コロナ禍で奮闘の都議会議員 荒木ちはる (都民ファーストの会)

ラジオで日本を元気にする『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』


「日本を元気に」を合言葉に毎週土曜日午後9時30分からTOKYO FMで放送中。「JAPAN MOVE UP!」では、コロナウイルスとどう向き合い、乗り越えていくかを考える「BEYONDコロナ」プロジェクトを推進中!

毎回ゲストの皆さんに「BEYONDコロナ/アクション宣言」を聞いていきます。



第410回 2.13 OAより

 都民ファーストの会代表の荒木ちはるさん。小池百合子さんの秘書を務めた後、現在は東京都議会議員として中野区で活動中です。コロナ禍では飲食店支援に力を注ぎ、都で今年4月に新設されるデジタル施策の司令塔「デジタルサービス局」では、実店舗からデリバリーやテイクアウトなどへ業態転換を図りたい飲食店に対し、デジタルを活用した支援策を打ち出すとしています。中野区では、商店街を活性化させるプレミアム商品券を販売したほか、子供向け動画配信などに注力。動画では丁寧な解説で子供たちの不安を和らげたいといいます。子供からお年寄りまで、区民の声に耳を傾ける荒木さんです。



ポッドキャストも配信中!! 未公開音声もノーカットでお届けします!! 
http://www.jfn.co.jp/moveup/
【ラジオJMU】https://park.gsj.mobi/program/show/23692
永井美奈子「言葉に込める、おもてなし」【JAPAN MOVE UP】
吉田輝幸「フィジカルトレーナーが見た五輪」【JAPAN MOVE UP】
水内猛「サッカー男子は最終予選へ」【JAPAN MOVE UP】
「将来を見据えスポーツと学業の両立を」杉山記一 (テニスプレイヤー)
栗原恵(元バレーボール日本代表)「五輪経験を振り返る」
五十嵐雅「役者は職業でなく、生き方」