中邑真輔がルセフにまさかのフォール負け【12・11 WWE】

序盤は有利に試合を進めた中邑(右)だったが…(©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
カウンターのマチカキックに不覚

 WWE「スマックダウン」(現地時間12月11日、ネバダ州ラスベガス/T-モバイル・アリーナ)でUS王者中邑真輔がサモア・ジョーをパートナーにルセフ&ジェフ・ハーディ組と対戦した。

 中邑は試合直前に登場したRトゥルース&カーメラのダンスブレイクで油断したジェフに背後からのハイキックで先制すると、ジョーと代わる代わるジェフを痛めつける。

 優勢の中邑&ジョー組だったが、ジェフはジョーにウィスパー・イン・ザ・ウィンドを放ち、ルセフにタッチ。ルセフはジョーに代わってリングインした中邑にクローズラインやヒールキックを炸裂。さらにカットに入ったジョーにもツイスト・オブ・フェイトを決め一気に形勢を逆転した。

 それでも中邑はルセフのスキを突いてキンシャサを狙うが、ルセフはカウンターのマチカキックで迎撃。ルセフが中邑から3カウントを奪った。