コロナ禍の「批判社会」なぜ? テリー伊藤

ラジオで日本を元気にする
『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』

「日本を元気に」を合言葉に毎週土曜日午後9時30分からTOKYO FMで放送中。
「JAPAN MOVE UP!」では、コロナウイルスとどう向き合い、乗り越えていくかを考える「BEYONDコロナ」プロジェクトを推進中!
毎回ゲストの皆さんに「BEYONDコロナ/アクション宣言」を聞いていきます。
第399回 11.28 OAより
 初登場のテリー伊藤さん。鋭い視点でコロナ禍の今を見つめました。審査員を務めた「全国高等学校ダンス部選手権」では、若者たちの姿を振り返り「大変な時にこそ新しい文化は生まれる。今はチャンス」とテリーさん。将来のダンス界に期待を寄せました。一方で、気になるのは「批判の多い社会」。「日本人全体が人を批判する専門家になっている」として、その真意を分析。「みんな人に楽しい話をすることができないのでは。年上の人が若い人に説教はできるけれど、面白い話を教えることができない。それぞれが明るい気持ちになれるものを持っていると良いですよね」と提言しました。
ポッドキャストも配信中!! 未公開音声もノーカットでお届けします!!  http://www.jfn.co.jp/moveup/
BEYOND 2020 NEXT FORUM 総合セッションの模様をお届け【JAPAN MOVE UP】
浜松コラボの新メニューとは?【JAPAN MOVE UP】
スモールワールズTOKYOで佐藤寛太も興奮!【JAPAN MOVE UP】
堀潤氏の見つめる震災10年
文系理系の枠超えた人材育成 朝日透氏(早稲田大学教授)
コロナ禍で奮闘の都議会議員 荒木ちはる (都民ファーストの会)