイが今年、延期開催ができることをお祝い申し上げます」とそれぞれコメントした。  WWEのビンス・マクマホン会長兼CEOは「WWEを代表し、向こう3年に渡るレッスルマニアの開催に際して、デサンティス知事、キャスター市長、ウィリアムズ市長、そしてバッツ市長の寛大な、そして柔軟な姿勢を心から感謝しています」と語った。  なおジョン・シナ、ローマン・レインズ、ポール・ヘイマン、サーシャ・バンクス、ステファニー・マクマホン、トリプルHらWWEスーパースターたちもYouTube( link to:https://www.youtube.com/watch?v=S84sDXetOcM&feature=youtu.be )で開催にあたってのコメントを発表している。

Copyrighted Image