乃木坂46 新内眞衣が埼玉県庁で「さいたまつり」とコラボイベント

2019.11.14 Vol.web Original
 アイドルグループ「乃木坂46」の新内眞衣が、埼玉県庁で行われたイベントに登壇した。11月14日は「埼玉県民の日」で、毎年さいたま市浦和区の県庁でイベントを開催している。昨年は約1万2000人の来場者が訪れた。  新内は埼玉県出身で、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組内で埼玉県ネタが好評だったことが評価されて「埼玉応援団」(愛称=コバトン倶楽部)に就任しており、今回で4年連続のイベント参加となる。

乃木坂46 新内眞衣が埼玉で“1日おまつり広報大使”ちゃっかり新曲PRも

2018.11.14 Vol.web Oliginal
 アイドルグループ「乃木坂46」の新内眞衣が、埼玉県庁で行われたイベントに登壇した。11月14日は「埼玉県民の日」で、毎年さいたま市浦和区の県庁でイベントを開催している。  新内は埼玉県出身で、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組内で埼玉県ネタが好評だったことが評価されて「埼玉応援団」(愛称=コバトン倶楽部)に就任しており、今回で3度目のイベント参加となる。

これ全部、中華まん!全国から100種類以上の中華まん集結/1月27日(土)の東京イベント

2018.01.31 Vol.Web Original
 埼玉県越谷市のショッピングセンター・イオンレイクタウンにて、全国各地の有名ご当地中華まんが集結する『中華まん博覧会 2018』が2月5日ま開催中。一年で一番寒いこの時期に“片手で食べるご当地グルメ”というコンセプトのもと、そこに行かなければ食べられない、ご当地ならではの中華まんを全国各地から集めて販売する。

乃木坂46 新内眞衣が地元埼玉と写真集をPR

2017.11.14 Vol.Web Oliginal

 アイドルグループ「乃木坂46」のメンバーで、ニッポン放送系制作会社でOLも務める新内眞衣が、14日埼玉県庁で行われたイベントに登壇した。14日は埼玉県民の日で、毎年埼玉県庁で開放イベントを行われており、新内は昨年「埼玉応援団」(愛称=コバトン倶楽部)大使に就任しており、今回は一日広報課長としての参加となった。

乃木坂46井上小百合が本庄市の観光大使に就任「いつか本庄市でライブをしたい!」

2017.10.01 Vol.Web Original
 アイドルグループ乃木坂46の井上小百合と水戸ホーリーホック所属内田航平選手が、埼玉県本庄市の観光大使に就任し、10月1日に同市の「はにぽんフェスティバル2017」での就任式に登壇した。  内田選手と井上は、同市の出身。観光大使に就任した感想として、内田選手は「J2でまだ知名度の低い自分を選んでもらって、素直に嬉しかったです」。井上は「生まれ育った地元に、何か恩返しができる機会をもらえたことをありがたく思っています」とコメントした。  同イベント内に行われた観光大使就任イベントで内田選手は、幼稚園時代にサッカーを始めるキッカケなどを語り、井上は地元の女堀川で、ザリガニやタニシをとった思い出や、中学生の吹奏楽部時代でのエピソードなどを語った。  また、吉田信解本庄市長との本庄弁トークで会場を沸かせた。

ムーミン物語の世界に行こう!

2016.12.12 Vol.680
 北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」とムーミン物語を主題とした「ムーミンバレーパ-ク」の2つのエリアが楽しめる新施設「メッツァ」が2019年グランドオープンする。メッツァは、埼玉県飯能市の宮沢湖を中心とした広大なエリアで、緑あふれる自然に囲まれながらムーミン物語や北欧文化に触れ、こころの豊かさを取り戻せる場所を目指している。ムーミンバレーパークでは、ムーミン屋敷や灯台など物語に登場する施設など複数のアトラクションを通しムーミン物語の追体験ができる。メッツァビレッジでは、グランピングや宿泊施設、工芸品のマーケットで自然を身近に感じることのできる施設の展開を予定している。また、ムーミンの原作者であるソフィア・ヤンソンは「世代を問わず楽しめる。悩みを抱えている人ならばこのパークで答えをみつけることができるでしょう」と語っている。ムーミンファンはもちろん、リフレッシュしたい人も自然たっぷりのメッツァに訪れてみて。 メッツァ(metsa) 【オープン時期】 2019年春グランドオープン(予定) ※「メッツァビレッジ」は2018年秋開業 【所在地】 埼玉県飯能市宮沢431番3外58筆及び湖畔市有地 【公式HP】 http://www.metsa.co.jp/

Copyrighted Image