木村ミノルが「日本vs世界・7対7」で和島大海と対戦【3・10 K-1~K’FESTA.2~】

木村(右)のガン見に和島はたじたじ
木村「みんなの心に残るような試合をしたい」

 K-1平成最後のビッグマッチとなる「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」(2019年3月10日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ メインアリーナ)の第二弾カード発表会見が1月8日、東京都内で開催された。

「日本vs世界・7対7」に木村“フィリップ”ミノルが世界選抜で出場。和島大海と対戦する。

 和島は通常スーパー・ウェルター級(70kg)、木村はウェルター級(67.5kg)で戦っているのだが、今回は-68kg契約での対戦となる。

 和島は昨年9月、ジョーダン・ピケオーの持つKrushスーパー・ウェルター級王座に挑戦し、日本人に無敗のピケオーを追い詰めるなど、この階級の日本人ホープと言える存在。

 木村は昨年はKrushウェルター級王座に就くなど充実した1年を過ごした。

 通常の会見では青コーナー側からコメントを出すのが恒例なのだが、木村は「まず彼から」と和島に先にコメントするように促す。入場時の2ショット撮影でも和島に鋭い視線を送る木村に対して和島は目を合わせることはしないなど、会見は木村のペースで進んだ。

 木村は「今年は凄い自信に満ちあふれていて、これまでかなえられなかった夢や目標を全部達成していく年になると思う。それに自分もワクワクしている。そんな中で第一発目、この相手になって何とも思わないけど、間違いなくいい試合して勝つだけ。みんなの心に残るような試合をしたい」などと話した。

 和島は「K’FESTAで木村選手の相手に選んでいただいて光栄。相手が人気のある選手で注目度が高いので勝ったらおいしい。木村選手は凄くパンチが速くて重そう。僕は階級を下げるけど、一発当たったらヤバいので気を付けないといけないという感じ。オーラがあって、さっき向かい合って写真を撮った時も目も合わせられないぐらい凄かった。でも僕も負けるつもりはない」などと話した。

 この「日本vs世界・7対7」ではKANAvsヨセフィン・ノットソン、芦澤竜誠vsホルヘ・バレラも発表され、計6試合が決まった。
対戦が決まった大沢(左)と篠原
ライト級スーパーファイトで大沢vs篠原

 スーパーファイトでは12月の大阪大会で行われた「ライト級世界最強決定トーナメント」を大きく沸かせた大沢文也と篠原悠人の対戦が実現する。

 篠原は1回戦で優勝候補の筆頭に挙げられていたゴンナパー・ウィラサクレックをわずか1R25秒でKO。勢いに乗って優勝するかと思われたが、準決勝では優勝した林健太に序盤こそ有利に試合を進めたものの逆転KO負けを喫した。

 一方の大沢は決勝で林相手にファーストダウンを奪ったものの、こちらも逆転のKO負け。一瞬手の中に収めたと思われた優勝を逃してしまった。

 この試合については篠原が「この試合に勝てばライト級のベルトにつながると思う」と話すように、今後のライト級戦線を占うカードとなるだけに、大きな注目を集めそう。

 この日は小宮山工介vs郷州征宜、金子晃大vs玖村修平のスーパーファイト2試合も合わせて発表された。

 小宮山vs郷州は昨年の「K’FESTA.1」で対戦予定も大雅の不出場で急きょ「スーパー・フェザー級王座決定トーナメント」が行われることとなったことから流れたカードで、1年ぶりの仕切り直しとなる。
 
 2人はかつてRISEのタイトル戦で対戦し、小宮山が判定で勝利している。
中村拓己K-1プロデューサー
新生K-1が両国進出

 またこの日は今年2回目となるK-1大会が6月30日に両国国技館で行われることが発表された。新生K-1になってからは初の両国大会となる。
この日、カードが発表された選手たち
〈この日発表されたカード〉
[日本vs世界・7対7/-68kg契約/3分3R・延長1R]
(日本/月心会チーム侍)和島大海 vs 木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/K-1ジム五反田チームキングス)

[日本vs世界・7対7/K-1女子-51kg契約/3分3R・延長1R]
(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)KANA vs ヨセフィン・ノットソン(スウェーデン/Allstars training center)

[日本vs世界・7対7/K-1フェザー級/3分3R・延長1R]
(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)芦澤竜誠 vs ホルヘ・バレラ(スペイン/Team Jesus Cabello) ※ジョージ・バレラから日本語表記が変更

[スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]
(日本/K-1ジム北斗会館)小宮山工介 vs 郷州征宜(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)

[スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R]
(日本/TANG TANG FIGHT CLUB)大沢文也 vs 篠原悠人(日本/DURGA)

[スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R]
(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)金子晃大 vs 玖村修平(日本/K-1ジム五反田チームキングス)

〈既報済み対戦カード〉
[K-1 WORLD GPフェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]
(王者/日本/湘南格闘クラブ)村越優汰 vs 卜部弘嵩(挑戦者/日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

[K-1 WORLD GPライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]
(王者/日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)卜部功也 vs 林健太(挑戦者/日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/FSG)

[K-1 WORLD GPウェルター級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]
(王者/日本/K-1ジム五反田チームキングス)久保優太 vs 城戸康裕(挑戦者/日本/谷山ジム)

[K-1 WORLD GPクルーザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]
(王者/イラン/WSRフェアテックス・イラン)シナ・カリミアン vs 加藤久輝(挑戦者/日本/ALIVE)

[日本vs世界・7対7/-59kg契約/3分3R・延長1R]
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)武尊 vs ヨーキッサダー・ユッタチョンブリー(タイ/ユッタチョンブリージム)

[日本vs世界・7対7/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R]
(日本/POWER OF DREAM)武居由樹 vs アレックス・リーバス(スペイン/Team Jesus Cabello)

[日本vs世界・7対7/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R]
(日本/K-1 GYM EBISU FREE HAWK)野杁正明 vs ジョーダン・ピケオー(オランダ/Mike's Gym)