GENERATIONS 関口メンディーの「メンディーのコラムンディー」第16回 隼のコーヒー

2020.10.15 Vol.Web Original

コーヒーなんて子供の頃は飲めなかったのに、いつの間にかコーヒー無しでは控えめに言って生きられない体になってしまいました。 「いや、これは流石に盛りすぎ」と思う方々もいるかも知れませんが、本当なんです。 無くてもいいものなのかも知れませんが、ある事で生活がちょっと豊かになる。 そのちょっとの重要性がとても大事なのだなと隼のコーヒーから学ぶ今日この頃です。 最近ではCLの配信で、メンディーキッチンと題して出来る日は毎日のように自炊をしていて、コロナ禍の前までは、外食やUberEatsが中心だった僕からすると、生活は一変しました。 普通に家の近くのスーパーにいって、普通の食材を使って、CL配信をリアルタイムで観てくださっている方々(マイメン)の皆さんと共に作る料理を食べる。 "メンディーキッチン"というものが、生活の中での"ハリ"になって、楽しい時間を過ごせているのも、そもそも贅沢だと思うのですが、その中でも譲れない一つの贅沢は、コーヒーです。 コーヒーだけはどうしても良いコーヒーが飲みたい。 コーヒーだけは未だに定期的に少し高いものを買って飲んでいます。 撮影現場などでもコーヒーがあるだけでとても有難いのですが、やっぱりTETSUYAさんや隼が淹れてくれたコーヒー、真心の入ったコーヒーがあると気分やテンションがまるで違います。 美味しいコーヒーがあると心に余裕ができる感じがあって。 仕事などが立て込んできて、時間に支配されそうになった時も、ふと落ち着いてコーヒーを飲むだけで、時間に支配される側からする側にまわれる気がします。この"気がする"がとても重要な気がします。 時間に追われている時こそ、落ち着いて、自分の時間を作る。 皆さんにも経験があると思うのですが、忙しいと次から次へとやる事に追われて、完全に時間に支配されてしまうことがあると思います。 そういう時こそ"自分の時間"コーヒータイムでもなんでも良いと思うのです。時間に抗う"時間"を作ってみてください。 なんでもない時間にも"ハリ"が出て、生活がより楽しくなると思います。 やっぱり好きな事や趣味って大事ですね。

コーヒーバイヤー・丸山健太郎「世界コーヒーの日」に『リモート産地訪問』を公開

2020.10.01 Vol.733
 1991年に軽井沢で創業したスペシャルティコーヒー専門店「丸山珈琲」。バイヤーを務める代表取締役社長の丸山健太郎は、長年にわたり自ら産地へ足を運んで世界中の生産者から直接良質なコーヒー豆を買い付け、その姿はNHK「世界はほしいモノにあふれてる」にも取り上げられた。20年来の生産者との絆は「丸山珈琲」を語るうえで欠かせない。  年間150日以上各国を訪問する丸山にとって、例年ならば秋は南米にコーヒー豆を買い付けに訪れる季節。しかし、このコロナ禍で今年はリモートで買い付けが行われ、コーヒーファンからも生産地の状況を心配する問い合わせが届いているという。  そうした産地への関心の高まりを受けて「丸山珈琲」では収穫の時期を迎えた南米のコーヒー生産者の現在の状況を、インタビュー形式の動画でまとめた『マルケンのリモート産地訪問』シリーズをYouTubeで展開する。コロナで分断されたコーヒー生産者と消費者をつなぐ試みとして、産地の美しい風景や各生産者の営み、パーソナリティーに触れることでコーヒーにより興味を持てるコンテンツだ。

EXILE TETSUYAが聖地でアメージング! 2019年のコーヒートリップの動画を公開

2020.04.17 Vol.Web Original
 YouTubeの「LDH JAPANチャンネル」で、EXILE TETSUYAのコーヒートリップの模様が公開されている。  

【インタビュー】 EXILE TETSUYAに聞く、ダンスとコーヒーと、『LDH PERFECT YEAR 2020』と。

2020.02.08 Vol.Web Original
 EXILE TETSUYAが手掛ける新しいコーヒードリンクがまた世の中に飛び出した。ローソンのMACHI caféと自身がプロデュースするコーヒーショップ「AMAZING COFFEE」の最新コラボ「アメージング チョコモ~モ~ THE SECOND」が4日に発売。ちょっとかわいい名前のドリンクは、少し甘くて体のなかから温まる、子どもも大人も、コーヒーが苦手な人さえも喜びそうなドリンクだ。「コーヒーとEXILEで踊ることは同じ」だという本人に聞く。

EXILE TETSUYA「義理チョコに使って!」ローソンとのコラボコーヒー発売

2020.02.04 Vol.Web Original
 EXILEのTETSUYAが4日、都内で行われた「AMAZING COFFEE(アメージングコーヒー)」×「マチカフェ」コラボの新商品「アメージング チョコモ〜モ〜 THE SECOND」の新商品発表会に登場した。

玉木宏が「動画配信にチャレンジ」とはいってもYouTuberではなく…

2020.01.16 Vol.Web Original

不惑を迎え「地に足をつけて歩んでいかないといけない」

 1月14日に40歳の誕生日を迎えた俳優の玉木宏が1月16日、「己の人生に自信をもって、しっかりと歩んでいきたい」などと40歳の抱負を語った。  玉木は「僕が子供の頃に見ていた40歳はかなり大人の印象だったが、自分が実際になってみるとまだ中身が追い付いていないようなので、しっかりと地に足をつけてもっとしっかりと歩んでいかないといけないと思った」という。  そして「(年を重ねることの)怖さはあるが、守るだけでなく攻めるということも大事。攻められるところは攻めたい」と話し、新たなチャレンジとして「動画を撮ることを勉強しようと思っている」とのこと。とはいっても昨今、芸能人がこぞって始めたYouTubeではなく「僕のサイトがリニューアルしたので、そこに合わせてプライベートで撮ったものを出そうと思っている。普段やっている趣味なんかを配信できれば」などとまさに地に足のついたもの。

本格ドリップコーヒーをガチャで!「GACHA GACHA COFFEE」オープン/10月4日(金)の東京イベント

2019.10.04 Vol.Web Original

 六本木ヒルズ展望台 東京シティビューにて、デザインオフィス「nendo」プロデュースによる日本初のコンセプトカフェ「GACHA GACHA COFFEE」がオープンした。軽井沢生まれのコーヒー専門店「丸山珈琲」の高品質なコーヒー豆をガチャガチャマシンで購入し、グラインドからドリップまでセルフで行い、“挽きたて”で“淹れたて”の本格的なドリップコーヒーが味わえる。人手不足が叫ばれる中、来場者が楽しみながらスタッフの作業を手伝うことで、お互いが心地よく過ごせる空間を目指したという。編集部が事前に行われた体験会の模様をレポートする。  会場では6種類のガチャガチャマシンに、独自の焙煎技術に定評のある「丸山珈琲」のコーヒー豆を6種類ご用意。1〜5のマシンはそれぞれ単一のコーヒー豆、「?」のマシンには1~4の豆がシャッフルされ、希少性の高い「シークレット」の豆も含まれる。マシンの横には豆の種類とテイスティングシートを添付し、好みのコーヒーを探すヒントに。編集部はダークチョコレートとアーモンドの風味に、バランスのよい味わいのエルサルバドル産「フェルナンド・リマ」に決定、コインを投入してガチャガチャを回すと白いカプセルが出てきた。

GENERATIONS 小森隼の【小森の小言】第34弾 ちょいと休憩〜短編集でも作ってみようかな〜

2019.09.26 Vol.Web Original
今回は 前回の世間の小言で募集した みなさんからいただいたネタを元に 小言を話していきたいと思います。 まずは… <隼くんがよく聞く曲セットリストで教えてください!> テーマ:曲を聴く 僕は起きてからのルーティーンが存在する。 前にも小言で話したけど 歯磨きをしてコーヒーを淹れる。 その一連の動作な訳だけど 自分のその時のブームやテンションによって 毎朝聴く曲も変わってくる。 例えば、何となくどんよりしてる時は ロックバンドのローテンポの曲を聴いてみたり ドラ恋の周辺だったらラブソングだったり たまたまCMで聴いた曲だったら無限リピートをしたり… その時のテンションによって寄り添ってくれる音楽が 今の自分を表現してくれてる時もある。 だから、聴きたい曲がローテンポの暗い時なら やっぱりちょっと家を出たくなくなるし、二度寝とかしたくなる。 その時は無理やり起き上がる訳だけど やっぱり人間だからやりたく無い事も存在する。 何気なく聴いている音楽でも その人の心を表している時があるって感じるから 少しでも今の自分の状況を把握する 1つの手段だな。 ちなみに、今はコーヒーを淹れる時は 山崎まさよしさんを聴いてコーヒータイム。 朝からスッキリと優雅な気持ちになる。 「深海魚」からの「全部、君だった。」 このセットリスト。 多分、ロマンチックな気分になりたいんだね。僕。(笑)

EXILE TETSUYAが第1子誕生を笑顔で報告「気合を入れて頑張る」

2019.08.20 Vol.Web Original
 EXILE TETSUYAが20日、都内で行われた、自身がプロデュースするコーヒーショップ「AMAZING COFFEE(アメージングコーヒー)」とローソンのカウンターコーヒーブランド「MACHI café(マチカフェ)」とのコラボレーション第2弾「アメージングアイスキャラメルラテ」の発表会に出席した。新たなコラボ商品の登場とともに、第1子が誕生していたことも笑顔で報告した。性別などの詳細については触れなかった。

【EXILE TETSUYA連載 DANCEの道】第85回「Welcome to AMAZING COFFEE」

2019.08.13 Vol.721
 年に1度の、完全なる夏がいよいよやってきました!このチャンスを逃すものかと、いろいろなお祭りや海やイベントの予定を立てて、浴衣も新調したり、勝手にワクワクを倍増させていますが、なかなか夏休みなんて取れるワケもなく…トホホ(笑)。しかし、居酒屋えぐざいるや、仕事で行ったお祭りや、遠目から見る花火や海などで、十分に夏を感じさせていただいております。  今年は雨の季節が長くて、今か今かと待ちわびていましたが、梅雨明けしたら一気に真夏のジリジリモードで上がります!!喉渇きますね〜〜??ってか、飲まないと倒れますね!!  そこで!!!  そんな皆さんに、8月20日から全国のLAWSON「MACHI cafe」で販売がスタートするアメージングアイスキャラメルラテが欠かせませんね!! 厳選したコスタリカ産の豆をふんだんに使った、上質なブレンドにヘーゼルキャラメルのフレイバーと甘さを加え、さらにはMACHI cafeさん自慢の生乳100%でミックスされた極上な一杯は、この夏の皆様のお供になる事、間違いなしです!! そして、6色展開されるオリジナルスリーブが付くことで、毎日飽きる事なく、楽しみながらこのアメージングアイスキャラメルラテをお楽しみいただける事をお約束致します(笑)。  すみません。調子にのりました、、、完全なる宣伝です。。。。。  MACHI cafeさんのWeb CMでは『AMAZING COFFEE』というタイトルの楽曲を解禁させて頂きましたが、皆さん聴いていただけましたか?? いつか、 COFFEEへの想いをふんだんに込めた曲を作りたいという夢を持っていたので、また一つ夢を叶える事ができました。そしてこの曲では、今までインプットしてきたさまざまな事をアウトプットして、さらに僕自身の声で、COFFEEへの想いを伝える事ができたので、最高にうれしいです。そんな想いをここにも、書き記しておきたいと思います。 AMAZING COFFEE / EXILE TETSUYA Welcome to AMAZING COFFEE ホッと一息 お届け 地球の裏から海を越えて Every day Every night Amazing time じっくりと焦らず このHistoryが 黄金 -marvelous- な香りと深みになる Feel rich 想いを込めてドリップ “オラ” に “ハロー” に “こんにちは” エチオピア ハワイ コスタリカ 全部違って良いじゃん オリジナルブレンドが “君らしさ” COFFEE片手 肩寄せ合い 語らえば幸せも2倍 太陽を浴びて歌い出す 広がる心に Pura Vida (^o^)v  DANCEとCOFFEEは一見なんのつながりもないように見えるのですが、表現として捉えたら、DANCEもCOFFEEも僕にとっては同じで、どちらもEXILEだと思って取り組ませていただいております。それが今回の、この曲によって分かりやすいものになったのだと強く思い、そして感じる事ができました。  LDHの環境やシステムがあるからこそ形にする事ができたこの曲、本当に感謝感謝感謝です。これからこの『AMAZING COFFEE』をDANCEにして、どこかでお披露目したいと思っていますので、ぜひ楽しみにしていて下さい。  そして毎月のご報告ですが、膝のリハビリは順調です!  最近では、軽いジョギングができるようになってきました! 踊りたくて、かなりウズウズしてきましたが我慢我慢。。。 もうすぐ朗読劇 「青空」も始まるので、久しぶりの芝居モードでこの夏を全力で楽しみます!!

EXILE TETSUYA「コーヒー1杯で笑顔を咲かせたい」信州花フェスタ2019に出店

2019.04.24 Vol.Web Original

 国内最大級の花と緑のイベント、第36回全国都市緑化信州フェア『信州花フェスタ2019 ~北アルプスの贈りもの~』が長野県松本平広域公園(信州スカイパーク)など同県の各所で25日に開幕する。  イベントには、EXILE TETSUYAがプロデュースするコーヒー専門店「AMAZING COFFEE」も出店。メイン会場のAMAZING COFFEEブースは大自然を味わいながらコーヒーを楽しめる空間となっている。  23日に報道陣向けの内覧会が行われ、TETSUYAが参加。「僕らのモットーは、“コーヒー1杯で皆さんの笑顔を咲かせたい”です。その想いでコーヒーを毎日作っています。『信州花フェスタ2019』を通じて、日頃お世話になっている長野県の皆さんに楽しんでいただきたいという気持ちでいっぱいです」と語り、会場のデザインからプロデュースしたことについては「とても満足のいく仕上がりで、自分がまず笑顔になりました」と明かした。

Copyrighted Image