SearchSearch

あみゅ博  〜巨大遊具を遊びつくそう!〜

2016.07.09 Vol.670

「あみゅ博」は、ウオーターアクティビティを中心とする絶叫体験アトラクションを集めた、遊べる博覧会。巨大なボールに水と一緒に入って全長100mもの坂を転がる“ずぶ濡れ”アクティビティ「ハイドロボール」、全長100mのウオータースライダーなどがある。その他にも空を滑空する「ジップライン」、クライミング体験「ウォールクライマー」、高さ20mからのバンジー「ブレイブジャンプ」など、ウオーターアクティビティを含め15のオリジナルアトラクションがある。汗をかいて、ずぶ濡れになって遊ぼう。チケットはお出かけ前にローソン・ミニストップ店頭Loppiで。当日券よりお得だ。

あみゅ博 
ローソン・ミニストップ店頭Loppiにて発売中
【開催期間】7月16日(土)〜8月31日(水)10:00〜18:00
【開催地】豊洲特設会場
【料金】1日フリーパス:大人4,400円、子供3,600円 入場のみ:大人1,400円、子ども900円
【URL】 http://www.amuhaku.jp
【チケットの購入および問い合わせ】 http://l-tike.com/event/amuhaku

ルミネ the よしもとが夏キャンペーンも「ラジオ体操はもう辞めろよ」?

2016.07.04 Vol.669

 ルミネ the よしもとの夏のキャンペーン『サマーオブラフ 2016』の概要発表会が4日、新宿の同所で行われ、とにかく明るい安村、ジャングルポケット、バンビーノ、バイク川崎バイクらが出席、意気込みを語った。

 7月23日から8月31日までの毎日、朝から夜まで、時にはオールナイトで笑いを届ける。毎年恒例の中川家の単独ライブを始め、チュートリアルやロザン、兵頭大樹のトーライブ、注目の芸人たちの単独ライブ20本、フリーライブではラジオ体操、CMなどで話題の斎藤さんゲームをトレンディエンジェルの斎藤がルール作りを行い、それを斎藤さんと一緒に楽しめるという企画までさまざまだ。

 単独ライブには、バンビーノを始め、とろサーモン、ニューヨーク、囲碁将棋、銀シャリらが出演。バンビーノの石山大輔は「単独ライブ(に来てくれるの)は家族連れが多いので、キレキレなのをやるとスベるんですよ」としたうえで、「ここでやったネタを、キングオブコントでやることも…」と話した。

 終始和やかな発表会だったが、大きな声が飛び交う場面も。人気企画のフリーライブについての説明中、とにかく明るい安村が「(このライブを)辞めろよ!」と野太い声。今夏の「爆笑ネタとビッグマウンテンヒデオのラジオ体操」にあたる企画コーナーに昨年何度も駆り出されたといい、「ラジオ体操のスタンプをもらいたいから、(同じ)子供たちが毎日一番前にいるのに、(ビッグマウンテンヒデオは)いつもネタが一緒だった!」と苦々しい顔だった。

夏を遊びつくせ! 東京、遊び場コレクション

2016.06.25 Vol.669

 梅雨が終われば、東京に夏がやってくる! 暑い夏をポジティブに過ごすには、夏の醍醐味を味わえるイベントに出かけるべし。水と触れ合い体を動かす爽快さを楽しむもよし。日本の夏の風流さに浸りながら涼むもよし。大人も子供も夏を満喫できる東京の“夏”イベントを今からチェック。

小島瑠璃子、安全な海外旅行を応援「何かあってからでは遅い」

2015.07.02 Vol.645
20150702a.JPG
 小島瑠璃子が外務省の「海外安全キャンペーン」のイメージキャラクターに就任し、1日、羽田空港国際ターミナルで行われたイベントに出席した。

 イベントは、海外旅行などに出発する前に旅先や滞在先、滞在期間や連絡先などを登録することで旅先の最新の安全情報や現地での緊急事態発生時に役立つサービス『たびレジ』や、行きたい国はもちろんGPS機能を利用して現在地や周辺の国や地域の安全情報がすぐ分かるアプリ『海外安全アプリ』を紹介したもの。

 先日、シンガポールへ行ったという小島は、「両親にいわれて、出発前に海外安全情報ページを見ました。とても役立ちました」と、コメント。渡航前だけでなく、旅先でも最新の安全情報が手に入る『たびレジ』や新アプリについても「頼りたい時に手のなかにあると安心。行く前に準備として(登録を)必須にしたほうがいいですね」。また、「何かあってからでは遅い。国民総アプリになれば。私も友達や家族にもお願いしたい」と、PRした。

 イベントには、中根外務大臣政務官も登壇し、仕事や旅行などで海外へ出かける際には「世界は日々動いていて、危険な地域もあります。(海外に出かけるときには)新しい情報を確認していってほしい。安全に旅行をしてほしい」と、話した。

新しい高速船で楽しむ 熱海&初島パッケージの ウイークエンドブレイク

2014.05.24 Vol.618

 気軽に楽しめる週末旅行の定番ディスティネーションの熱海。新幹線を使えば東京から1時間弱と、土日だけしか時間が取れなくても比較的ゆったりした旅行を楽しめるので、昔も今も年間を通じて多くの観光客が訪れている。

 そんななかで、離島人気を背景に、熱海と初島をパッケージにして楽しむスタイルが注目を集めている。熱海または初島のどちらかに宿をとり、両方のいいところを味わおうという欲張りな計画だ。初島には、南国のリゾート気分が味わえる初島アイランドリゾートのほか、獲れたばかりの魚介など島の味を楽しめる食堂街、さらには新鮮な海の幸で楽しむバーベキューハウスなどの設備など、見どころも満載。風情のある温泉地である熱海とは違った楽しさにあふれている。

 熱海と初島を船で結んでいる富士急行では、この春、この航路で、新クルーズ船を就航した。20年ぶりに新造した高速船「イルドバカンス プレミア」がそれで、約25分で熱海と初島を結ぶ。

 船は、短い船旅ながらも離島への優雅な旅を最大限に演出する。外観は白を基調にしており、内部は温もりを感じる木目調で統一。家族やグループでの船旅を満喫できるボックスシートを設置。海向きに設置されたペアシートでは、キラキラと光る海を見ながらロマンティックな船旅も楽しめそう。

 また、車いすでも楽に乗下船ができるエレベーターや、船内に車いすを安定させる設備もつけるなど、バリアフリーにも気を配っているのも特徴だ。

 普段は定期船として就航しているが、それ以外の時間なら貸切船としても使える。それを見越し、パーティーにも利用できるようなカウンターテーブルも用意されている。

 気軽に行ける週末離島の旅、夏休み前にいかがですか? 

Copyrighted Image