TOKIO松岡“ママ”と慕う草笛光子を「俺色に染めます!」

2018.08.21 Vol.web Original
 女優の草笛光子とTOKIOの松岡昌宏による2人舞台「新・6週間のダンスレッスン」(9月29日~、よみうり大手町ホールほか)の製作発表会見が21日、都内の会場で行われた。  同作は、68歳の未亡人リリーと45歳のダンスインストラクター・マイケルが、6週間のダンスレッスンを通し、心を通わせて行くという物語。草笛は2006年の日本初演時から主演のリリーを演じ、これまで194回上演。まさに草笛のライフワークと言える作品だ。  200回上演を迎える今回は、草笛が相手役のマイケルに松岡を指名。熱烈ラブコールがかなった形となった。 「5年前に舞台で親子役で共演した時に“ここにマイケルがいた!”と思いました」と草笛。「それで彼に前回再演した時の舞台を見てもらったんです。そいたら“何で俺に(舞台を)見せたのか分かった。俺にやれって言うんだろう?”って。自信満々で、マイケルそのものでした」とオファーした時の状況を説明。  これを受け松岡は「完全に馴れ初めの話みたいになっていますけど、そうじゃないので(笑)」と言いつつ「何度も2人でデートしているんですけど、その時に“本当にできるの?”って聞かれました。“やらせていただきます”と答えたんですけど、うれしかったですね。その時拝見したマイケルもすごく素敵だったんですけど、自分がやる以上また違ったマイケルを、松岡の味で出さないといけないと思いました」と振り返った。

スザンヌ&ユカイがアラサーママを応援

2014.05.27 Vol.618
20140527c.JPG
 アラサーママを応援する雑誌『aene(アイーネ)』の創刊記者発表会が27日、都内で行われ、子育てに奮闘中のスザンヌとダイヤモンド☆ユカイが登壇した。同誌で連載も行っているユカイは「明るくてポップ。パパにとっても、ためになる」と、プッシュした。

 28日発売の創刊号では、主婦が幸せに暮らせる街ランキングを発表。スザンヌが暮らす福岡市は対象となった813自治体のなかで6位にランクイン。スザンヌはこの結果に大喜びで、「海も山もあって、食べ物もおいしい。子どもとお散歩できるところも、迷うぐらいあって、毎日楽しい」とコメント。一方、ユカイが暮らす栃木県佐野市は「圏外」の結果に。「東京にも、思うより近い。東北自動車道で1時間、通勤圏内だよ。ラーメンもうまいし、アウトレットもあるのに......」と、少し落胆気味だった。ユカイはもともと埼玉県出身。「アウトレットに行ってドライブしたときに、空が青くて......LA(ロサンゼルス)のようだった。ここはLAじゃないか!って決めた」と、移住した理由を説明した。

 同誌には、ショッピングモールの情報や、便利なアイテム、世界の子育て事情など、アラサーママたち向けの情報が満載。表紙はママになったばかりの優木まおみが務める。スザンヌは「頑張るママがたくさん載っているので刺激されます」と、話した。

Copyrighted Image