武居がこぼれるK-1愛「RISEとかONEには絶対に負けたくない」【3・10 K-1】

「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」(3月10日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ)で行われた日本のK-1ファイターと海外の強豪選手による対抗戦「日本vs世界・7対7」は日本の3勝4敗に終わった。
武居の左ミドルがぐさり(撮影・蔦野裕)
「日本vs世界・7対7」は武居の1RKOでスタート

 第1戦はK-1スーパー・バンタム級王者の武居由樹がスペインのサンドロ・マーティンと対戦。

 武居は距離が詰まると組み付いてしまうマーティンに手間取ったものの、1R終盤に右フックでぐらつかせると左ハイ、左フック、右フックと畳み掛け、最初のダウンを奪う。武居は立ち上がったマーティンをロープに詰めるとパンチの連打。マーティンの動きが止まったところでレフェリーが試合を止め1R2分54秒、KOで武居が勝利を収めた。

 武居は試合後のリングで「最近格闘技界が盛り上がっていますが、K-1が世界一。K-1はどこにも負けません!」とアピールした。試合後の会見では「自分が先鋒戦で、1RでKOで勝ててよかった。相手選手は準備期間がなかったと思うけど。それでも強かった。今後はどんどん強い選手とやって、武居とベルトの価値をあげていきたい」などと試合を振り返り、今後の展望を語った。

 またリング上での「どこにも負けない」というコメントについては「他団体、RISEとかONEとかには絶対に負けたくない」と話した。
ピケオー(右)のパンチが炸裂(撮影・蔦野裕)
野杁のピケオー狩りは失敗

 第2戦は野杁正明とジョーダン・ピケオーが対戦。

 1R、ピケオーはガードを固める野杁に左のボディーブロー、ガードの隙間からヒザを顔面に見舞っていく。手数ではピケオーが圧倒も、野杁はガードを固めた状態から右ローをコツコツと放っていく。2Rに入ると野杁が反撃。ヒザをボディーに打ち込んでからの左ハイがクリーンヒット。ピケオーをぐらつかせる。パンチを放ち反撃するピケオーだったが、明らかに威力が落ちており、野杁にとっては大きなチャンスだったのだが、ここで攻めきれず、ピケオーが復活。逆にロープに野杁を詰めると左右のフックにアッパー、ヒザの連打で形勢逆転。ともにダメージが大きく消耗戦となったが、ピケオーは最後まで手数で圧倒。3R残り1分を切ったところでピケオーがパンチでラッシュ。野杁は動きが止まり、最後こそパンチで反撃したものの大きなダメージを与えることはできなかった。

 判定は1人がドローだったものの、2人がピケオーを支持した。

 試合後、ピケオーは久保とのタイトル戦をアピールした。

 第3戦は芦澤竜誠とホルヘ・バレラが対戦。2人は昨年行われた「第2代フェザー級王座決定トーナメント」でともに1回戦を突破。昨年はそれをきっかけに大きな飛躍を遂げた。

 試合はバレラが左フックで最初のダウンを奪うと、ロープに詰めて右ストレートからの左フックで2度目のダウンを奪う。立ち上がった芦澤は軽いステップを踏み、ダメージを感じさせなかったが、最後は右ストレートでぐらつかされた後に追撃の左フックを食らい3度目のダウンを喫し、KO負けとなってしまった。
木村は勝ってピケオー戦をアピール(撮影・蔦野裕)
木村が和島を1RKO

 第4戦は今大会唯一の女子の試合。KANAがヨセフィン・ノットソンと対戦した。2人は昨年11月に対戦し、その時はKANAが判定で勝利を収めたものの、ノットソンは一度喫したダウンについて、コスチュームのずれを直すときにダウンと判断されたと主張。試合後すぐに再戦をアピールしていた。

 試合は1Rからノットソンがアグレッシブに攻め立てる。スピードの速いパンチに回転系を交えたキックの連打、ヒザと多彩な攻めを見せる。このスピードと手数は最後まで衰えず、KANAに付け入るスキを与えない。

 試合は判定となったが、1人がドローだったものの、2人がノットソンを支持。ノットソンが昨年11月の雪辱を果たした。

 ノットソンは試合後の会見で「感情の入った試合だった。前回ああいう終わり方だったのでとても気持ちの入った試合だった。今回勝てて良かった。KANAはとてもいい選手だと思うし、人間として素晴らしい。今回のリベンジのオファー受けてくれて感謝しています」などと試合を振り返った。

 一方、KANAは「ノットソン選手が自分より強かった。しっかりこの試合に向けて準備してきたんだなっていうのが伝わりました。K-1の女子を引っ張っていける人は自分しかいないので、しっかりスタートできるように、ちゃんと考えます」などと話した。

 第5試合は和島大海と木村“フィリップ”ミノルが対戦。

 Krushでは和島がスーパー・ウェルター級、木村はウェルター級と木村のほうが1つ下の階級で戦っているのだが、木村は序盤からパワーの差を感じさせない動きを見せる。最後は右フックでぐらつかせるとパンチの連打でダウンを奪う。和島は立つことができず1R2分21秒、木村がKOで勝利を収めた。

 和島は昨年9月、敗れはしたもののピケオーと僅差の勝負を繰り広げており、木村はその和島に圧勝したことで、リング上で昨年11月に敗れたピケオーとの再戦をアピール。また試合後の会見では今後について「K-1のベルトを狙う。どういう形になるか分からないけど。ウエルター級で。久保選手がいるけど、どうにかこうにかチャンスが巡ってくれば。トーナメントでもいいなと思っています」などと話した。
皇治の右ハイキック(撮影・蔦野裕)
皇治は「絶対に格闘技界を変える」と改めて宣言

 第6戦では皇治とヤン・サイコが対戦。

 1Rは皇治がプレッシャーをかけロープに詰めてはワンツーで攻め込むが、サイコはその打ち終わりに左フックをクリーンヒットするなど互角の打ち合いを展開。2Rも皇治がプレッシャーをかけ続け、ロープに詰めてはワンツーにローキック。手数でも勝り、ジャッジに好印象を与える。3Rも皇治の勢いは止まらず、3-0の判定で皇治が勝利を収めた。

 皇治は試合後のマイクで「格闘技界を変えるために頑張っている。絶対に格闘技界を変える」と改めて宣言。そしてメーンで戦う武尊に「俺にやられる前に負けるなよ」とエールを送りつつ、「武尊が負けるかもしれないから」と武尊のお株の「K-1最高」を先取りした。
武尊は2度のダウンを奪い完勝(撮影・蔦野裕)
武尊が現役ラジャ王者に2RKO勝ち

 メーンで行われた第7試合では武尊とヨーキッサダー・ユッタチョンブリーが対戦した。

 ヨーキッサダーはムエタイの二大殿堂、ラジャダンナムスタジアムの現役フェザー級王者とあって、K-1vsムエタイの頂上対決の構図となった。

 1R、武尊は左のインローで牽制してから上にパンチの連打。しかし攻撃の軸は左のインロー。2Rに入っても武尊は左のインローを蹴り続ける。ヨーキッサダーも強烈な右のミドルを放ち始めるが、武尊はヨーキッサダーが前に出たところでカウンターの右フックを打ち抜きダウンを奪う。強烈な一撃にヨーキッサダーは立ち上がったもののダメージは大きい。武尊はこの勝負所を逃さず、ヨーキッサダーを追いかけて、右左のフックに最後はとどめの右フックで2度目のダウンを奪い、現役のラジャダムナン王者にKO勝ちを収めた。
ノットソン(右)がKANAに雪辱果たす(撮影・蔦野裕)
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」(3月10日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ)

◆プレリミナリーファイト第1試合/-53kg契約/3分3R
〇(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)璃明武(判定2-0=29-28、29-29、30-29)吏羅(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)●

◆プレリミナリーファイト第2試合/K-1スーパー・バンタム級/3分3R
〇(日本/エスジム)森坂陸(判定3-0=29-28、29-28、30-28)黒田勇斗(日本/隆拳塾)●

◆プレリミナリーファイト第3試合/K-1スーパー・フェザー級/3分3R
〇(日本/TEAM K)友尊(3R0分0秒、KO)川口拓真(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)●

◆プレリミナリーファイト第4試合/K-1スーパー・ライト級/3分3R
●(日本/ポゴナ・クラブジム)FUMIYA(3R1分47秒、KO)中野滉太(日本/POWER OF DREAM)


◆第1試合/スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R
〇(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)小澤海斗(延長判定3-0=10-8、10-8、10-8 ※本戦0-0=29-29、29-29、30-30)覇家斗(日本/K-1ジム・ウルフ TEAM ASTER)●

◆第2試合/スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
〇(日本/大成会館)近藤魁成(2R2分23秒、KO)瑠久(日本/K-1 GYM横浜infinity)●

◆第3試合/スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
〇(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)ゴンナパー・ウィラサクレック(判定3-0=30-29、30-29、30-29)リュウ・ウェイ(中国/深?争途格闘クラブ/CFP)●

◆第4試合/スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
●(日本/TANG TANG FIGHT CLUB)大沢文也(延長判定0-3=9-10、9-10、9-10 ※本戦判定0-0=29-29、30-30、29-29)篠原悠人(日本/DURGA)〇

◆第5試合/K-1 WORLD GPクルーザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
〇(王者/イラン/WSRフェアテックス・イラン)シナ・カリミアン(判定3-0=30-29、29-28、30-28)加藤久輝(挑戦者/日本/ALIVE)●

◆第6試合/K-1 WORLD GPライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
●(王者/日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)卜部功也(延長判定0-3=9-10、9-10、9-10 ※本戦判定0-0=29-29、29-29、29-29)林健太(挑戦者/日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/FSG)〇

◆第7試合/スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
〇(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)金子晃大(延長判定3-0=10-9、10-9、10-9 ※本戦判定=)玖村修平(日本/K-1ジム五反田チームキングス)●

◆第8試合/スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
(日本/K-1ジム北斗会館)小宮山工介 VS 郷州征宜(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)

◆第9試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
〇(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)左右田泰臣(判定3-0=30-29、30-29、30-29)松花征也(日本/リバーサルジム横浜グランドスラム)●

◆第10試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
●(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)佐々木大蔵(判定0-3=28-29、27-30、27-30)安保瑠輝也(日本/team ALL-WIN)〇

◆第11試合/K-1 WORLD GPフェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
〇(王者/日本/湘南格闘クラブ)村越優汰(判定3-0=30-28、30-28,30-28)卜部弘嵩(挑戦者/日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)●

◆第12試合/【DIVINER Presents】 K-1 WORLD GPウェルター級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
(王者/日本/K-1ジム五反田チームキングス)久保優太(延長判定2-1=10-9、9-10、10-9 ※本戦判定1-0=30-29、30-30、30-30)城戸康裕(挑戦者/日本/谷山ジム)

◆第13試合/日本vs世界・7対7/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
〇(日本/POWER OF DREAM)武居由樹(1R2分54秒、KO)サンドロ・マーティン(スペイン/THAIDRAGON C A DIZ)●

◆第14試合/日本vs世界・7対7/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
●(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)野杁正明(判定1-2=29-29、29-30、29-30)ジョーダン・ピケオー(オランダ/Mike's Gym)〇

◆第15試合/【株式会社 武州鳶 Presents】日本vs世界・7対7/K-1フェザー級/3分3R・延長1R
●(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)芦澤竜誠(1R2分41秒、KO)ホルヘ・バレラ(スペイン/Team Jesus Cabello) 〇

◆第16試合/日本vs世界・7対7/K-1女子-51kg契約/3分3R・延長1R
●(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)KANA(判定0-2=28-30、29-29、29-30)ヨセフィン・ノットソン(スウェーデン/Allstars training center)〇

◆第17試合/日本vs世界・7対7/-68kg契約/3分3R・延長1R
●(日本/月心会チーム侍)和島大海(1R2分21秒、KO)木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/K-1ジム五反田チームキングス)〇

◆第18試合/日本vs世界・7対7/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
〇(日本/TEAM ONE)皇治(判定3-0=30-29、30-28、30-28)ヤン・サイコ(ドイツ/Kickboxtempel)●

◆第19試合/日本vs世界・7対7/-59kg契約/3分3R・延長1R
〇(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)武尊(2R2分43秒、KO)ヨーキッサダー・ユッタチョンブリー(タイ/ユッタチョンブリージム)●