浜崎朱加が女子スーパーアトム級初代王者に輝く【12・31 RIZIN.14】

浜崎の腕十字ががっちり決まる
腕十字固めで浅倉カンナを破る

「RIZIN.14」(12月31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で行われたRIZIN女子スーパーアトム級タイトルマッチで浜崎朱加が2R4分34秒、腕十字固めで浅倉カンナを破り初代王者に輝いた。

 浅倉は昨年行われた「女子スーパーアトム級GP」で優勝。決勝でRENAを破り、今年7月にはリマッチでもRENAを退け、名実ともにRIZINのトップに立った。

 浜崎は2015年7月にINVICTA FCアトム級世界王座を獲得。日本の女子選手でただ一人の世界のベルトを巻いた選手だ。

 1R、浜崎がパンチを放って距離を詰めたところで、浅倉の左手の指が浜崎の右目をこする感じでサミングとなり試合が中断する。再開後、浜崎は距離を詰め組むと投げ気味にテイクダウン。左腕を極めにかかるが浅倉はタックルでしのぎスタンドへ。浅倉がタックルに行くところに浜崎が右ハイキックを放つ。浅倉もパンチからハイキックを繰り出すが、浜崎は強烈な右フック。打撃では浜崎がやや有利な展開か。浅倉はタックルを仕掛けると浜崎は投げで返すが、浅倉が上を取り、浜崎が立ち上がってもバックをキープ。しかし浜崎は逆にアームロックを狙う。

 2Rも打撃の攻防が続く。浅倉のローに浜崎が強烈なカウンターのジャブ、カウンターの右フックとヒットさせていく。浅倉もパンチの連打で前に出るが、浜崎はバックステップでかわし被弾は許さない。浅倉がなかなか得意なタックルに入れない間に浜崎は打撃で主導権を握っていく。浅倉がついにタックルに行くが浜崎は腰が重く、テイクダウンは許さない。浅倉はそのままコーナーに押し込むが、浜崎はそこで足払いでテイクダウンを奪い、サイドポジションをがっちりキープ。そこから素早く腕十字に移行。浅倉はクラッチしてなんとかこらえるが、浜崎は左足で浅倉の左腕を蹴り、クラッチを切ると一気に絞り上げる。浅倉は反転し脱出を図るが、浜崎はその方向に合わせなおも腕を絞り上げると浅倉はたまらず無念のタップ。浜崎が初代王者に輝いた。
初代王者に輝いた浜崎
「世界中からチャレンジしてくれればうれしい」

 浜崎は試合後の会見で試合について「浅倉選手はすぐタックルくるかと思っていたのですがずっと打撃の展開となり、それは思ったような展開ではなかった。私もどちらかというと寝技が得意なのであちらも打ち合ってきたのかと思う。でも今回はボクシングといった打撃をずっと練習してきて、試したいこともあったので試せてよかった」と振り返った。

 そして浅倉については「練習もあまりしたことなかったのですが、前よりは強くなっているなと思いました」と話した。

 フィニッシュの腕十字に関しては「狙えるところがあればしっかり一本とろうと思っていた。関節がすごい柔らかいのがわかっていたので、なかなかきまらないかなって思ったのですが、しっかりきめられてよかったです」と話した。

 この階級で王座を設けているのはRIZINだけとあって今後は世界中から強豪選手がこのベルトを狙ってくることが予想されるが、浜崎は「しっかりベルトとったからには防衛して行くのが一番の目標」としたうえで「Invictaでチャンピンになった時も、どんどん強いチャレンジャーきたので、世界中からチャレンジしてくれればうれしい」などと話した。
大粒の悔し涙を流した浅倉
「本当にベルトをとりたかったのですごい悔しい」

 浅倉は試合後の会見で「本当に浜崎さんが強くて、打撃も寝技もまだかなわなかったなって思いました。試合前から強いことはわかっていたけど、改めて、世界のレベルの強さを実感しました。打撃をやってみたけど打撃の部分でもやっぱり押されていたし寝技は気をつけなくてはいけないところだったんですけど、気をつけていてもやられちゃったので、レベルの差を少し感じたかと思います」などと語った。

 そして「本当にベルトをとりたかったのですごい悔しい」と涙を流したが「また、目標ができたので、今年も頑張りたい。ベルトを逃したので、浜崎さんにベルト守ってもらってリベンジしたい」などと話した。
「RIZIN.14」(12月31日15時開始、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)

◆第14試合「スペシャルエキシビション」66.7kg 3分3R
〇フロイド・メイウェザー・Jr(米国)(1R2分19秒、TKO)那須川天心(TARGET/Cygames)●

◆第13試合「RIZINバンタム級タイトルマッチ」RIZIN MMAルール:5分3R/61.0kg
〇堀口恭司(アメリカン・トップチーム)vsダリオン・コールドウェル(米国/ALLIANCE MMAA)●

◆第12試合「RIZIN女子スーパーアトム級タイトルマッチ」RIZIN 女子MMAルール(ヒジあり):5分3R/49.0kg
●浅倉カンナ(パラエストラ松戸)vs浜崎朱加(AACC)〇

◆第11試合 RIZIN MMAルール(ヒジあり):1R10分・2R5分/93.0kg 
〇イリー・プロハースカ(チェコ/Jetsaam Gym Brno)vsブランドン・ホールジー(米国/HB Ultimate)●

◆第10試合 RIZIN 女子MMAルール(ヒジあり):5分3R/102.5kg
〇ギャビ・ガルシア(ブラジル/Aliance jiu jitsu/Team Gabi Garcia)vsバーバラ・ネポムセーノ(ブラジル/Team Big G)●

◆第9試合 RIZIN MMAルール(ヒジあり):5分3R/70.0kg
●ダロン・クルックシャンク(米国/Michigan Top Team)vsダミアン・ブラウン(オーストラリア/INTEGRATED MMA)〇

◆第8試合 RIZIN 女子MMAルール:5分3R/51.0kg
●長野美香(CORE王子豊島)vs山本美憂(KRAZY BEE/SPIKE 22)〇

 〈休憩〉

◆第7試合「宮田和幸引退試合&山本“KID”徳郁メモリアルマッチ」RIZIN MMAルール(ヒジあり):5分3R/65.0kg
〇宮田和幸(BRAVE)vs山本アーセン(KRAZY BEE/SPIKE22)●

◆第6試合 RIZIN MMAルール:5分3R/70.0kg
●矢地祐介(KRAZY BEE)vsジョニー・ケース(米国/MMA LAB)〇

◆第5試合 RIZIN MMAルール(ヒジあり):5分3R/60.0kg
〇元谷友貴(フリー)vsジャスティン・スコッギンス(米国/REVOLUTION MIXED MARTIAL ARTS)●

◆第4試合 RIZIN MMAルール(ヒジあり):5分3R/59.0kg
〇佐々木憂流迦(Serra Longo Fight Team)vsマネル・ケイプ(アンゴラ/AKA Thailand)●

◆第3試合 RIZIN 女子MMAルール(ヒジあり):5分3R/57.0kg
●真珠・野沢オークレア(米国/フリー)vsヤスティナ・ハバ(ポーランド/Gracie Barra Rzeszow)〇

◆第2試合 RIZIN MMAルール:5分3R/70.0kg
●大尊伸光(総合格闘技津田沼道場)vsトフィック・ムサエフ(アゼルバイジャン/ORION FIGHT CLUB)〇

◆第1試合 RIZIN 女子MMAルール(ヒジあり):5分3R/49.0kg
RENA(シーザージム)(中止)サマンサ・ジャン・フランソワ(フランス/SAUSSET FIGHT TEAM)