東播磨の2市2町とサントリーが「ボトルtoボトルリサイクル事業」に関する協定を締結


 会見で、加古川市長は「住民の皆様にご理解いただけるよう、最前線に立って今回の取組を伝えていく。また水平リサイクルが他の自治体に広がるための良い成功事例となれるように臨んでいく」」と語り、住民・行政・事業者が三位一体で取り組む「最先端の環境都市・東播磨」の実現を目指していくとした。

 また、サントリーも同社の「プラスチック基本方針」を改めて強調し、2030年までに新規・化石由来素材の使用ゼロを目指すとしている。

 今回のような活動が全国に広がり、ペットボトルからペットボトルへの水平リサイクルがどこでも当たり前になれば、新しい資源を極力使用せずに半永続的にペットボトルに生まれ変わることになる。今後、ペットボトルのラベルをはがして、水洗いするという、ある種、習慣化していた何気ない行動にも目を向けて丁寧な分別をして、資源を守るために自分たちのできるコトから始めることがますます大事になってくるといえそうだ。
<<< 1 2
生活者の分別意識の高まりを企業は商品の進化でサポート
世代を超えてSDGsを考える【SDGsピースコミュニケーションproject】
豊島区が新たなSDGsプロジェクト アート傘のシェアリングで「誰もが主役になれる」まちへ
年間600万トンの「フードロス問題」を解決する夏メニュー【SDGs News】
レジ袋有料化から1年。次なる注目は、リユース容器【SDGs News】
福島の小学生が、綾瀬はるかと一緒に「服のチカラ」学ぶ【SDGs News】