SearchSearch

お墓デザインコンテスト大賞は「思い出を刻み込んだ2冊の石の本」

2020.09.14 Vol.Web Original

全優石が開催「第26回全優石想いを込めたお墓デザインコンテスト」

「一般社団法人 全国優良石材店の会」(全優石)が実施した「第26回全優石想いを込めたお墓デザインコンテスト」の結果が9月14日、発表された。  大賞を受賞したのは静岡県藤枝市の益田さんご夫妻のお墓「積み重ねてきた家族のメモリーを、2冊の石の本の中に刻み込んで、表紙には英語で『我が人生に悔いは無し』の充実人生」が選ばれた。これは互い違いに重なった2冊の分厚い本の形をしたもので、表紙にはバラの花1輪と英文で「我が人生に悔いは無し」、そして背表紙には夫婦2人の名前が彫られている。 「夫婦、子供たち家族と過ごしてきた数多くの思い出を一冊の本に詰め込んでみたら…」という妻の発案でこの形に。いつの日かどちらかが先に逝った時に残された者がここに来て、石の扉(本の表紙)を開いて思い出を語りかけるという。  特別賞は京都府京都市の泉さんの「旅行で訪れた思い出深いギリシャのパルテノン神殿をモチーフにしたお墓」、大阪府枚方市の鏡畑さんの「妻との思い出のゴルフボール型のお墓、上台にはドライバーパター、ピンフラッグまで彫刻」、山梨県北杜市の久保田さんの「夫婦2人のつもりが、娘3人もわれもわれものうれしい三密状態、ピンクの愛らしいハート型お墓」の3つが選ばれた。  この「想いを込めたお墓デザインコンテスト」は全優石が新しいデザインのお墓、個性的なお墓、オリジナルなお墓など想いを込めたお墓の写真を全国規模で公募しているもの。

Copyrighted Image