夏休み最後の冒険に!「かがくのとも」が初の科学イベント/8月25日(日)の東京イベント

月刊科学絵本「かがくのとも」創刊50周年記念『あけてみよう かがくのとびら展』開催中
 千代田区のアート施設「アーツ千代田 3331」にて、現在『あけてみよう かがくのとびら展』が行われている。

 1969年の創刊以来『はははのはなし』や『みんなうんち』などの大人から子どもまで愛される作品を多数生み出した月刊科学絵本「かがくのとも」が贈る初の体験型展示会。50年分の「かがくのとも」の表紙が一同に会したエントランスには、思わず足を止めて見入ってしまうことだろう。エントランスを抜けると五味太郎作『みんなうんち』のイラストを使用したメインビジュアルが登場! トイレ型の模型に座れば、みんなに混じって記念撮影を楽しめる。
「かがくのとも」の歴史を振り返るエントランス。お気に入りの号はどこかな?
1 2 3 4>>>
回され続けて40年!実はハンガリー生まれ「ルービックキューブ40周年展」開幕
ステイホームで東京ゲームショウ「東京ゲームショウ2020オンライン」
ドラえもんの50年をふりかえる 川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
屋久島や小笠原の自然美を堪能。国立科学博物館の企画展がスタート
貴重なクレイ人形や撮影フィルムも!「ピングー」40周年、銀座で初の大規模展
世界で一番有名なペンギン「ピングー」 松屋銀座で40周年を記念した展覧会