土屋太鳳、愛莉&すずからのバースデーケーキに感激「生きてて良かった!」

2018.02.01 Vol.Web Original
「ガーナで手づくりバレンタイン~ときめきフォトジェニ教室~」が1日、都内で行われ、土屋太鳳、松井愛莉と広瀬すずが出席した。それぞれバレンタインデコレーションに挑戦し、指導を受けながらインスタ映えする写真を撮影した。  この日のハイライトはイベント終了寸前のサプライズ。3日に23歳の誕生日を迎える土屋に、松井と広瀬が2人でデコレーションしたケーキをプレゼント。2人が作業している様子がモニターに映し出されると、土屋は「えっ?」「これ、今日?」と驚きの表情。「うれしかったです。(数字の)23って見えて、あっ私だって! 初めてたくさんの人に誕生日をお祝いしてもらったのが、ガーナのイベントで、すずちゃんと愛莉ちゃんとこの何年かご一緒できて幸せ」と、にっこり。松井と広瀬でケーキを食べさせてあげる演出もあり、土屋は「あー、生きてて良かった!」とケーキをほおばった。23歳の抱負を聞かれると「いろんな音楽とか本とかを読んだり聞いたりして知識の幅を広げていける年になったらなと思います」と、話した。

土屋太鳳がセルフプロデュースで写真集「全部が宝物」

2017.12.18 Vol.Web Original
 土屋太鳳が2冊目の写真集となる『初戀。』の発売を記念し、17日、都内で発売記念握手会が行われた。    女優デビュー10周年を記念したメモリアル写真集で、土屋自身がプロデュース。ダンサーで振付家の辻本知彦が演出した。「お仕事でダンスをさせていただいて、辻本先生と出会って刺激をいただくことで引き出されていく表情というのが、自分にとって必要なものであり、発信していくものなのかなと思いました」。  土屋の身体性を最大限に生かしたアーティスティックなショットから、遊園地や街歩きなどで楽しむ等身大の笑顔なども収録。土屋は「新しい自分を見つけていくっていうのと同時に、服とか場所に合った表情、あとは日本的なものを表現したかったので、日本で活躍している女優、これからも女優を続けていけますようにって願った、土屋太鳳の表情カタログみたいなものも含まれといると思います」と説明した。  選んだ写真の「全部が宝物のように大事」と土屋。なかでもお気に入りは表紙のカットだそう。「お着物を着て表現をするというのは、芸能界の中で今、私だけかなと思ってこの表紙を選びました」と、笑顔を見せた。  辻本は、2016年に豪アーティストのシーアの楽曲『アライヴ』のミュージックビデオでダンスを披露した際、振付を担当している。

【インタビュー】土屋太鳳“奇跡”と出会う!

2017.12.18 Vol.702
“8年越しの結婚式”を挙げた岡山県のあるカップルの挙式映像がYouTubeで投稿されるや、8年越しとなった理由に秘められた驚きのエピソードは瞬く間に拡散され、多くのメディアで紹介。日本中の感動を呼んだ。そんな奇跡の実話を『64―ロクヨン―前編/後編』の瀬々敬久監督がメガホンをとり、佐藤健、土屋太鳳という豪華キャストで映画化。恋する女子高生からアクション満載の役どころまで幅広い役をこなす土屋太鳳が、心からの愛情を持って本作を語る!

かぐや姫・土屋太鳳が「世界にひとつだけの新しい舞」披露

2017.11.30 Vol.Web Original
 土屋太鳳が29日、都内で行われた、ショートムービーみらい舞踊「竹取物語 2017」発表会に出席した。ショートムービーは土屋が「世界にひとつだけの新しい舞」に挑戦したもので、発表会にはブレイクダンサーのISSEIも出席した。  かぐや姫になって登場した土屋は「すごく幸せな気持ちです。小さいころから『かぐや姫』のお話が好きでしたので、好きな物語で、みらい舞踊に挑戦させていただいて光栄に思います」と、話した。  ロッテ「キシリトールガム」の発売20周年プロジェクト「COME ON! ENERGY! ー噛もう!未来に向かって!ー」の一環で制作されたもの。このショートムービーで、土屋はISSEIとともに、日本舞踊とブレイクダンスが融合した世界にひとつだけの新しい舞に挑戦している。  作品を見た土屋は「すごい刺激を受ける作品。小さい頃から日本舞踊を習ってきたのその経験が生きて良かったです」と、コメント。さらにISSEIのダンスについて「無重力のようにおどるんですよ。すごすぎてガン見していました。私も(ダンスを)頑張らなきゃってすごく練習しました」と、話した。  ISSEIも「土屋さんと一緒に素晴らしい作品になりました」と、話した。

『8年越しの花嫁 奇跡の実話』試写会に20組40名【プレゼント】

2017.10.27 Vol.699
 突如、原因不明の病魔に襲われ意識不明となった女性と、彼女の回復を待ち続けた婚約者…8年越しで結婚式を迎えた2人の実話を超豪華キャストで映画化!「奇跡の結婚式」「号泣する実話」として広く話題になり、2015年には『8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら』として書籍化された奇跡の物語。目を覚まさない恋人を献身的に支え続け、彼女を思い続ける尚志(ひさし)役に佐藤健。病と闘う麻衣役には話題作への主演が続く土屋太鳳。『64ーロクヨンー前編/後編』など人間ドラマに定評のある瀬々敬久監督がメガホンをとり、感動のラブストーリーをつづる。12月16日より全国公開。 <試写会の応募について> 【日時】11月24日(金) 18時30分〜 【会場】一ツ橋ホール(神保町) 【応募の〆切】2017年11月9日(木) 以下のリンクのフォームからご応募ください。 http://www.campaign-kenshou.com/campaign.php?id=3068

広瀬すずが新CM撮影で「とろけちゃう」体験

2017.09.11 Vol.Web Original
 広瀬すずが11日、都内で行われた、ガーナ新CM発表会に出席した。土屋太鳳、松井愛莉とのトリオで出演する人気CMシリーズの最新版。CMにちなみ、つなぎ姿で登場した3人はそれぞれの似顔絵を描くペイントに挑戦した。  イベントではCM撮影時のエピソードも紹介。シリーズスタートから3年にして初めての“お泊り撮影”だったそうで、土屋は「部屋は違ったけど、遅くまで一緒にいれて楽しかったよね」。松井も太鳳とあやとりをするシーンで「2人で夢中になってしまいました」と話した。  広瀬は、共演した犬のチョコに「たただた癒された」といい、「なでると、ぎゅーっと私をハグしてくるんです…。私もとろけちゃいそうでした!」と振り返った。  CMは12日からオンエア。

太鳳、愛莉、すずは「デコガーナ」で母の日

2017.05.04 Vol.690
 土屋太鳳、松井愛莉、そして広瀬すずが4日、都内で行われた、ロッテ 母の日ガーナ2017 メモリアル「デコガーナ」お披露目イベントに出席した。母の日(5月14日)にパッケージをデコレーションした「デコガーナ」を贈ろうというキャンペーンで、この日、一般から募った作品のなかから優秀賞に選ばれた5名に表彰状を授与、「デコガーナ」作りにも挑戦した。  今年の母の日に何をするか問われると、すずは「これまではアクセサリーだったりしたので、疲れの取れるグッズ」、愛莉は「旅行」、太鳳は「デコガーナと………母は気に入らないと使ってくれないので悩み中です」と、話した。

編集部オススメMOVIE『PとJK』

2017.03.26 Vol.687
 恋愛初心者の女子高生(JK)カコは、警察官(Police)の功太と出会う。2人の恋がスタートするかに思えたが、功太はカコが実は女子高生だと知り、戸惑う。職務上、女子高生と軽々しく付き合うことはできないと、功太はいきなり「結婚しよう!」とプロポーズ。かくして2人の内緒の結婚生活が始まるのだが…。 監督:廣木隆一 出演:亀梨和也、土屋太鳳他/2時間4分/松竹配給/全国公開中  http://ptojk.jp/

愛は、はかなくも強いもの『青空エール』

2017.02.15 Vol.684
 部活×純愛の感動と胸キュンがつまったイチオシ青春ストーリー! 甲子園で野球部を応援する吹奏楽に憧れ、吹奏楽部に入部する主人公・小野つばさ役に『PとJK』『兄に愛されすぎて困ってます』など、今後も注目の胸キュン映画が控える土屋太鳳。つばさと引かれ合い、応援し合いながら夢に向かって進む野球部員・山田大介役に『下町ロケット』で注目を集めた竹内涼真。『僕等がいた 前篇/後篇』など、少女漫画原作の映画を次々と大ヒットに導いた三木孝浩監督がメガホンをとる。  ブラスバンドの応援に憧れる小野つばさは、吹奏楽部の名門・白翔高校に入学。しかしトランペット初心者のつばさは何度も挫折しそうになるが、クラスメートで野球部員の山田大介と励まし合い、夢に向かって進んでいく。

土屋太鳳、亀梨和也との共演に「王子さまと出会った」

2017.02.08 Vol.683
 映画『PとJK』の完成披露イベントが7日、都内にて行われ、劇中で“秘密のカップル”役を演じた亀梨和也と土屋太鳳らが登壇した。  大人気コミックを豪華キャストで映画化した本作は、亀梨演じる真面目な警官と土屋演じる純真な女子高生の、秘密の結婚生活を描くラブストーリー。  劇中曲であるブルーノ・マーズの『Marry You』と共にドレスアップした亀梨と土屋が登場。続いて、共演の高杉真宙、玉城ティナ、西畑大吾、村上淳、大政絢、廣木隆一監督が登場し、冒頭から華やかな雰囲気に包まれた。  イベントは、亀梨と土屋による「私たちは皆様の前で宣誓いたします!」という誓いの言葉からスタート。「この映画を通して皆さんを幸せにすることを誓います」という亀梨の言葉に、会場のファンからも大歓声が上がった。    実は本格的な恋愛映画の主演は初めてという亀梨。真面目な警察官という役作りについて「監督と話しながら、警察官のリアルさを求めました。自分の中のセクシーさが溢れ出ないように抑えました(笑)」とジョークを交えて語った。そんな亀梨について土屋は「すごくクールな方だと思いきや、面白い一面もあって」と明かしつつ「心の中や行動がレディーファーストというか、とても気を使っていただいて、大人の男の人ってすごいなと思いました。王子様に出会うってこういうことかと思いながら撮影していました」と絶賛していた。  イベントでは、亀梨と土屋が大きな風船に“入刀”してヒットを祈願するなど、披露宴さながらの演出で会場のファンを楽しませた。  『PとJK』は3月25日より全国公開。

土屋太鳳が22歳の抱負「夢を感じてもらえる女優に」

2017.02.02 Vol.683
 土屋太鳳が2日、都内で行われた、雪見だいふく『世界にひとつの「ドリーム雪見」お披露目会』に出席した。  翌日3日は土屋の22歳の誕生日。イベントでは雪見だいふくをあしらったケーキが登場するサプライズ演出も。土屋は「初めて女優の仕事をしてから今年で10年になります。まだまだ挑戦したいし勉強を積み上げて、また新しい自分を見せたい」。さらに、「ドリーム雪見のようにたくさんの夢を感じてもらえる女優になりたい」と抱負を語った。   「英語だったり、料理だったり、乗馬をやりたい」と、挑戦したいこともたくさん。充実した22歳になることは間違いなさそうだ。

Copyrighted Image