田中裕子と蒼井優が“二人一役”50万部超のベストセラー小説『おらおらでひとりいぐも』映画化決定!

2020.02.16 Vol.727
 第158回芥川賞と第54回文藝賞をW受賞し、50万部を突破するベストセラー小説『おらおらでひとりいぐも』の映画化が決定した。当時63歳の新人・若竹千佐子のデビュー作で、夫を亡くしてひとり暮らしをする74歳の桃子さんを主人公に、〈おらだば、おめだ。おめだば、おらだ〉と脳内からジャズセッションのように湧き上がる東北弁を織り交ぜながら、これまでの人生を振り返りたどり着いた「老いの境地」を描く。  主演は現在の桃子役に田中裕子、若い頃の桃子役に蒼井優が決定。なお、田中の映画主演は15年ぶりで、蒼井との共演は今回が初となる。監督は『南極料理人』、『横道世之助』の沖田修一が務め、脚本も原作に惚れ込んだ沖田自身が執筆した。原作『おらおらでひとりいぐも』は絶賛発売中、映画は2020年公開予定。

高橋一生「結婚したくてしょうがない」?映画初日舞台挨拶で暴露されタジタジ

2020.01.24 Vol.Web original
映画『ロマンスドール』の初日舞台挨拶が24日、都内で行われ、俳優の高橋一生、蒼井優らが出席。高橋の結婚願望が語られ、会場を盛り上げた。 ラブドール制作工場という型破りな設定とセンセーショナルな展開が話題となった恋愛小説『ロマンスドール』。発表から12年、原作者のタナダユキ自らが脚本・監督を務めて映画化され、現代のラブストーリーを描いた。 主人公・哲雄を演じた高橋は「撮影から一年が経ちました。この日が来るのを楽しみにしていました」と挨拶。ラブドール職人という今までにない役柄を演じるにあたって、実際に工場を訪れたという高橋。「皆さん職人さんのように、工芸品を作るような作業をされていましたね」と工場見学の体験を語った。

【明日何を観る?】『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』『ロマンスドール』

2020.01.24 Vol.726

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』

 ある出版社のオーナーが世界的ベストセラー「デュダリス」三部作・完結編の出版権を獲得したことを発表。全世界一斉発売のため9カ国語の翻訳者がフランスの豪邸に集められる。すべての通信機器を没収された彼らは監視付きの地下室で仕事をすることに。
監督:レジス・ロワンサル 出演:ランベール・ウィルソン 他/1時間45分/ギャガ配給/1月24日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町他にて公開 https://gaga.ne.jp/9honyakuka/

【2019年振り返り 6月編】老後資金に2000万円必要? 香港で大規模デモ始まる。バスケ八村がNBAドラフト1巡目指名

2019.12.24 Vol.Web Original
 6月はいきなり衝撃的な数字を突き付けられた。  3日には金融審議会が「老後資金に2000万円必要」という報告書を公表する。みな漠然と「今の年金システムじゃ、それだけではそこそこの生活水準をキープするのは無理なのでは…」と薄々感づいてはいたが、改めて数字で示されるとショックは大きい。麻生太郎財務相はこの数字については「人生設計を考える時に、100まで生きる前提で退職金(をどう使うか)って計算してみたことある? 普通の人、俺はないと思うね。自分なりにいろんなことを考えないとダメだ」などとごもっともな発言。しかし2000万円という数字のインパクトに世間の注目が集まり、「“100年安心”って言ってたやん!」的な批判が高まると、7日には麻生氏は「老後を豊かにする額を示したものだ」と説明し、不足額を表す赤字という表現を使ったのは「不適切だった」と釈明。そして11日には「この報告書を受け取らない」というなんとも意味不明な決断で幕引きを図った。参院選が控えているとはいえ、一部始終が報道されているのであまり意味のない行動のように思えるのだが…。  5日には芸能界に衝撃が走る。一部スポーツ紙が南海キャンディーズの山里亮太と女優の蒼井優が結婚していたことを報道。同日、夜に揃って会見を行った。山里は、蒼井について「一生でこんなに素敵で、(考え方などが)合う人は出てこないと思った」、蒼井は「一緒にいてしんどいくらい笑わせてくれる。お付き合いさせていただくときから、結婚を念頭に置いていた」などとそれぞれ話した。蒼井は映画「フラガール」で山里の相方である山崎静代と共演。山崎を通じて一緒に食事をしたことがきっかけで4月から交際を始め、5月3日に婚姻届を提出したという。  9日には香港で政府の「逃亡犯条例」改正案に反対する大規模なデモ行進が行われた。同条例は中国本土への容疑者引き渡しを可能にするもの。香港は中国本土との間に犯罪人引き渡し協定を結んでおらず、条例が改正されれば、共産党に批判的な人物の移送に利用される恐れがあると民主派が反発した。以降、香港では一般市民、学生もデモに参加。その後もデモは拡大の一方。10月23日には香港政府が「逃亡犯条例」改定案を正式に撤回したものの、デモは収まらない。11月24日に行われた香港区議会(地方議会)選挙では民主派が8割超の議席を獲得して圧勝。  また中国の習近平体制に、香港でのデモ弾圧を自制するよう圧力をかける米国の「香港人権民主法」が11月27日に成立し、米中の人権問題に関する対立が深まるなど各所に飛び火している。  20日(日本時間21日)には米プロバスケットボールNBAのドラフト会議でゴンザガ大の八村塁(21)が日本選手として初となる1巡目(全体9位)でウィザーズから指名を受けた。ドラフトを経てNBA入りするのは日本人で初。八村は背番号「8」を背負い、10月の開幕戦から先発出場するなど中心選手として活躍している。

蒼井優と高橋一生、共演者から“夫婦の営み”シーンをほめられる

2019.12.18 Vol.web original

 映画『ロマンスドール』完成披露試写会が18日、都内にて行われ、高橋一生、蒼井優、三浦透子、きたろうとタナダユキ監督が登壇した。  ラブドール職人と、一目ぼれで結婚した妻との10年間をつづったタナダユキの同名小説を、タナダ監督自らが映画化。高橋と蒼井の映画共演は『リリィ・シュシュのすべて』以来19年ぶり。タナダ監督と蒼井のタッグは『百万円と苦虫女』以来となる。  久しぶりの映画共演で夫婦役を演じた蒼井について高橋は「“リリィ・シュシュ”のとき蒼井さんは14歳、僕はもう20歳を過ぎていたので、現場で遊ぶといっても遊び方が違うんですよね」と振り返り「僕らは大人ぶってビリヤードに行くかとか言っていましたが、優ちゃんは何をしてたんだっけ」と蒼井に話を振ると、蒼井は「私はカエルをつかまえて遊んでいました。リリィとシュシュという名前をつけて市原隼人くんとかわいがっていましたね」とほほえましいエピソードで会場を笑わせた。

菊地亜美が南キャン山ちゃんと蒼井優の結婚を祝福「会見見て号泣した」

2019.06.12 Vol.Web Original
山里については「自分じゃなくて誰かに紹介したい人」
 タレントの菊地亜美が6月12日、南海キャンディーズの山里亮太と女優の蒼井優の結婚について「感動した。お似合いの二人」などと話した。  菊地はこの日、お笑いコンビ、野性爆弾のくっきーとともに都内で行われたアドビのキャンペーン発表イベントに参加。その後の囲み会見で語ったもの。  菊地は山里とはバラエティー番組で多く共演するなど気心の知れた仲。6月5日の結婚発表会見について「素敵でした。本当に感動した。いろいろな芸能人の方の熱愛や結婚があった時でも“ああ結婚したんだ”くらいしか思わないのに、山里さんの時は会見を見て号泣した。山里さんのお母さんのコメントを見てまた感動した」などと話した。  そして「山ちゃんには直接、“こんなに優しくて、仕事もできて、素敵な人が結婚していない意味が分からない”って言っていた。絶対に争奪戦になると思っていた。“あんなブサイクなのに結婚できるなら俺もできる”って言ってる世間の声を聞いたら、山ちゃんの良さを分かっていない人ほどナンセンスだと思っちゃう。蒼井さんはあんな旦那さんを捕まえて羨ましいと思う」と山里を大絶賛した。  しかし「もし山里にプロポーズされていたら?」と問われると「ないですね。自分じゃなくて誰かに紹介したい。蒼井さんには申し訳ないけど。ずっと誰かに紹介したい人ランキング1位だった」と上げたり下げたり忙しい菊地だった。

山里亮太と蒼井優が結婚報告 しずちゃん同席の3ショット会見は笑顔絶えず

2019.06.06 Vol.Web Original
 お笑いコンビ、南海キャンディーズの山里亮太と蒼井優が3日入籍、5日、都内ホテルで結婚報告会見を行った。キューピッド役を果たした南海キャンディーズのしずちゃんこと、山崎静代も同席する異例の3ショット会見で、約1時間の会見は、最初から最後まで笑顔が絶えなかった。  山里、そして蒼井の順で会見場に登場。ステージ前で山里はごく自然に振り返って、蒼井に先に上がるように促し、自分は後に続いた。フラッシュが激しく炊かれるなか山里は「お気づきのようにガチガチに緊張しています」と一言感想を漏らすと、「我々、山里亮太と蒼井優は、先日6月3日に入籍させていただきました。今後もよろしくお願いします」と挨拶。蒼井も「よろしくお願いします」と頭を下げた。

山本美月「そのニュースで目が覚めた」出身校の先輩・蒼井優の結婚報道に祝福

2019.06.05 Vol.Web Original

 アートアクアリウム アーティストの木村英智が手がける“水族アート展覧会”「アートアクアリウム 2019」の記者発表会が5日、会場となる日本橋三井ホールにて行われ、同アンバサダーを務める女優の山本美月が友禅の着物姿で登壇。出身校の先輩にあたる女優・蒼井優と山里亮太(南海キャンディーズ)の結婚報道を受け「ものすごく幸せを分けてもらえた気持ちになりました」と笑顔で祝福した。  蒼井とは同じ福岡の出身。通っていた時期は重なっていないものの「(出身の)中学校が一緒でした。以前、お仕事でご一緒させていただいたときに(出身が一緒だと)お話しをしました」と振り返った山本。「今日はそのニュースで目が覚めました」と驚きを明かし、自身の理想については「幸せであればどんな形でもいいです」とにっこり。

山里亮太と蒼井優が入籍発表! 今夜会見

2019.06.05 Vol.Web Original
 お笑いコンビ南海キャンディーズの山里亮太が女優の蒼井優と入籍したことを、5日、山里が所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーが発表した。蒼井は妊娠はしていない。 今夜、入籍発表会見が行われる。  情報番組『スッキリ』では、山里の親友である『天の声』も報告した。  報道によれば、交際がスタートしたのは4月から。4月7日に都内で行われた東京2020パラリンピック500日前のイベントに参加した際には、パラリンピックは「未来のお嫁さんと観たい!」と大胆告白。開催までの500日でお嫁さん候補を探し、交際し、結婚まで決めたいと、スピード婚に意欲を示していた。

【インタビュー】芦田愛菜×石橋陽彩 話題の2人が初共演!14歳が出会ったかけがえのない夏

2019.06.03 Vol.718
 幻想的な海の世界と生命の神秘を描いた映画『海獣の子供』が、6月7日に全国公開される。数々の映画やドラマで幅広く活躍する女優・芦田愛菜と『リメンバー・ミー』のミゲル役で一躍注目を浴びた石橋陽彩。話題の2人が14歳の同世代初共演を果たした。

【明日何を観る?】『アナと世界の終わり』『長いお別れ』

2019.05.30 Vol.718

『アナと世界の終わり』

 イギリスの田舎町で父と暮らす高校生アナはパッとしない日々から抜け出すべく進学せず世界を旅することを計画していた。ところがある日突然、町がゾンビに襲撃される。父やクラスメイトを救うためアナは友人のジョンとともにゾンビに立ち向かおうとするが…。
監督:ジョン・マクフェール 出演:エラ・ハント、マルコム・カミング他/1時間38分/ポニーキャニオン配給/5月31日(金)より新宿武蔵野館ほか全国公開  http://anaseka-movie.jp/

Copyrighted Image