アンダーテイカーが世代交代迫ったゼインに制裁【9・10 WWE】

2019.09.11 Vol.Web Original
一度はリングを降りかけるも考え直してチョークスラム葬
 WWE「スマックダウン」(現地時間9月10日、ニューヨーク市/マディソン・スクエア・ガーデン)のオープニングに“デッドマン”ジ・アンダーテイカーが姿を現した。  アンダーテイカーは「ここで多くのヒーローや伝説が生まれた。そして新しい時代が始まる」と会場のファンに語り掛けると、突如話を遮るようにサミ・ゼインが登場。  ゼインは大胆にも「リスペクトしているが、未来は俺にゆだねてリングを降りてくれ!」と要求すると、アンダーテイカーはマイクを渡して一度はリングを降りる素振りを見せた。しかし、考え直したアンダーテイカーは要求が通って大喜びするゼインの首をつかむとチョークスラムで叩き付け、鐘の音と共にリングを後にした。

アンダーテイカー&レインズがノー・ホールズ・バート戦制す【7・14 WWE】

2019.07.15 Vol.Web Original
3対2の劣勢を跳ね返してシェインをフォール
 WWE「エクストリーム・ルールズ」(現地時間7月14日、ペンシルバニア州フィラデルフィア/ウェルズ・ファーゴ・センター)で“デッドマン”ジ・アンダーテイカーがローマン・レインズとタッグを組んで、シェイン・マクマホン&ドリュー・マッキンタイアと反則裁定なしのノー・ホールズ・バート戦で激突した。  鐘の音と共にリングに姿を現したアンダーテイカーはオールド・スクールやスネークアイズでシェインに攻め込むも、試合中盤に突如背後からアライアスにギターショットで襲撃され、さらにレインズもマッキンタイアのクレイモアに沈みピンチに陥った。  3人に囲まれたアンダーテイカーは解説席に寝かされてシェイン捨て身のダイビング・エルボー・ドロップ、続けてトラッシュ缶を持ち出したコースト・トゥ・コーストと決定打を食らって撃沈。動けないアンダーテイカーにシェインがとどめを狙うも、ここでアンダーテイカーがムクりと起き上がってシェインとアライアスをチョークスラム葬。  形勢を逆転し、首切りポーズをするアンダーテイカーに対して背後からマッキンタイアがクレイモアを狙うも、これをレインズがスピアーで排除。最後はアンダーテイカーがツームストーン・パイルドライバーでシェインを葬って3カウント。レインズ&アンダーテイカーが3対2の劣勢を跳ね返してノー・ホールズ・バート戦を制した。

レインズがシェインの策略にはまり前哨戦で敗戦【7・8 WWE】

2019.07.09 Vol.Web Original
素人の「自称・用務員」ゲイリー・ガーバットとタッグを組まされることに…
 WWE「ロウ」(米国現地時間7月8日、ニュージャージー州ニューアーク/プルデンシャル・センター)でローマン・レインズがシェイン・マクマホン&ドリュー・マッキンタイアとタッグ戦で激突した。  レインズは「エクストリーム・ルールズ」(現地時間7月14日、ペンシルベニア州フィラデルフィア/ウェルズファーゴセンター)でジ・アンダーテイカーとタッグを結成しシェイン&マッキンタイアと対戦する。  この日の前哨戦でシェインの策略によりレインズのパートナーは素人のゲイリー・ガーバット。用務員だというガーバットは「5000ドルでなんでもするか?」とシェインに雇われてマスク姿で登場した。  試合序盤、レインズがコーナーポストに誤爆してガーバットに交代。ガーバットは意外にもトペ・コンヒーロやスワンダイブ式クロスボディーを繰り出してシェイン&マッキンタイアを翻弄する。しかし、ガーバットは健闘むなしく、マッキンタイアのクレイモアを食らってしまいシェインにフォールを奪われて敗れてしまった。

アンダーテイカーがシェインとマッキンタイアに“首斬り”ポーズ【7・1 WWE】

2019.07.02 Vol.Web Original
「お前たちが安らかに眠ることはないぞ」
 ジ・アンダーテイカーがWWE「ロウ」(米国現地時間7月1日、テキサス州ダラス/アメリカン・エアライン・センター)に降臨。「エクストリーム・ルールズ」で対戦するシェイン・マクマホン&ドリュー・マッキンタイアを威嚇した。  この日、シェインとマッキンタイアはリングに登場すると、ローマン・レインズとアンダーテイカーを侮辱する言葉を並べる。そしてマッキンタイアが「アンダーテイカーは歴史上偉大なレジェンドだが、まったく怖さを感じない」と挑発すると、暗転した会場に稲妻が走り、鐘の音と共にアンダーテイカーが現れる。  シェインとマッキンタイアが場外に避難すると、リングを占拠したアンダーテイカーは「レインズは俺に助けを求めたことはない。俺はただお前たち2人の魂を奪うために来た。お前たちが安らかに眠ることはないぞ」とPPVを見据え“首斬り”ポーズをしてリングを後にした。 「エクストリーム・ルールズ」は現地時間7月14日にペンシルベニア州フィラデルフィアのウェルズファーゴセンターで開催される。

レインズとアンダーテイカーが「エクストリーム・ルールズ」でタッグ結成【7・14 WWE】

2019.06.25 Vol.Web Original
ハンディキャップ戦でピンチのレインズをアンダーテイカーが救出
 WWE「ロウ」(米国現地時間6月24日、ワシントン州エバレット)でローマン・レインズが因縁のシェイン・マクマホン&ドリュー・マッキンタイアと2対1ハンディキャップ戦に挑んだ。  レインズは2人を相手に奮闘するも、マッキンタイアの鉄製ステップ攻撃やクレイモア2発を食らってダウン。さらにシェインがダメ押しのコースト・トゥ・コーストを狙ったが、突如会場に鐘の音が鳴り響くと、リングに“デッドマン”ジ・アンダーテイカーが降臨。  アンダーテイカーはシェインにチョークスラム、マッキンタイアを殴り倒して2人を場外に蹴散らすと、首を斬るポーズを決めてにらみをきかせた。  試合後、PPV「エクストリーム・ルールズ」(現地時間7月14日、ペンシルベニア州フィラデルフィア/ウェルズファーゴセンター)でレインズがアンダーテイカーとタッグを組んで、シェイン&マッキンタイアと対戦することが発表された。

アンダーテイカーがゴールドバーグとの初対決を制す【6・7 WWE】

2019.06.08 Vol.Web Original
最後は必殺のチョークスラム
 WWEのサウジアラビア大会「スーパー・ショーダウン」(現地時間6月7日、ジェッダ/キング・アブドゥッラ・スポーツシティ・スタジアム)で“デッドマン”ジ・アンダーテイカーと“怪物”ゴールドバーグの20年越しの初対決が実現し。アンダーテイカーがチョークスラムでゴールドバーグを仕留めて激戦を制した。  鐘の音と共にリングに姿を現したアンダーテイカーは鬼の行相でゴールドバーグをにらみ付けると、ゴールドバーグは首をかっ切るポーズで挑発し、いきなりスピアー2連発で先制攻撃。しかし、アンダーテイカーはムクっと起き上がると、反撃とばかりにチョークスラムからツームストーン・パイルドライバーを決めるもカウント2。続けてゴールドバーグがスピアーからジャックハマーを放つも決定打とはならず、最後はアンダーテイカーがチョークスラムでゴールドバーグを沈めて3カウント。大物同士の初対決はアンダーテイカーの勝利で幕を下ろした。

ゴールドバーグとアンダーテイカーが決戦直前リング上でにらみ合い【6・4 WWE】

2019.06.05 Vol.Web Original
ゴールドバーグが「次はお前が静かに眠る番だ!」
 WWEのサウジアラビア大会「スーパー・ショーダウン」(6月7日、サウジアラビア/キング・アブドゥッラー・スポーツシティ)で対戦するゴールドバーグとジ・アンダーテイカーが6月4日(現地時間)、テキサス州ラレドのセイムス・オート・アリーナで開催された「スマックダウン」のリング上でついに対峙した。  前日の「ロウ」にはアンダーテイカーが何の前触れもなく降臨。「ゴールドバーグ、次はお前だ! 静かに眠れ」と挑発していた。  この日は控室からセキュリティーを引き連れてスマックダウンに登場したゴールドバーグが「20年待っていたアンダーテイカーとの一騎打ちが実現する。金曜日はどちらが強いか分かるだろう。次はお前が静かに眠る番だ!」とアンダーテイカーを挑発した。  すると突如、会場が暗転して鐘の音が鳴り響くと、アンダーテイカーがゴールドバーグの背後に登場。無言のまま両者激しくにらみ合うとアンダーテイカーは再び闇の中に消え去った。

アンダーテイカーが「ゴールドバーグ、次はお前だ!静かに眠れ」【6・3 WWE】

2019.06.04 Vol.Web Original
「スーパー・ショーダウン」で対戦
 WWE「ロウ」(米国現地時間6月3日、テキサス州オースティン/フランク・アーウィン・センター)に“デッドマン”ジ・アンダーテイカーが降臨した。  鐘の音が会場に鳴り響く中、登場したアンダーテイカーは「初めて死と向かい合うのはどんな気分だ? ゴールドバーグは金曜日にその答えを知ることになる」と「スーパー・ショーダウン」(6月7日、サウジアラビア/キング・アブドゥッラー・スポーツシティ)で対戦するゴールドバーグに話し掛ける。そして「ファミリーと共にいるお前ではなく“アンストッパブル”“アイコン”と化したゴールドバーグと対戦したい。そうでなければ初対決がお前の最後となる」と挑発。  最後は「ゴールドバーグ、次はお前だ! 静かに眠れ」とゴールドバーグと自身の決め台詞を告げて会場を後にした。

サウジアラビアでアンダーテイカーvsゴールドバーグ【6・7 WWE】

2019.05.14 Vol.Web Original
トリプルH vsランディ・オートンも発表
 WWEがサウジアラビア公演「スーパー・ショーダウン」を6月7日、サウジアラビアのジッダにあるキング・アブドゥッラー・スポーツシティで開催することを5月13日発表した。  同公演では初対決となるジ・アンダーテイカーvsゴールドバーグとトリプルHvsランディ・オートンの2つのビッグマッチ、さらにWWE史上最大となる50人バトルロイヤルが行われる。  他にも“ビースト”ブロック・レスナー、WWE王者コフィ・キングストン、ユニバーサル王者セス・ロリンズ、ローマン・レインズ、ブラウン・ストローマン、AJスタイルズと豪華なスーパースターがラインアップされている。

ジ・アンダーテイカーがロウに降臨。アライアスを墓石葬【4・8 WWE】

2019.04.09 Vol.Web Original
意を決して立ち向かうも…
 WWE「ロウ」(米国現地時間4月8日、ニューヨーク市ブルックリン/バークレイズ・センター)に“デッドマン”ジ・アンダーテイカーが降臨した。  ロウ中盤にアライアスが登場して、前日の「レッスルマニア35」で自身のコーナーを妨害したジョン・シナを批判。さらに「次はデッドマンが妨害にくる」と予言すると突然、鐘の音が鳴り響いてアンダーテイカーが姿を現した。  その威圧感に一度はリングを降りようとしたアライアスだったが、意を決してアンダーテイカーと対峙するもビッグブーツからチョークスラムを食らって撃沈。さらに首切りのポーズからアンダーテイカーがダメ押しのツームストーン・パイルドライバーを決めてアライアスを葬った。

ショーン・マイケルズ復活!DXが破壊兄弟破る【11・2 WWE】

2018.11.03 Vol.Web Original
マイケルズがスィート・チン・ミュージック連発
 WWE「クラウン・ジュエル」(現地時間11月2日、サウジアラビア・リアド/キング・サウジ・ユニバーシティ・スタジアム)でDX(トリプルH&ショーン・マイケルズ)vs破壊兄弟(ジ・アンダーテイカー&ケイン)の因縁の対決が行われた。  10月のPPV「スーパー・ショーダウン」では“最後の対戦”とうたわれたトリプルH vsアンダーテイカー戦でトリプルHが勝利するも、試合後に破壊兄弟が襲撃。この因縁がきっかけでDXが復活することになった。8年のブランクがあるマイケルズだったが、アンダーテイカーのスネーク・アイズからレッグドロップを食らっても、スィート・チン・ミュージックで反撃して互角の攻防を展開。  しかし、ケインがトリプルHをチョークスラムで解説席に沈めると、孤立したショーンは破壊兄弟に捕まって劣勢となってしまう。しかしマイケルズはコーナートップから場外へのムーンサルトで2人を蹴散らすと、トリプルHも復活して形勢逆転。最後はマイケルズがスィート・チン・ミュージックを破壊兄弟2人に決めると、トリプルHがケインをペディグリーで沈めてカウント3。DXが破壊兄弟を相手に復活戦を勝利で飾った。

Copyrighted Image