南沙良がドラマ初主演!ヤングシナリオ大賞受賞作『ココア』で女子高生

2018.12.03 Vol.Web Original
 女優でモデルの南沙良が、来年1月4日にフジテレビ系列で放送される、第30回フジテレビヤングシナリオ大賞・大賞受賞作『ココア』で、ドラマ初主演を務めることが分かった。南にとって、今作はドラマデビュー作になる。  坂元裕二や野島伸司、浅野妙子らを輩出した歴史ある賞。『ココア』を書いたのは、史上最年少となる14歳の女子中学生・鈴木すみれで、執筆当時中学1年生の女子生徒が初めて書いた脚本とは思えないと審査員をうならせた。  ドラマは、何のつながりもなく、まったく別の場所で日々生活を送っている3人の女子高校生を主人公とした物語。いじめや両親の不倫など、それぞれが学校生活や家庭で、悩みや後悔を抱えている少女のオムニバスストーリーだ。  南が演じるのは16歳の高校生、灯(あかり)。渋谷のハチ公前で出会った売れないギタリスト・雄介と言葉を交わすようになるものの、自分の名前はかたくなに明かさない。しかしある日、“友人”の話として、複雑な家庭環境、そして学校でいじめを受けて孤立している“灯”という少女の話を始めて……。  南は、「灯ちゃんは強がって、自分の中にある芯の部分を隠してしまう女の子なんですが、そこはわかるなって思いました。脚本を中学2年生の鈴木すみれさんが書いたと聞いてびっくりしました! すてきなお話だなと思いながらお芝居をしていました」とコメントを寄せている。  2019年1月4日、23時30分からオンエア。

南沙良が時代劇に初挑戦! 松坂桃李主演の映画『居眠り磐音』

2018.11.28 Vol.Web Original

 女優でモデルの南沙良が、松坂桃李主演の映画『居眠り磐音』(2019年5月17日公開予定)に出演、初の時代劇に挑戦することが分かった。    佐伯泰英の同名のエンターテインメント時代小説が原作。全51巻を数えるシリーズで、累計発行部数2000万部を突破した、佐伯氏の代表作。江戸を舞台に、2人の友人を失い、許婚を残したまま脱藩した、主人公・坂崎磐音が、昼間はうなぎ屋で働き、夜は両替屋の用心棒として悪と戦うさまを描き出す。  南は、松坂桃李演じる坂崎磐音の妹役で、兄を心から慕う純真な娘・坂崎伊代を演じる。  ほか出演に、木村文乃、芳根京子ら。監督は、『超高速!参勤交代』『空飛ぶタイヤ』などの本木克英。脚本は、大河ドラマ『平清盛』や、時代劇『ちかえもん』の脚本を手掛けた藤本有紀。  南は、今年、『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』で映画初主演。「ポッキーチョコレート」イメージキャラクターも務めている。

ポッキーの新イメージキャラクターは南沙良「ハンバーグがおいしかった」

2018.08.31 Vol.Web Original

 モデルで女優の南沙良がポッキーチョコレートの新イメージキャラクターを務めることがわかった。  9月4日からオンエアされるテレビCM「何本分話そうかな・デビュー篇」で、宮沢りえ、大倉孝二と共演。CMは転校先の学校になじめない娘とその母親のストーリーで、親子のコミュニケーションや会話を後押しするメッセージが込められている。  南にとって初めてのCM出演。出演が決まった時ハンバーグを食べていたという南は「今まで食べたハンバーグの中で一番おいしかったと感じました。そのぐらい驚いたと同時に、とてもうれしかったです」とコメント。宮沢と大倉との共演については「宮沢さんも大倉さんも気さくに話しかけてきてくださったので、自然体でできた気がします」と、振り返った。

【インタビュー】南沙良 人気コミック『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』待望の映画化!

2018.07.13 Vol.708
 人気漫画家・押見修造が自身の体験を元に描いた大ヒットコミックが映画化。思春期の少女たちの不器用な青春を描いた同作で主演の志乃を演じる南沙良は、雑誌のモデルとして活躍する一方、2017年には話題作『幼な子われらに生まれ』で女優デビュー。今作ではコンプレックスを持った少女の葛藤を繊細に表現している。

Copyrighted Image