ヤマザキマリ「すごいやる気」銭湯が2020年の東京を熱く都内の銭湯でフェス開催!

2019.10.19 Vol.723
 東京都内の銭湯がタッグを組んで行われる「TOKYO SENTO Festival 2020」の制作発表が銭湯の日である10月10日午前10時10分から都内で開かれ、ヤマザキマリを筆頭に、大原大次郎、大塚いちお、青木尊、星清美のフェスティバルに参加するアーティスト、監修を務めるペンキ絵師の田中みずきが登壇した。  都内約550カ所の銭湯が一丸となって展開する一大アートプロジェクト。軸となる「銭湯アートプロジェクト」では、マンガ、タイポグラフィ、『生(き)の芸術』アール・ブリュットの表現者など、異なるフィールドで活躍するアーティストがそれぞれ銭湯でアートを展開する。 「いつのまにか、お風呂漫画家と呼ばれるようになった」と笑う『テルマエ・ロマエ』のヤマザキマリは、代々木八幡の八幡湯で、『古代バラネイオンの湯』と題し、古代オリンピックのある日の風景の楽しさを描くという。若くしてイタリアに留学。お風呂に入るということが重要ではない地域で、銭湯好きだったヤマザキは苦しんだそう。今でも家族や友人は日本のお風呂の熱さに驚いてすぐ出ていってしまうというエピソードを紹介すると、「本来存在する日本の素晴らしさを分かってもらうには銭湯は最高のツールだと思うので、やる気まんまん。あまり大きい絵は関わったことがないのですが、助っ人に手を貸してもらいながらやれることをやりたい」 『古代バラネイオンの湯』については「バラネイオンはギリシャ語でお風呂。古代のオリンピックが何なのかということを分かったうえで(2020年の)オリンピックが成立しているのが分かったほうがちょっとクールだと思った。古代ギリシャ、古代ローマの人たちが楽しんでいたお風呂と、古来からあった運動を結び付けられるのは、日本しかないかなと思った。入ることによって、オリンピックってもともとこんなのだったなと観察しながらたのしんでいただけるお風呂になれば」と、話した。  TOKYO SENTO Festival 2020は、ゴー風呂の日の2020年5月26日から9月6日まで開催予定。

銭湯も2020年の東京を熱くする!「TOKYO SENTO Festival 2020」

2019.10.10 Vol.Web Original
「TOKYO SENTO Festival 2020」の制作発表が銭湯の日である10月10日午前10時10分から都内で開かれ、ヤマザキマリを筆頭に、大原大次郎、大塚いちお、青木尊、星清美のフェスティバルに参加するアーティスト、監修を務めるペンキ絵師の田中みずきが登壇した。

東京の健康ランドランキングTOP10!都内の24時間やサウナ・宿泊も ♬

2019.01.09 Vol.8

健康ランドとは

健康ランドとは①:日本の大規模な公衆浴場

健康ランドとはのその1は、簡単に言うと「日本の大規模な公衆浴場」です。温泉の種類は薬湯やジャグジーバス、打たせ湯、サウナなどの多様にあり、リラクゼーションコーナーやマッサージコーナー、仮眠・宿泊室の他にも、カラオケやゲームコーナーなどのアミューズメント施設、レストランなどたくさんの娯楽集合施設です。

家族やカップルで楽しめる施設として、近年では東京都内のスーパー銭湯や、東京の近くの健康ランドなど、新しい温泉施設がたくさんできて、ちょっとしたブームとなっています。家族旅行でホテル代わりに使ったり、一人旅で宿代わりに利用したりと、利用しやすさも人気のひとつです。気軽に温泉を楽しめるおすすめ施設です。

健康ランドとは②:手ぶらで気軽に利用できる温泉施設

健康ランドとはその2は、タオルや館内着、シャンプーやせっけんなどの入浴グッズがそろっていて、手ぶらで気軽に利用できる施設がたくさんあることです。東京近くの健康ランドやスーパー銭湯は館内施設が充実しているので、何も持たずに思い立ったらふらっと利用できるのが最大のメリットであり、とても魅力的な施設です。

ドライブしていたり、レジャーの帰りに疲れを癒したいと突然思い立った時でも、健康ランドやスーパー銭湯ならどんな入浴グッズでも揃っているので、安心して立ち寄ることができます。一日遊んだ心身の疲れを温泉で洗い流し、お食事処で美味しいご飯を食べて、翌日の活力を補給するのも素敵な休日の過ごし方ですね。

東京の健康ランドの楽しみ方

東京の健康ランド・スーパー銭湯の楽しみ方①近くて日帰りで利用できる

東京の健康ランドの楽しみ方の1つ目は、日帰りで気軽に利用できる点です。東京近くの健康ランドやスーパー銭湯なら思い立ったらすぐに行くことができ、仮眠室・休憩スペースなど長時間の滞在も可能なので、1日中ゆっくりのんびりと過ごす事ができます。日頃の疲れを癒してリラックスでき、リフレッシュに最適な施設です。

健康ランドやスーパー銭湯を楽しむ為には、多くの人がお互い気持ちよく入浴するために、入浴時のマナーも大切です。温泉の場合、普段のお風呂と温度が違ったり、刺激の強い温泉成分もあったり、泉質や成分に順応するようにゆっくり、体を慣らして体調を崩さないようにしましょう。入浴の際は体調管理も気をつけたいですね。

東京の健康ランドの楽しみ方②温泉以外にも食事やマッサージなどが楽しめる

東京の健康ランドの楽しみ方の2つ目は、温泉以外にも食事やマッサージなどの施設が併設されています。スーパー銭湯や健康ランドは、受付時に専用バーコード付きのリフトバンドキーを渡されます。館内での飲食やマッサージなどを利用する時に、リストバンドを使用して帰宅時にすべてまとめて清算する便利なシステムです。

温泉で体と心を温めた癒した後は、マッサージやリラクゼーションで心身をしっかりほぐし、お食事処で美味しくて健康的な食事を楽しむ、このすべてを一か所で叶えられるのが、健康ランド・スーパー銭湯の魅力です。小さいお子さん連れでも一日退屈せずに楽しめるので、お一人でも家族連れでも癒しの休日を満喫できますね。

東京の健康ランドの楽しみ方③サウナや宿泊なども館内着でのんびり過ごせる

東京の健康ランドの楽しみ方の3つ目は、館内には仮眠室があり宿泊もできる点です。館内着でのんびりと過ごせる上に、普通にホテルに泊まるよりも安くてお得に宿泊することができるので、宿泊先に困った時の救世主とも言えます。仮眠室の特徴は、男女しっかり離れているので女性の方でも安心して眠ることができることです。

仮眠室でちょっと仮眠を取りたい時でも、がっつり眠りたい時でも、そんなシチュエーションにも利用できますので、目的に合わせた使い方ができます。出張時の宿泊にも利用可能です。朝から温泉やサウナに入ってすっきりして、ビジネスやレジャーに向かう1日の始まりに、非日常的で楽しくてワクワクする体験ができますね。

東京の健康ランドおすすめランキングTOP10【前半】

東京の健康ランドおすすめランキング第10位:秋川渓谷「瀬音の湯」

東京の健康ランドランキング第10位は、東京とは思えない緑あふれる場所にある「秋川渓谷 瀬音の湯」です。「美肌の湯」としても知られ、秋川のせせらぎが聞こえる露天風呂が気持ちよく疲れがぶっ飛ぶ魅力の温泉施設です。施設内には宿泊用コテージや和食レストラン、無料足湯などがあり、家族連れにもおすすめ施設です。

【公式サイト】http://www.seotonoyu.jp/

東京の健康ランドおすすめランキング第9位:よみうりランド「丘の湯」

東京の健康ランドランキング第9位は、よみうりランドの「丘の湯」です。男女併せて157坪の巨大露天風呂が自慢で、岩風呂、寝転び湯、壺湯、漢薬蒸風呂など、多種類の温泉を楽しめます。施設内にはお食事処や手もみ・足つぼ・あかすり処、髪剪處などもあり、頭から足の先まで全身のケアができ、最高の気分が味わえます。

【公式サイト】http://www.yomiuriland.com/okanoyu/

東京の健康ランドおすすめランキング第8位:昭島温泉「湯楽の里」

東京の健康ランドランキング第8位は、源泉かけ流しの湯「昭島温泉 湯楽の里」です。肌に優しい弱酸性の「高濃度炭酸泉」で、全身の血管を拡張し血液の循環をよくする効果が人気です。冷え性やむくみ、やけど、切り傷、肩こり、関節痛などの効能があります。他にも岩盤浴や露天風呂、サウナ、お食事処など充実しています。

【公式サイト】https://www.yurakirari.com/yura/akishima/

東京の健康ランドおすすめランキングTOP10【中盤】

東京の健康ランドおすすめランキング第7位:稲城天然温泉「季乃彩」

東京の健康ランドおすすめランキング第7位は、多摩にある温泉と岩盤浴「稲城天然温泉 季乃彩」です。泉質はナトリウム炭酸水素塩・塩化物温泉で、毛穴の汚れや肌の余分な角質をとり除き、お肌をツルツルにする『美肌の湯』が人気です。ゆったりと流れる時間の中で、心も体も芯から癒されるおすすめの温泉です。

【公式サイト】http://www.tokinoirodori.com/

東京の健康ランドおすすめランキング第6位:高井戸天然温泉「美しの湯」

東京の健康ランドおすすめランキング第6位は、高井戸天然温泉「美しの湯」です。京王井の頭線高井戸駅から徒歩2分の好立地にある琥珀色の泉質の天然温泉で、東京とは思えない静かで優雅な空間が魅力です。春は桜、夏は新緑、秋は色鮮やかな紅葉に、冬は雪景色を堪能でき、身も心も癒されるおすすめのスーパー銭湯です。

【公式サイト】http://utsukushi-yu.com/

東京の健康ランドランキング第5位:檜原温泉センター「数馬の湯」

東京の健康ランドおすすめランキング第5位は、都内とは思えないほど自然に恵まれた檜原温泉センター「数馬の湯」です。温泉は圧注浴風呂にジャグジー、露天風呂などがあり、館内にはお食事処やリラクゼーション、近くには川遊びの場など、家族みんなで1日楽しめる施設です。山間地を活かした「トラッキングツアー」もあり自然を満喫できます。

【公式サイト】http://kazumanoyu.net/

東京の健康ランドおすすめランキングTOP10【後半】

東京の健康ランドランキング第4位:SPA&HOTEL和-なごみ-

東京の健康ランドおすすめランキング第4位は、源泉掛け流し黒湯天然温泉「SPA&HOTEL和-なごみ-」です。黒褐色の冷鉱泉は「黒湯」と呼ばれ、健康・美容はもちろん体の芯まで温まるのが特徴の源泉です。皮膚を清浄して不要な皮脂や分泌物を洗い流し、お肌を滑らかにしツルツルすべすべになるスーパー銭湯です。

【公式サイト】https://www.spa-nagomi.com/

東京の健康ランドランキング第3位:東京ドームシティ「スパラクーア」

東京の健康ランドおすすめランキング第3位は、東京ドーム天然温泉「Spa LaQua(スパラクーア)」です。琥珀色のお湯の天然温泉で、保湿・保温性に優れていて「痩身の湯」「美人の湯」と呼ばれています。レストラン&カフェやスパ施設を併設した「トータルでキレイがかなう」贅沢な温泉です。

【公式サイト】https://www.laqua.jp/spa/

東京の健康ランドランキング第2位:中之郷温泉「やすらぎの湯」

東京の健康ランドおすすめランキング第2位は、八丈島にある中之郷温泉「やすらぎの湯」です。木造作りでこぢんまりとした温泉施設ですが、桧の浴槽が心地よく泉質はやわらてフワッとした落ち着く温泉施設です。浴槽からの黒潮の一望・海の展望が素晴らしく、晴れた日は青ヶ島まで望める圧巻の自慢の眺望です。

【公式サイト】http://www.town.hachijo.tokyo.jp/onsen/yasuragi.html

東京の健康ランドランキング第1位:深大寺温泉「湯守の里」

東京の健康ランドおすすめランキング第1位は、武蔵野の自然の面影を残す天然温泉「深大寺温泉 湯守の里」です。スパにリラクゼーション、岩盤浴、お食事処などスーパー銭湯として都民に愛されています。「人と自然の調和と共生をテーマにした天然日帰り温泉」をコンセプトに、温泉の質を最優先にした源泉が楽しめますよ。

【公式サイト】http://www.yumorinosato.com/

東京の健康ランドやスーパー銭湯で日頃の疲れやストレスをリフレッシュ!

いかがでしたでしょうか。東京都内や東京都区内の近くの健康ランド・スーパー銭湯をおすすめランキング形式でご紹介いたしました。日頃の疲れを癒すためには、じっくりのんびり源泉のいい天然温泉に浸かって、全身をメンテナンスし、休憩処でゆっくりと休む、これが一番のリフレッシュ方法かもしれませんね。

各施設の利用料金は大人約1000〜2500円くらいと、通常の銭湯に比べるとお高く感じますが、一日楽しめるアミューズメント施設だと思うと、その価格も納得ですよね。たくさんの種類のジャグジー、サウナ、薬湯など、ご自宅のお風呂では堪能できない温泉で、心も体も癒される非日常的な時間を過ごしてくださいね。

海外からのお客さん、いらっしゃい! 羽田空港で銭湯文化をPR

2017.02.20 Vol.684

 イベント『羽田空港から銭湯文化を世界に発信!2017 ~みんなでSENTOをもりあげよう!~』が18、19日の2日間、羽田空港国際線旅客ターミナルで開催された。  訪日観光客を中心に、より多くの人に銭湯の利用をPRするイベント。日本語と英語をミックスしたバイリンガルの銭湯紙芝居や銭湯画家の丸山清人氏を招いての銭湯画教室、銭湯トークショーなどが行われ、子供から大人まで多くの人が、さまざまな角度から銭湯文化を味わった。  銭湯業界では、2020年に東京五輪を控え、訪日観光客に対して積極的にアピールを行っている。英語をはじめとした多言語のポスターを掲出して銭湯のマナーを分かりやすく紹介したり、各銭湯に指を指すことでコミュニケーションが取れるツールが配布され、対応できるようにしているという。  全国公衆浴場業生活衛生同業組合連合会の近藤和幸理事長によれば、銭湯側が訪日外国客へのコミュニケーション上の不安を感じて戸惑う時期は「もう過ぎた」。訪日観光客をもてなす用意はできているといい、各銭湯に英語でのメッセージを記したシールを配布するなど、海外からの観光客に対して銭湯の敷居を低くしていくという。

銭湯のルール 知ってる? バイリンガル紙芝居で世界へ

2014.11.23 Vol.631
お台場・デックス東京ビーチ内の台場一丁目商店街で13日、紙芝居『Amazing! This is the SENTO rules!』が上演された。銭湯でのルールや文化を伝えるもので、英語と日本語のバイリンガル形式で上演。小さな子どもたちからシニア層まで多くの人の注目を集めた。

Copyrighted Image