佐野勇斗、最新映画でW主演の本郷奏多は「優しい兄貴」 又吉直樹原作の『凜 -りん-』

2019.01.26 Vol.Web Original
 映画『凜 -りん-』(2月22日公開)のプレミア試写会が25日、都内で行われ、W主演となる佐野勇斗と本郷奏多ほか主要キャストと、池田克彦監督が登壇した。

平祐奈が「ワンピース音宴」の応援サポーターに就任

2018.06.11 Vol.Web Original

 平祐奈が『ONE PIECE』の初のブラス・エンターテインメント「ワンピース音宴(おとうたげ)~イーストブルー編~」の応援サポーターを務めることが11日、分かった。 「ワンピース音宴」は、大ヒットアニメ『ONE PIECE』の世界を音楽とパフォーマンスで表現するステージ。キャラクターを演じるパフォーマーのダンスやアクション、管楽器やパーカッションを体の一部のように扱るミュージシャンの演奏で「イーストブルー編」の名シーンを、音楽とパフォーマンスとアニメ映像で再現する。キャストはオーディションを経て選ばれた日米総勢35名のキャスト。さまざまなライブショーを手掛けている金谷かほりと『ONE PIECE』の名曲たちを生み出した田中公平がタッグを組み展開される。  平は「海賊団がトランペットやチューバやトロンボーンで「ウィーアー!」を演奏しながらジャンプしたり走り回ったりするって…私もトランペットを吹くのですが、絶対に人間業じゃない!! そんな息の荒い、暑い夏「ワンピース音宴」の世界初演を皆さんと目撃できるのが楽しみです!」と、息の荒いコメントを寄せている。  8月12日~9月2日まで全28公演。東京国際フォーラム・ホールCにて。

平祐奈 「イタリア語のスタンプ送ってます!」  

2016.09.29 Vol.675
  平祐奈と加藤諒が出演する「LINE バイト」の新CM発表会が28日、都内で行われ、平と加藤が仲良く登壇した。平は「(LINE バイトで)たくさんバイトしてください! 私もバイトをしたくなりました」とPR。加藤も「楽しいバイト生活を夢見ながら(バイト求人に)応募して! 応援しているので頑張って!」とエールを送った。 「LINE バイト」は、LINEを使って、アルバイトを探したり求人に応募できたりもするアルバイト求人サービスだが、新CMに起用された2人はなんとアルバイト未経験。加藤は「バイトをしたことがないのにCMに出演させていただいてありがとうございます」と恐縮しきりだった。ただ、アルバイト経験はないが応募経験はあると話し、7社受けて全滅だったことを告白。「履歴書を送って面接までいくんですけど、そのあと落ちるんですよねー。後日連絡しますって……連絡が来ないんです。そのなかには漫画喫茶もあったんですよ!」と、ぶちまけた。    イベント終了後の取材では、発表会中に平が話した「イタリア語のスタンプ」が話題に。「姉の愛梨とは一緒に住んでいるので(アモーレの話は)、いつもします。楽しそうですね。自分に(アモーレ)はいません」と、笑った。    

平祐奈「ちゃんと高校生に見えているか心配でした(笑)」

2015.06.21 Vol.645
 大人気フリーホラーゲームムービー待望の第2弾「青鬼 ver. 2.0」が公開される。スケールアップした同作のヒロインを演じるのは映画やCM、ドラマなどで活躍中の平祐奈。映画ではしっかりものの学級委員長を演じる。 「私が演じた杏奈は、学級委員なのでしっかりしているのですが、母性本能が強くて、周りの事を常に心配しているような女の子です。真面目だから、不登校のシュン君が心配で家にまで行くんですけど、そういう積極性もある。明るくて、しっかりしていて、クラスメイトのことを気にかけているお母さん的な存在なのかなと思って演じました。でも心配なのが、ちゃんと高校生に見えているのかな…っていうことです(笑)。実際、役と同じ高校2年生なんですけど、普段から中学生役が多いので…。ひろし役の(中川)大志君は同じ年だけど、すごく大人っぽいし、ほかのキャストのみなさんも年上なので、同級生に見えるように、気を付けながら演じていました」  出てくる青鬼が怖すぎますが…。 「怖いというより気持ち悪いですよね。実は1作目を夜1人で見たんですよ。それで自分も食べられるのかなって思うとすごくブルーになって(笑)。でもこのホラーの世界観の中に入れるんだと思ったらちょっと楽しいかもしれないと思い直して…。結局、台本をいただいて読んだら、恐ろしいジェイルハウスに入らなくていい役だったのでホっとしつつも、ちょっと入りたかったという気持ちにも。普段絶対にできない体験だし、撮影なら怖くないかもって(笑)」  前作よりさらに怖さが増した同作、ずばり見所は! 「パワーアップしてver. 2.0になりましたが、怖いだけじゃないところに注目していただければ。もともとゲームなので、キャラクターの動きが早くなったり、ちょっと笑えたり、ゲーム感覚でも楽しめます。また友情がテーマの青春映画の要素もありますので、学生さんや若い方には共感できることが多いんじゃないかな。あっ、もちろん青春を体験した大人の人も楽しめると思います(笑)」

Copyrighted Image