コロナ禍の「批判社会」なぜ? テリー伊藤

ラジオで日本を元気にする
『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』

「日本を元気に」を合言葉に毎週土曜日午後9時30分からTOKYO FMで放送中。
「JAPAN MOVE UP!」では、コロナウイルスとどう向き合い、乗り越えていくかを考える「BEYONDコロナ」プロジェクトを推進中!
毎回ゲストの皆さんに「BEYONDコロナ/アクション宣言」を聞いていきます。
第399回 11.28 OAより
 初登場のテリー伊藤さん。鋭い視点でコロナ禍の今を見つめました。審査員を務めた「全国高等学校ダンス部選手権」では、若者たちの姿を振り返り「大変な時にこそ新しい文化は生まれる。今はチャンス」とテリーさん。将来のダンス界に期待を寄せました。一方で、気になるのは「批判の多い社会」。「日本人全体が人を批判する専門家になっている」として、その真意を分析。「みんな人に楽しい話をすることができないのでは。年上の人が若い人に説教はできるけれど、面白い話を教えることができない。それぞれが明るい気持ちになれるものを持っていると良いですよね」と提言しました。
ポッドキャストも配信中!! 未公開音声もノーカットでお届けします!!  http://www.jfn.co.jp/moveup/
「BUZZり」の秘訣は? 浦川翔平 (THE RANPAGE from EXILE TRIBE)
自然とテクノロジーに触れる 黒谷友香 (女優)
注目の新星ファイターが初登場 MIO (K-1ファイター)
コロナ時代のコミュニケーション・阿部広太郎 (コピーライター)
小澤雄太、八木将康の新たな挑戦 
松本利夫が苦手だった舞台に惹かれるわけ