KIDメモリアル戦にアーセン「セコンドに絶対にノリさんはいる」【12・31 RIZIN.14】

山本アーセン
アーセン「宮田さんの引退試合なので宮田さんが納得するような相手になれたら」

「RIZIN.14」(12月31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の前々日会見が12月29日、東京都内で開催された。

「宮田和幸引退試合& 山本“ KID” 徳郁メモリアルマッチ」に出場する山本アーセンは「コンディションはばっちり。モチベーションもコンディションも今ピークに達している。下は向かないでいつも上を向いているんで、いい感じだと思う」と絶好調をアピールした。

 試合については「何が起きても対応できるように練習して来た。どう転ぶかは神様しか知らないけど、自分の中でプランはあるのでそれを見せられたらいい」などと話した。

 相手の宮田については「もちろん尊敬しています。大先輩ですし、すごい人なんで、リスペクトを持っている」とし宮田とKIDさんの試合については「参考にはならないけど何回も見てしまいます。宮田さんの引退試合なので宮田さんが納得するような相手になれたら」という。

 またKIDさんのメモリアルマッチということについては「タイトルつけてもらって感謝してるけど、自分の試合なんで気にしていない。メモリアルっていっても体がなくなっただけで、セコンドに絶対にノリさんはいると思うのでメモリアルということは気にしていないです」と話した。
宮田和幸
宮田「今回は勝っても負けても最後なので全部出し切りたい」

 引退試合となる宮田和幸は「自分のほうがキャリアもあるし、特に戦術はないが自分のやってきたことを全部出せればいいかなと思う。引退試合だからといって特に特別なものはない。試合は毎回同じ。ただ最後なので悔いが残らないようにしたい。(かつて参戦していた)DREAMなんかは日本人同士のつぶし合いで負けたら次出られないという感じだったが、今回は勝っても負けても最後なので全部出し切りたい」と淡々と話した。

 KIDさんのメモリアルという面においては「KID選手とはもともと仲が良かった。彼の活躍している姿をテレビなどで見て、自分もレスリングをやめて格闘技をやりたいと思わせてくれた選手なので、すごく思い入れがある。最後も甥っ子。引退試合としてはすごく縁のある選手でよかったと思っています」と話した。