変わりゆく音楽業界、次への一手は  浅川真次(アーティマージュ社長)

ラジオで日本を元気にする『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』
「日本を元気に」を合言葉に毎週土曜日午後9時30分からTOKYO FMで放送中。
ナビゲーター:一木広治/Chigusa
第374回5.30 OA 浅川真次(アーティマージュ社長)
 人気音楽グループm-floの育ての親でもあるアーティマージュ代表の浅川真次さん。自身もハウスユニット「GTS」としてアーティスト活動をしながらクラブシーンをけん引し、マネジメント業を切り開いてきた一人です。コロナウイルスの感染拡大で、音楽業界も深刻な影響を受ける中、LIVE再開に向けた支援策を政府に求めるなど、業界全体の救済に向けた取り組みも。現在は、サブスクリプションの誕生で、音楽再生回数や新しいアーティストに触れる機会自体は増えていると浅川さん。今後は「どこにいてもLIVEを楽しめる環境整備が進められるのでは」と、時代の流れを分析しました。
「JAPAN MOVE UP!」では、コロナウイルスとどう向き合い、乗り越えていくかを考える「BEYONDコロナ」プロジェクトを推進中!
毎回ゲストの皆さんに「BEYONDコロナ/アクション宣言」を聞いていきます。

ポッドキャストも配信中!! 未公開音声もノーカットでお届けします!!  http://www.jfn.co.jp/moveup/
SDGsと未来を議論【JAPAN MOVE UP】
BEYOND 2020 NEXT FORUM 総合セッションの模様をお届け【JAPAN MOVE UP】
浜松コラボの新メニューとは?【JAPAN MOVE UP】
スモールワールズTOKYOで佐藤寛太も興奮!【JAPAN MOVE UP】
堀潤氏の見つめる震災10年
文系理系の枠超えた人材育成 朝日透氏(早稲田大学教授)