吉本坂46デビュー! トレエン斎藤がボケ封印。“ポケビ”を目指すユニットも出現

 秋元康氏がプロデュースする吉本のアイドルグループ吉本坂46のデビューシングル『泣かせてくれよ』発売記念イベントが26日、池袋のサンシャインシティ噴水広場にて行われ、表題曲を歌う選抜メンバー16人他3ユニットが登場。アイドルの聖地と呼ばれるステージで、それぞれの新曲を熱唱した。

 吉本坂46は、吉本興業グループに所属するタレント限定で構成された、乃木坂46、欅坂46に続く坂道シリーズ第3弾。1747人の応募から6次審査を経て選ばれた46人がコンセプトの異なる4つのユニットに参加し、アイドルデビューを果たす。
選抜チーム
 お茶の間でおなじみの芸人の顔を封印し、熱気あふれるパフォーマンスを披露し会場を大いに沸かせた4チーム。選抜チームで暫定センターを務めるトレンディエンジェルの斎藤司は吹き抜け上階から見下ろす観客の視線を「この場所は上から頭部を見られる…」と気にしながらも「こんなにたくさんの方が集まってくださって感激しています。今日はボケません」とアイドルに徹する決意。

 下垂体腺腫(かすいたいせんしゅ)治療のため一時休養していた、ガンバレルーヤよしこは、復帰を祝うファンの声に笑顔を見せ「休業していた間に、お肌のブツブツ
きれいになって、ちょっと痩せて誰だか分からなくなっていると思いますけど…小雪さんじゃありませんよ」とおなじみのボケで復活をアピールしていた。
若手メンバーを中心にしたダンスユニット、RED
 ダンスに自信を持つ若手メンバーが集まったREDは、早くも選抜メンバーをしのぐ人気。会場では、46人それぞれが単独でジャケットを飾るデビューシングルを販売していたが、メインボーカルの1人・榊原徹士のジャケットが売り切れに。榊原は「今日は(パフォーマンスの中の)キスシーンで、ミュージックビデオのときより菜央ちゃんに近くて、会場からも声が上がって…申し訳ない(笑)」と初めての公開ライブに熱が入った様子。
ポップな3人組POP MONSTER
 新喜劇の島田珠代、かつみさゆりのさゆりらベテランで結成されたビター&スイートは「本当はメンバーが11人いるんですけど、今日は大人の事情で来れません」とさゆり。「他の営業に行っていたり、膝の調子が悪かったり…年齢層が高いので」と言いつつも堂々としたパフォーマンスを披露。はんにゃの川島章良は「5人だけということで、始まる前は姉さんたちすらバキバキになるほど緊張していたんですけど、そこはみんなベテランで営業慣れしているので、それが本番で出て良かった」と自虐を交えつつやりきった表情。

 個性派3名によるPOP MONSTERのメインボーカル、スパイクの松浦志穂は「芸人になる前は歌手になりたくてソニーミュージックを受けた。まさか人前でこうして歌えるなんて」と感無量。さらにココリコの遠藤章造に「遠藤さんがいる前で言うのも申し訳ないんですけど、私たちポケットビスケッツを目指しているので!」と、遠藤の元妻・千秋がボーカルを務め人気を博したユニットを目標に掲げた。
乃木坂46の松村沙友理も駆けつけ“後輩”たちを応援
 この日は、乃木坂46の松村沙友理も応援に駆けつけ「最高でした!」と“坂道”の後輩に太鼓判。また、同シングルが本日発表のオリコンチャートで2位となったことを知ると斎藤は「まだ上に行く喜びを与えてくれた神様に感謝したいと思います。上り坂を登っていきたいと思っています」とアイドルそのもののコメントをし、笑いをとっていた。

 最後にキャプテンを務める次長課長・河本準一は「以前に、絶対に実現できないと言って炎上しました」と振り返り「全く被りのない46人。芸人が切磋琢磨して、芸人とは違う顔も見せていけたら」と意気込みを語った。