「K’FESTA.2」のメーンは武尊vsヨーキッサダー【3・10 K-1】

メーンで対戦する武尊(左)とヨーキッサダー・ユッタチョンブリー
「K-1 AWARDS 2018」でMVP獲得。対世間に向けた大一番

「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」(3月10日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ)の試合順が2月22日、発表された。

 注目のメーンは「日本vs世界・7対7」の武尊vsヨーキッサダー・ユッタチョンブリーの一戦となった。武尊は「K-1 AWARDS 2018」で最優秀選手賞(MVP)を獲得。受賞後には「MVPはK-1を代表する選手、最高に輝いた選手がもらえる賞。3月10日の試合はK-1を代表してムエタイのチャンピオンと戦う」などとコメント。文字通り「K-1の顔」としてヨーキッサダーはもちろん、対世間に向けた大一番に臨むことになった。

 昨年は休憩を2回挟んでの3部構成で行われたのだが、今年もそのスタイルを踏襲。第1部と第2部はスーパーファイト4試合とタイトルマッチ2試合の6試合ずつ。第3部は「日本vs世界・7対7」の7試合で構成される。
先鋒戦を志願した武居由樹
武居は「7対7」の先鋒戦に志願の出場

 試合順について「7対7」に出場する武居由樹がSNS上で「先鋒戦をやりたい」とアピールしたことからその意見を尊重。中村拓己K-1プロデューサーは「当初、現役王者の武居選手は対抗戦の後半での登場を予定していましたが、K-1実行委員会として武居選手の希望を尊重し、今回は対抗戦の火付け役として対抗戦の第1試合に登場してもらうことになりました。そして最終試合はK-1スーパー・フェザー級王者の武尊選手と現役ムエタイ王者ヨーキッサダー・ユッタチョンブリーのK-1×ムエタイの王者対決です。“日本vs世界・7対7”はK-1王者の武居選手で始まり、K-1王者の武尊選手が締める形となりました」とコメントした。

 第1部のトリ(第6試合)を務めるのは卜部功也vs林健太のライト級タイトルマッチ、第2部のトリ(第12試合)は久保優太vs城戸康裕のウェルター級タイトルマッチとなる。

 今大会は本戦19試合の前にプレリミナリーファイト4試合が行われ、計23試合となる。
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」(3月10日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ)

◆プレリミナリーファイト第1試合/-53kg契約/3分3R
(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)璃明武 VS 吏羅(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

◆プレリミナリーファイト第2試合/K-1スーパー・バンタム級/3分3R
(日本/エスジム)森坂陸 VS 黒田勇斗(日本/隆拳塾)

◆プレリミナリーファイト第3試合/K-1スーパー・フェザー級/3分3R
(日本/TEAM K)友尊 VS 川口拓真(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)

◆プレリミナリーファイト第4試合/K-1スーパー・ライト級/3分3R
(日本/ポゴナ・クラブジム)FUMIYA VS 中野滉太(日本/POWER OF DREAM)

〈開会式〉

◆第1試合/スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R
(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)小澤海斗 VS 覇家斗(日本/K-1ジム・ウルフ TEAM ASTER)

◆第2試合/スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
(日本/大成会館)近藤魁成 VS 瑠久(日本/K-1 GYM横浜infinity)

◆第3試合/スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)ゴンナパー・ウィラサクレック VS リュウ・ウェイ(中国/深圳争途格闘クラブ/CFP)

◆第4試合/スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
(日本/TANG TANG FIGHT CLUB)大沢文也 VS 篠原悠人(日本/DURGA)

◆第5試合/K-1 WORLD GPクルーザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
(王者/イラン/WSRフェアテックス・イラン)シナ・カリミアン VS 加藤久輝(挑戦者/日本/ALIVE)

◆第6試合/K-1 WORLD GPライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
(王者/日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)卜部功也 VS 林健太(挑戦者/日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/FSG)

〈休憩〉

◆第7試合/スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)金子晃大 VS 玖村修平(日本/K-1ジム五反田チームキングス)

◆第8試合/スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
(日本/K-1ジム北斗会館)小宮山工介 VS 郷州征宜(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)

◆第9試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)左右田泰臣 VS 松花征也(日本/リバーサルジム横浜グランドスラム)

◆第10試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)佐々木大蔵 VS 安保瑠輝也(日本/team ALL-WIN)

◆第11試合/K-1 WORLD GPフェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
(王者/日本/湘南格闘クラブ)村越優汰 VS 卜部弘嵩(挑戦者/日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

◆第12試合/【DIVINER Presents】 K-1 WORLD GPウェルター級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
(王者/日本/K-1ジム五反田チームキングス)久保優太 VS 城戸康裕(挑戦者/日本/谷山ジム)

〈休憩〉

◆第13試合/日本vs世界・7対7/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
(日本/POWER OF DREAM)武居由樹 VS アレックス・リーバス(スペイン/Team Jesus Cabello)

◆第14試合/日本vs世界・7対7/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)野杁正明 VS ジョーダン・ピケオー(オランダ/Mike's Gym)

◆第15試合/【株式会社 武州鳶 Presents】日本vs世界・7対7/K-1フェザー級/3分3R・延長1R
(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)芦澤竜誠 VS ホルヘ・バレラ(スペイン/Team Jesus Cabello)

◆第16試合/日本vs世界・7対7/K-1女子-51kg契約/3分3R・延長1R
(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)KANA VS ヨセフィン・ノットソン(スウェーデン/Allstars training center)

◆第17試合/日本vs世界・7対7/-68kg契約/3分3R・延長1R
(日本/月心会チーム侍)和島大海 VS 木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/K-1ジム五反田チームキングス)

◆第18試合/日本vs世界・7対7/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
(日本/TEAM ONE)皇治 VS ヤン・サイコ(ドイツ/Kickboxtempel)

◆第19試合/日本vs世界・7対7/-59kg契約/3分3R・延長1R
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)武尊 VS ヨーキッサダー・ユッタチョンブリー(タイ/ユッタチョンブリージム)

〈閉会式〉