【おすすめ書店イベント】落語家・立川談慶と脳科学者の茂木健一郎が“withコロナ時代”を語り合う


『安政五年、江戸パンデミック。〜江戸っ子流コロナ撃退法〜』(エムオン・エンタテインメント)発売を記念し、落語家・立川談慶と脳科学者の茂木健一郎のトークイベントが決定した。安政5年、医学が未発達だった江戸を襲い、一説によると30万人の死者を出したと言われるコレラ。同書では落語家である著者が、江戸っ子たちから現代のコロナ禍に対処する思考法を読み解く。江戸のパンデミックに学び、コロナ禍をどう過ごし、これからをどう生きるのかそれぞれのフィールドから語り合う。
落語家・立川談慶×脳科学者・茂木健一郎トークイベント「江戸っ子にみる“withコロナ時代”の前向き思考法」
【日程】2020年9月16日(水)
【時間】20〜21時30分
【料金】1320円(税込)
【会場】WEB会議ツール「Zoom」を使用して実施
【主催】青山ブックセンター
【URL】http://www.aoyamabc.jp/event/edo/
ミュージシャンで小説家 WEAVER河邉徹が語る「この時代に僕が物語を届ける意味」
WEAVER河邉徹 長編SF『アルヒのシンギュラリティ』は「心の問題描きたかった」
社会性は人間顔負け!『ゴリラのすべて』【TOKYO HEADLINEの本棚】
世界が分断する今だからこそ読みたい「食」の本『ハイパーハードボイルドグルメリポート』
斎藤工と『カメ止め』上田監督のスペシャルコンテンツも!本屋博がオンラインイベント
ドーナッツ【沢村貞子の献立 料理・飯島奈美】