吉田鋼太郎がボンバーマン?「派手に爆死したい」大河ドラマ『麒麟がくる』で松永秀久 

2020.02.23 Vol.Web Original
 放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』で三好長慶の家臣・松永秀久を演じている吉田鋼太郎。畿内を中心に勢力を広げる戦国武将で、軍事でも政治両面でも力を発揮する人物、荒々しく、したたかな生き方で、明智光秀に大きな影響を与える人物だ。

吉田鋼太郎、石原さとみらで舞台『アジアの女』きょう開幕

2019.09.06 Vol.Web Original
 石原さとみが主演する舞台『アジアの女』がきょう6日、渋谷区のBunkamuraシアターコクーンで開幕する。その最終舞台稽古が5日行われた。

田中圭と林遣都が『おっさんずラブ』“最初の日”と“最後の日”を感無量で語る

2019.09.04 Vol.web original

 公開中の映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD〜』のイベントが4日、都内にて行われ、田中圭と林遣都、瑠東東一郎監督が登壇。吉田鋼太郎からは「おっさんずラブのヒットのおかげで仕事が増えそちらに伺えません」と映像メッセージが届いた。  公開13日目にして動員数100万人突破という大ヒットをファンに感謝した3人。客席の中には24回も見たというファンも。これには主演・田中も「俺らよりセリフを覚えてるね」と感嘆。そんな田中や林の周りからも好評の声が上がっているとのことで、田中は「今朝、ナインティナインの岡村隆史さんから“めっちゃ面白かったで!”と連絡をもらいました」、林は「地元が滋賀県なんですが劇場が満員だったとかで、母の目の前に中学時代の担任の先生がいたらしいです」と明かした。

田中圭「『おっさんずラブ 』は今日で僕らの手を離れる」。吉田鋼太郎は“寅さん”化に期待

2019.08.23 Vol.web original

 映画『おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD 〜』初日舞台挨拶が8月23日に東京・TOHOシネマズ 日比谷にて行われ、田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎と瑠東東一郎監督が登壇した。  2018年のドラマ放送から人気に火がつき、社会現象的大ヒットを記録した“おっさん”同士のラブストーリーを待望の映画化。

田中圭と林遣都「平成最後の満月の夜に初めて…」。『劇場版おっさんずラブ』いろんな“ペア”が仲良し姿を披露

2019.08.14 Vol.web original

 映画『劇場版おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD 〜』プレミアムトーク&ライブイベントが13日、六本木ヒルズ アリーナにて行われ、田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎と瑠東東一郎監督が登壇。撮影中の思い出などを振り返った。  撮影は毎日楽しかったと振り返った田中が「お泊まりロケも楽しかったよね」と言うと林も「楽しかったですね」。ほほみ合う2人の姿に会場のファンから黄色い悲鳴。「初めて真面目な話をしたんですよね」と振り返った田中に、林がポツリと「平成最後の満月の夜だったんですよ」。一瞬、漂うロマンティックな雰囲気に会場が色めき立ち、田中も「おお〜っ?(笑)」。すると、お泊まりロケに参加しなかったという吉田が「僕はいつもいないんだよね。それでその2人が仲良くしているんだよね」とぼやき会場を笑わせた。

田中圭「たくさんの愛情をありがとう」『おっさんずラブ』キャストがファンの熱気に感動

2019.08.13 Vol.web original

 映画『劇場版おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD 〜』プレミアムトーク&ライブイベントが13日、六本木ヒルズ アリーナにて行われ、田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎と瑠東東一郎監督が登壇した。  2018年4月クールで放送されるや社会現象的大ヒットを記録した“おっさん”同士のラブストーリーを待望の映画化。モテない独身ダメ男・春田創一(田中圭)、誰もが憧れる理想の上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、イケメンでドSの後輩・牧凌太(林遣都)の三角関係に、本社のエリートチームを率いる狸穴迅(沢村一樹)や陽気な新入社員・山田ジャスティス(志尊淳)が加わり新たな展開が繰り広げられる。

吉田鋼太郎、子煩悩な藤原竜也に「ちょっと寂しい」

2019.08.02 Vol.Web Original
 吉田鋼太郎と藤原竜也がビジネスブランド「D'URBAN(ダーバン)」の広告キャラクターを務めることになり、2日、都内で行われた発表会に出席した。 「D'URBANはあこがれのブランド」だという吉田は「僕でいいのって、とても光栄な気分」と、満足気。ハムレットのデンマーク王子を例に「乱れた服を着せたら天下一品だが正装は今ひとつ」な藤原との共演は「一抹の不安があった」というが、「見事に着こなしていた」と感心していた。

田中圭「スケールアップして五角関係に」! 映画版『おっさんずラブ』新キャストに沢村一樹、志尊淳

2019.04.22 Vol.Web Original
 2018年4月クール(テレビ朝日系列)に放送され、熱狂的ファンを生んだドラマ『おっさんずラブ』の映画化『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』の新キャストとタイトルが22日、発表された。  モテない独身ダメ男・春田創一と、誰もが憧れる理想の上司・黒澤武蔵、イケメンでドSな後輩・牧凌太の三角関係をピュアに描き、SNSを中心に大きな話題を呼んだラブコメディー。劇場版では、春田役・田中圭、黒澤役・吉田鋼太郎、牧役・林遣都の3人をはじめとした連続ドラマからのレギュラー陣が全員続投する他、今回新たに新キャストとして沢村一樹、志尊淳が出演することが分かった。  沢村が演じるのは天空不動産で新たに発足したプロジェクトチームのリーダーで、春田たちの前に立ちふさがる強敵・狸穴迅(まみあなじん)。志尊は春田が所属する天空不動産第二営業所に配属されたキラキラネームの陽気な新入社員 山田正義(ジャスティス)を演じる。  ドラマの最後で“Happy Happy Wedding”を迎えたはずの男たちに新たなおっさんが加わり、前代未聞の五角関係“おっさんのラブ・バトルロワイアル”が繰り広げられるとのこと。笑って泣ける、常識を超えた、おっさん同士のピュアラブストーリー。劇場版に向け、メインキャストたちも意気込み満点。 『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』は8月23日より全国公開(東宝配給)。 以下:キャストコメント(全文)

大泉と吉田が新チューハイPR「本当にうまいっ!」

2016.03.29 Vol.663
 新しいチューハイブランド『アサヒ もぎたて』のCM発表会が29日、都内で行われ、CMに出演する大泉洋と吉田鋼太郎が出席した。試飲をした2人は新鮮なフルーツの香りに大満足。「渋谷、吉祥寺、立石……いろんなところでチューハイを飲んできたけど一番うまいっ!」(吉田)と、ここ一番のチューハイ飲料であると太鼓判を押した。  収穫から24時間以内に絞った新鮮な果汁を使っているのがポイントになっている商品。大泉は「(果実の)香りがつばらしい。こんなにいいもののCMに出演できてうれしい。(新鮮さという)こだわりがあるので人に勧めやすい」と大満足の様子。毎朝新鮮な野菜ジュースを欠かさないという吉田は素材の新鮮さは飲めば分かるといい、「おいしくて、サンプルにそれぞれのフレーバーを6缶ずつもらったんですが、もうすべて飲んでしまいました」とにやり。この日も一口のはずの試飲はまったく止まらず、大泉に止められるほどだった。大泉は「鋼太郎さんが朝は野菜ジュースなんて……朝からウイスキーとか、今日もここに二日酔いで来るとか、破天荒でいてほしかった」と、ぼやいていた。  この日は、4月5日に誕生となる『アサヒ もぎたて』と、4月3日に43歳の誕生日を迎える大泉を祝ってサプライズでケーキのプレゼントも。吉田からのビッグサイズのスプーンのプレゼントに対しては「……これは除雪に使う…」とつぶやきながら喜んでいた。  大泉、吉田が出演するCMは4月5日オンエア。

吉田鋼太郎「ドラマではまだまだ恋を続けたい」

2016.01.25 Vol.659
 吉田鋼太郎が主演するドラマ『東京センチメンタル』(テレビ東京系、金曜深夜0時12分)が好評だ。吉田演じる東京・言問橋の和菓子店の亭主で、55歳独身バツ3の久留里卓三の恋模様を描く。お相手は、今は亡き親友の妻、キャバクラ嬢、女子大生とさまざま。恋多き卓三は、柴又、押上、人形町、佃島に浅草・観音裏など東京の町を歩き、食べて、デートをし、恋心を募らせる。2014年の年末に同じタイトルでスペシャルドラマとして放送されており、今回はそれが連続ドラマになった形だ。  初回放送日となった13日には、吉田自ら愛宕神社を訪れ、ドラマの高視聴率祈願。吉田は「主演という立場で、ヒット祈願を、由緒ある愛宕信者で祝詞を奏上していただき、身が引き締まる思いです。このご祈祷が高視聴率につながれば、今回関わったキャスト、スタッフ一同、作り上げてきた甲斐がありますね。なるべくたくさんの方に見ていただけるよう、皆さんに愛される作品になれば」  吉田は今年元旦、かねてから交際していた22歳下の女性と結婚。お参りは、自身の結婚成就のお礼を兼ねていた。 「個人的には、“恋する50男”を卒業した私ですが、ドラマではまだまだ恋を続けたいと思います。このドラマに登場する個性豊かな美しいマドンナたちに抱く恋心を楽しんでいただければ幸いです」と、意気込んだ。  29日放送の第3回のマドンナは川栄李奈。人形町で、ひょんなことから卓三と出会う女子大生を演じる。川栄は「(吉田は)大先輩なので、いろいろとリードしてくださって、すごく楽しかったです。とてもお優しい方で、お芝居の面でもとても勉強になりました。楽しくもあり、笑いもあり、悲しくはないけど、切ない部分もあって、本当に面白いドラマになっていると思います」と語っている。 他のレギュラー出演者に、高畑充希、片桐仁、大塚寧々、小栗旬ら。 ドラマ24『東京センチメンタル』テレビ東京系にて、毎週金曜深夜0時12分〜放送【公式サイト】 http://www.tv-tokyo.co.jp/tokyo_sentimental/

5年ぶりに再演の舞台『海をゆく者』に出演 吉田鋼太郎

2014.09.29 Vol.627
舞台俳優として絶大な人気を誇り、数々の伝説の舞台にも出演。蜷川幸雄演出のシェイクスピア・シリーズの常連であり、名優として確固たる地位を築いてきた吉田鋼太郎。それまでもテレビドラマや映画など、映像の仕事でも渋い演技で知る人ぞ知る存在だったが、最近では女性を中心に“萌えるアラフィフ俳優”として大ブレイク。そんな吉田が奇跡の舞台と言われる作品に5年ぶりに出演する。

Copyrighted Image