SearchSearch

エッジがRR戦優勝に続き、オートンとの遺恨戦に勝利【WWE】

2021.02.02 Vol.Web Original

エッジは試合前に遺恨決着を宣言

 WWE「ロウ」(日本時間2月2日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)で、PPV「ロイヤルランブル」の男子30人ロイヤルランブル戦(RR戦)で優勝を果たした“R指定の男”エッジが因縁の“毒蛇”ランディ・オートンとメイン戦で対戦した。

 試合前、オートンは「俺は以前にエッジはもう復帰できないと言ったのに、お前がRR戦に出場したから嘘つきになったじゃないか。今日の試合は慈悲や同情はない。だからレッスルマニアではお前の王座戦はないぞ」と理不尽に非難すると、エッジも「俺はレッスルマニアで王座を取り戻さなければならない。もうこれを終わらせる」と2人の遺恨決着を宣言した。

中邑真輔が男子30人ロイヤルランブル戦で敗退【WWE】

2021.02.01 Vol.Web Original

エッジが優勝して王座挑戦権を獲得

 WWE「ロイヤルランブル」(日本時間2月1日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)で中邑真輔が男子30人ロイヤルランブル戦に出場するも、バロン・コービンに落とされて敗退。エッジが優勝してレッスルマニアでの王座挑戦権を獲得した。

 エッジとランディ・オートンの因縁対決でロイヤルランブル戦がスタートするとエッジは解説席上で捕まえたオートンをDDTで沈め、負傷したオートンはそのままスタッフに連れられてバックステージへ移動してしまう。

レインズがギロチンでオーエンズを失神KOしてラストマン・スタンディング戦を制す【WWE】

2021.02.01 Vol.Web Original

ユニバーサル王座を防衛

 WWE「ロイヤルランブル」(日本時間2月1日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)で、ユニバーサル王者ローマン・レインズ(withポール・ヘイマン)が代理出場を画策したケビン・オーエンズとユニバーサル王座ラストマン・スタンディング戦で激突した。

 序盤、レインズがスーパーマンパンチやスピアーを放てば、オーエンズもポップアップ・パワーボムやスーパーキックで反撃するなど白熱の攻防を展開する。

 さらに鉄製ステップやパイプ椅子で攻撃を仕掛けたレインズが高所からオーエンズを投げ落とすと、ゴルフカートでも引き倒して攻撃がエスカレート。

ビアンカ・ブレアが女子30人ロイヤルランブル戦で優勝【WWE】

2021.02.01 Vol.Web Original

「レッスルマニア37」での王座挑戦権獲得

 WWE「ロイヤルランブル」(日本時間2月1日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)で行われた女子30人ロイヤルランブル戦で“EST”ことビアンカ・ブレアが優勝し、レッスルマニアでの王座挑戦権を獲得した。

 ベイリーとナオミの対戦でロイヤルランブル戦がスタートするとビアンカ、ビリー・ケイと次々に時間差で女子スーパースターたちが登場して激しい攻防を展開。14番目に登場したリア・リプリーが大暴れして因縁のトニー・ストームやサンタナ・ギャレット、デイナ・ブルック、ダコタ・カイ、マンディ・ローズを次々に脱落させると“黒い小悪魔”に変身しかけたアレクサ・ブリスもリング外に投げ飛ばした。

マッキンタイアがゴールドバーグとの激闘を制してWWE王座を防衛【WWE】

2021.02.01 Vol.Web Original

クレイモアとスピアーが乱れ飛ぶ激戦

 WWE「ロイヤルランブル」(日本時間2月1日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)で王者ドリュー・マッキンタイアが“超人類”ゴールドバーグWWE王座戦で激突した。

 試合前から2人はにらみ合ってヒートアップ。マッキンタイアがヘッドバットからスピアーを叩き込めば、ゴールドバーグもバリケードごとマッキンタイアをスピアーで破壊。ダメージを負ったもののゴングを要請したマッキンタイアは必殺のクレイモアを放つと、ゴールドバーグもスピアー2発を叩き込んで大技のシーソー戦を展開。

アスカ&シャーロットが父リック&レイシーの妨害でタッグ王座陥落【WWE】

2021.02.01 Vol.Web Original

シェイナ・ベイズラー&ナイア・ジャックスと対戦

 WWE「ロイヤルランブル」(日本時間2月1日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)のキックオフで、WWE女子タッグ王者のアスカ&シャーロット・フレアーが強敵シェイナ・ベイズラー&ナイア・ジャックスと王座をかけて対戦した。

 試合前、アスカは「やったるわ! シェイナ&ナイアはシャーロット&アスカに敵わない」と意気込むと、裏拳からミサイルキックやダブル・ニーをナイアの顔面に放って攻め込んだ。

中邑真輔がロイヤルランブル優勝と王者レインズからの世界王座奪取を宣言【WWE】

2021.01.31 Vol.Web Original

ツイッターで自身の葛藤を告白

“キング・オブ・ストロングスタイル”中邑真輔がPPV「ロイヤルランブル」(日本時間2月1日、WWEネットワークで配信)の男子30人ロイヤルランブル戦を直前にその決意を自身のツイッターで語った。

 フォーマルな出で立ちの中邑は「3年前、俺は頂点にいた。日本人として史上初のロイヤルランブル優勝者となった。皆、俺がチャンピオンになると信じていた。だが違った」と2018年のロイヤルランブル戦優勝とPPV「レッスルマニア34」でのAJスタイルズとのWWE王座戦を回顧。

 さらに中邑は「この3年間、自分なりにできる限り一生懸命やってきたよ。数々のタイトルを取ってきた。US、IC、タッグチーム、それでもまだ足りない。そして何か忘れてる気がする。自分自身の何かを」と自身の葛藤を告白すると「世界王座だ。俺は世界王座を手にしたい。自分を見失いつつあった。だが、キング・オブ・ストロングスタイルが帰ってきた。今年のロイヤルランブルは必ず制してやる! ローマン、お前を恐れていないぞ」とユニバーサル王者ローマン・レインズを名指しにして世界王座奪取を誓った。

中邑真輔、AJスタイルズらが男子30人RR戦の前哨戦で大暴れ【WWE】

2021.01.30 Vol.Web Original

中邑は共闘を懇願するゼインを拒絶

 WWE「スマックダウン」(日本時間1月30日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)で、中邑真輔を筆頭にブラウン・ストローマンやAJスタイルズ、ダニエル・ブライアンらPPV「ロイヤルランブル(RR)」の男子30人RR戦に出場するスーパースターたちが前哨戦で激闘を展開した。

 オープニングにブライアンとAJが登場するとRR戦を巡って舌戦を展開し、2人の対戦が決定。試合前にはサミ・ゼインがIC王座を取り戻すため、かつてのパートナーの中邑に共闘を懇願したが、中邑は「感謝しているが、地獄に落ちろ」と言ってこれを拒否。

 さらにブライアンとAJの試合ではセザーロが解説する中、試合途中にIC王者ビッグEを侮辱するプラカードを持って登場したゼインとこれに怒ったビッグEが乱闘となって試合は反則裁定に。すると続けて中邑が登場してゼインに延髄切り、AJにスピンキックを叩き込むと中邑&ブライアン&ビッグE vs AJ&ゼイン&セザーロの6人タッグ戦に移行した。

オーエンズとレインズがオンライン対談で舌戦展開。レインズは途中退出【WWE】

2021.01.30 Vol.Web Original

家族を侮辱したレインズにオーエンズが警告

 WWE「スマックダウン」(日本時間1月30日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)で、PPV「ロイヤルランブル(RR)」のユニバーサル王座ラストマン・スタンディング戦で対戦する王者ローマン・レインズ(with ポール・ヘイマン)とケビン・オーエンズがオンライン対談で舌戦を展開した。

 レインズは「お前はユニバーサル王者にはなれない。お前はアホだし、お前の父親もアホってことだ」とオーエンズと家族を侮辱すると、オーエンズは「俺にとって家族は大切なんだ。口に気を付けろよ」と警告。するとレインズも「分かってないな。いつかお前は家族に恥だと言われるぞ」と忠告すると、オーエンズは立ち上がって「お前はいじめをしているだけだ。RRの後にはユニバーサル王者になっている自分の姿が鏡に見える」と王座奪取を宣言したが、レインズは何も言わずに途中で画面を切って退出した。

 レインズvsオーエンズのユニバーサル王座ラストマン・スタンディング戦が行われるPPV「ロイヤルランブル」は日本時間2月1日にWWEネットワークで配信される。

王者アスカvs“小悪魔”アレクサの王座戦にオートンが乱入。アレクサに報復のRKO【WWE】

2021.01.26 Vol.Web Original

アレクサが突然泣き出し会場が暗転

 WWE「ロウ」(日本時間1月26日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)で2冠王者アスカが“小悪魔”アレクサ・ブリスとロウ女子王座戦で激突したが“毒蛇”ランディ・オートンが乱入してRKOでアレクサを沈めるハプニングが起こった。

 試合前、アレクサは「新しいおもちゃを身に着けるチャンスだわ」とロウ女子王座ベルトの獲得に意欲を見せると、先週ピンフォールを奪われたアスカは試合序盤からアレクサを投げ飛ばし、ミサイルキックを放つなど果敢に攻め込んでいく。中盤にはアレクサが突如、木馬に乗って遊んだり、楽しそうにアスカにチンロックを決めたが、アスカがヒップアタックやスープレックスなど怒涛の連続攻撃で反撃すると、アレクサが泣き出して会場が暗転。

2018年の優勝者・中邑真輔がロイヤルランブル戦に参戦決定【WWE】

2021.01.26 Vol.Web Original

中邑「この勢いのまま最高峰のベルトまで一気に駆け上りたい」

 WWE「ロウ」(日本時間1月26日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)で、中邑真輔がPPV「ロイヤルランブル」で行われるロイヤルランブル戦に出場することが発表された。

 2018年に優勝している中邑は「2021年になり、ライジング・サンも復活し、一気に風が吹いてきました。この勢いのまま最高峰のベルトまで一気に駆け上りたいと思います」とツイッターで決意表明した。

Copyrighted Image