「新生K–1に電撃参戦」才賀紀左衛門 (K–1ファイター)

ラジオで日本を元気にする『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』

「日本を元気に」を合言葉に毎週土曜日午後9時30分からTOKYO FMで放送中。
「JAPAN MOVE UP!」では、コロナウイルスとどう向き合い、乗り越えていくかを考える「BEYONDコロナ」プロジェクトを推進中!
毎回ゲストの皆さんに「BEYONDコロナ/アクション宣言」を聞いていきます。
(ナビゲーター:一木広治/Chigusa)
第389回 9.12 OAより
 K–1ファイターの才賀紀左衛門さんは大阪府出身の31歳。幼い頃から空手を続け、2007年にK–1甲子園に出場。プロデビューして以降、数々の団体に上がり、2014年には総合格闘技にも参戦しました。「いろいろ見た結果、やっぱりK−1のステージで活躍したい」と今回新生K–1に電撃参戦。魅力は「良い選手がたくさんいるところ。試合までのストーリーにもぜひ注目していただきたい」と語る紀左衛門さん。9月22日には、エディオンアリーナ大阪で開催の「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN」で旧友・武尊選手とのエキシビションマッチが決定。「楽しんで思いっきり戦いたいです」と意気込みを語りました。
ポッドキャストも配信中!! 未公開音声もノーカットでお届けします!! 
http://www.jfn.co.jp/moveup/
https://park.gsj.mobi/program/show/23692
城海南 ディズニー歌姫が得たファンとの交流
MIYAVIの挑戦は、2021年もコロナを越える!
EXILE ÜSA オンラインサロン始動!
DAIGO「400回記念でウィッシュ!」
コロナ禍の「批判社会」なぜ? テリー伊藤
「まつばらマルシェ」初のオンライン開催 Dream Aya、澤井宏文松原市長