東京の6月の服装9選!平均気温と天気に合わせたコーデは? ♬

6月の平均気温と天気は?


東京の6月の平均気温は22.4℃


東京の6月の平均気温は22.4℃です。上旬の天気は晴れが多く、最高気温は27℃前後と平均気温より高く、少し汗をかく程度の暑さになります。中旬は梅雨入りで25℃前後とですが、じめじめとした蒸し暑さが続きます。下旬は夏の暑さと雨の蒸し暑さが混ざり、27℃前後まであがるので快適に過ごしにくい日が続きます。


梅雨入りは6月上旬で雨の多い時期


東京は6月上旬から中旬にかけて、梅雨入りをします。毎年10日前後に梅雨入りをしているので、この辺りから折りたたみ傘などの雨具を携帯すると良いでしょう。中旬から下旬にかけて本格的な梅雨になり天気が崩れます。6月の降水量は180mmと雨の少ない時期と比べ130mm以上の差があります。


定番編|東京の6月の平均気温と天気に合わせた服装・コーデ3選!


東京の6月の平均気温と天気に合わせた服装:定番編①薄手の上着が必須!


東京の6月の平均気温と天気に合わせた服装の定番1つ目は、薄手の上着を合わせるコーデです。6月は、昼間と夜間の寒暖の差が激しい時期なので薄手の上着がマストアイテムになります。爽やかなサックスや温かみのあるアイボリーといったカラーのカーディガンは、カジュアルも女の子っぽいファッションにも合います。


マキシ丈のワンピースには、ショート丈のカーディガンで重くならないようにするとベストです。足長効果も発揮してくれます。カーデ以外にもパーカーを羽織るのもおすすめですが、カジュアル過ぎると子供っぽく見えてしまいます。チュールスカートやシフォンスカートといったガーリーファッションと合わせましょう。


東京の6月の平均気温と天気に合わせた服装:定番編②ロング丈で涼しげに


東京の6月の平均気温と天気に合わせた服装の定番2つ目は、ロング丈のスカートやワンピースのコーデです。湿度の高い季節なので、デニムなどのパンツでは蒸し暑く感じることがあります。ミニやひざ丈のスカートでは肌寒いこともあるので、ロング丈がおすすめです。ふわっと揺らぐ足元が涼しげに見えておしゃれです。


6月から夏にかけてはマキシ丈ワンピが人気です。全身を包むマキシワンピは、淡い色や爽やかな色では少し寒い印象を与えてしまうので、ネイビーなど濃い目の色合いがおすすめです。淡い色のショート丈カーディガンを合わせれば、すっきりとしたイメージになります。


東京の6月の平均気温と天気に合わせた服装:定番編③足元はレインブーツを


東京の6月の平均気温と天気に合わせた服装の定番3つ目は、レインブーツを合わせたコーデです。雨の日に布製のスニーカーでは汚れてしまったり、濡れてしまったりしますよね。レインブーツはおしゃれな長靴なので、雨の日でも安心して出かけられます。着こなし方次第で、おしゃれ度が高まるので取り入れてみましょう。


ショートブーツもロングブーツもあるので、ファッションに合わせて両方準備しておくのも良いですね。黒だけでなく、赤や茶といったカラーも揃っているので好きな色を選びましょう。カジュアルにもガーリーにも合わせやすいデザインなのが嬉しいですね。シューズタイプもあるのでブーツが苦手な人はこちらもおすすめです。


上旬編|東京の6月の平均気温と天気に合わせた服装・コーデ3選!


東京の6月上旬の服装①七分袖+アクセサリーでオシャレ度アップ!


東京の6月上旬におすすめの服装1つ目は、七分袖コーデです。半袖ではまだ寒いけれど長袖はもう暑いと感じる6月にはぴったりのアイテムです。七分袖は細い手首が強調されるので女の子らしい印象を与えてくれます。Tシャツタイプのものやニットなど色んな種類があるので着回しできよう、何着か揃えるのがおすすめです。


さらに、ブレスレットや時計などのアクセサリーをつけることできれいな手首に見せることができます。おしゃれ感もぐっとアップして、女の子らしさが倍増しますよ。デニムでカジュアルに、ワンピースでガーリーに、ハイウエストボトムスで大人カジュアルに好きなコーデを楽しみましょう!


東京の6月上旬の服装②暑さも寒さも半袖に長袖シャツを羽織って調整を


東京の6月上旬におすすめの服装2つ目は、半袖Tシャツに長袖シャツを羽織るカジュアルコーデです。七分袖でも日中に暑さを感じる日は半袖で出かけたいですよね。そんなときは長袖のシャツを羽織るだけで暑さも寒さも簡単に調整できます。淡い色のデニム生地や白のシャツなど爽やかな色合いのシャツがおすすめですよ。


寒いときは上着として羽織り、暑いときは腰に巻いたり、袖をまくって七分袖にしたりできるので、脱いでも荷物にならない上着というのが嬉しいですね。また、シャツワンピを羽織として使うと、大人女子っぽくこなれ感を演出することもできます。シャツワンピは羽織として着回しが自由になるので1枚はあると便利です。


東京の6月上旬の服装③女の子らしいシフォンワンピで季節感を


東京の6月上旬におすすめの服装の3つ目は、シフォンワンピースのコーデです。ふわっとしたフォルムは女の子らしさを強調してくれます。梅雨入りしてじめじめとした時期でも、可愛い洋服に身を包めばあっというまに憂鬱な気分も吹き飛びますよ。シフォン生地は薄手なので、涼しげな雰囲気を与えてくれます。


シフォンワンピは重ね着をしなくても1枚でコーデが完成する優れアイテムです。夏には重宝するので1枚は準備しておくと良いですね。また、シャツワンピタイプのシフォンワンピであれば、羽織としても使えます。シフォンワンピならではの透け感で、涼しげで爽やかさを楽しむことができますよ。


下旬編|東京の1月の平均気温と天気に合わせた服装・コーデ3選!


東京の6月下旬の服装①足元は汚れの目立たないモノトーンに


東京の6月下旬におすすめの服装1つ目は、モノトーンコーデです。梅雨本番の下旬は雨が続きます。白や淡い色などの明るい色合いのボトムスは、泥ハネで汚れてしまうと目立ちます。他にも、公共機関で移動する場合は周囲の人が持っている塗れた傘で服が汚れてしまう危険も出てきます。


そんなときにおすすめなのが、足元にダークカラーを取り入れたモノトーンコーデです。黒やネイビーなどの濃い色合いのボトムスであれば、汚れも目立たず快適な1日を過ごせますよ。代わりにトップスやアウターには、白やグレーなど明るめのカラーで爽やかさをプラスして梅雨に負けないファッションにしましょう!


東京の6月下旬の服装②夏の天気にはレースファッションで涼しげコーデ


東京の6月下旬におすすめの服装2つ目は、レース素材のアイテムを取り入れたコーデです。じめじめとした本格的な梅雨から夏本番に向けて準備する時期ですね。涼しげな印象を与える透け感のレース素材なら、本格的な夏でもおしゃれに爽やかさを与えてくれます。女の子らしさと爽やかさを兼ね備えた夏のマストアイテムです。


ただし、6月下旬はまだ肌寒さが残る季節なので、真夏のような服装では浮いてしまう危険性があります。全身に取り入れるのではなく、トップスに取り入れるのがおすすめです。レース素材のブラウスはデニムなどのカジュアルな服でも大人っぽい雰囲気を与えてくれるので、大人女子を目指す方は試してみてくださいね。


東京の6月下旬の服装③ボーダー柄で大人レディースカジュアル


東京の6月下旬におすすめの服装3つ目は、ボーダー柄アイテムを取り入れたコーデです。最近ではマルチボーダー柄が大人かわいいと評判が高く、OLさんの大人レディースカジュアルとして人気が高まっています。白と紺のボーダー柄は、マリンコーデとして爽やかさを印象付けることもできますね。


今年注目されているのは、マルチボーダー柄のサマーニット・ワンピースです。マルチボーダー柄とは、複数の色や太さが混在した横縞柄を言います。ワンピースを選ぶときは、デコルテラインを広く見せるオフショルダーがスタイルを良く見せてるポイントになります。ベルトでウエストマークするとなおきれいに見えますよ。


梅雨に持っていると女子力アップするアイテム4選!


梅雨に持っていると女子力高いアイテム①日傘兼折り畳み傘


梅雨に持っていると女子力高いアイテム1つ目は、日傘兼折り畳み傘です。「朝晴れていたのに夕方雨が降っている」なんてことは、梅雨時期には当たり前に起こりますよね。そんな時期は晴れていても日傘として、雨が降れば雨傘として使える日傘兼折り畳み傘がおすすめです!


梅雨に持っていると女子力高いアイテム②ボディーシート


梅雨に持っていると女子力高いアイテム2つ目は、ボディーシートです。汗をかくと体がベトベトして気持ち悪いですよね。帰り道にまっすぐ家に帰るだけでもさっぱりしたいものです。食事に行ったりお出かけするときはなおさらです。ボディーシートがあれば、手軽にサラサラのお肌にできます。


梅雨に持っていると女子力高いアイテム③ヘアケア用品


梅雨に持っていると女子力高いアイテム3つ目は、ヘアケア用品です。お出かけ前にセットしても湿気でうねってしまったり、ぺたんこになってしまったりしますよね。そんなときに重宝するのが携帯サイズのヘアケア用品です。ハネて広がってしまった髪にスプレーするだけで、乱れた髪を抑えることができます。


梅雨に持っていると女子力高いアイテム④防水スプレー


梅雨に持っていると女子力高いアイテム4つ目は、防水スプレーです。バッグや靴などが濡れてしまうと、型崩れを起こしてしまいます。今では持ち歩きしやすい携帯サイズの防水スプレーがあるので、バッグに入れておきましょう。うまくスプレーができていなくても、その場でスプレーできます。


6月の気温や天気に合わせた服装で出かけましょう!


6月の東京におすすめのファッションをご紹介しましたが、いかがでしたか?梅雨入りのちょっと気分が憂鬱になる時期なので、自分の好きなファッションで乗り切りたいですよね。温度差が激しいのでどんな服装が良いのか迷ってしまいがちですが、今回ご紹介した内容を参考にして、是非楽しい梅雨コーデを考えてみてください!