オダギリジョー監督「劇場で観ないとこのよさは伝わらない」長編初監督作『ある船頭の話』に自信



 俳優のオダギリジョーが9日、公益社団法人日本外国特派員協会で行われた自身の長編初監督作品となる映画『ある船頭の話』の記者会見に出席した。

 同作は先日開催された第76回ヴェネチア国際映画祭の「ヴェニス・デイズ」(コンペティション)部門に正式出品され、オダギリも監督として参加したばかり。その感想を「自分が想像している以上にあたたかい拍手をいただいて、本当にしあわせでしたし、あまりに皆さんの反応がよすぎて『いやいや、そんなに拍手をいただくような映画じゃないんですよ』みたいな居心地の悪さも感じた」と独特の言い回しでよろこびを表現。「次の日に街を歩いていた時も『昨日、映画を観たよ』、『すごくよかったよ』と声をかけていただき、反応が直に感じられて自信になりました」と手応えを語った。
左から通訳、オダギリジョー監督、司会のキャレン・セバーンズ
1 2 3 4>>>
FLOW初の単独幕張公演は“アニメ縛り”
GENERATIONSが片寄涼太主演作イベントに登場!生歌に投げキッス“激レア”サービスで応援
志尊淳と山本舞香が「ベスト スタイリング アワード」受賞
片寄涼太の素顔は「ツッコミがすごい関西人」、橋本環奈は「おっさん」!?
片寄涼太が“リアル・シンデレラ”橋本環奈の手を取って…映画イベントでファン絶叫
銀シャリ「M-1王者の名にかけて」プロ活動弁士に真っ向勝負