頂点を目指しバレーの強豪国が日本に集結

2019.06.15 Vol.719
 バレーボールの世界3大大会のひとつである『FIVBワールドカップ』が今年9月、日本を舞台に開幕される。4年に一度開催されるこの大会は、男女各12チームが総当たりで順位を争う。前回の『ワールドカップバレー2015』では、女子日本代表“火の鳥NIPPON”が木村沙織キャプテンのもとセルビア、ロシアなどの強豪国と激闘を演じて5位。一方の男子日本代表“龍神NIPPON”も、石川祐希、柳田将洋がブレイクして6位と大躍進を遂げた。今年の『ワールドカップバレー2019』は、10カ月後に迫る東京五輪に向けて、さらに重要な大会となることは間違いない。頂点を目指して戦う選手たちを、会場で応援しよう!

Copyrighted Image