阪神の藤川が今季限りで引退

2020.09.11 Vol.733

 阪神の藤川球児投手が9月1日、兵庫県西宮市内で引退会見を行った。  藤川は高知商高から1999年にドラフト1位で阪神入り。剛速球を武器に2005年のリーグ優勝に貢献。2013年から米大リーグのカブスとレンジャーズに所属したが、右ひじの手術などで苦しみ、通算3セーブに終わる。2015年途中から日本に戻り、四国アイランドリーグの高知に所属。そのオフに阪神に復帰。復帰当初は中継ぎとして活躍したが、2019年は抑えに復帰していた。  藤川は会見で「1年間、体の準備が整わないのはプロとして失格」と引退を決断した理由を説明。今季は「2連投でも“あれ、体がおかしい”と思うようになった。いよいよだなと思った」という。  今季はほぼ半分の試合を消化したが「あと2カ月、気合を入れて頑張る」とチームに貢献することを誓った。

阪神タイガース公式ファンクラブ会員募集

2018.11.25 Vol.710

 ローソン・ミニストップLoppiで、阪神タイガース2019年度公式ファンクラブ入会受付中! 会員特典としてタイガース主催のレギュラーシーズン公式戦(一部の試合を除く)が先行・割引販売されるほか、クライマックスシリーズ、日本シリーズの先行販売(抽選)も! また、入会記念品として、イエローメッシュジャージやフリースポンチョなど、全6種類の記念品の中から希望のものをプレゼント! 矢野新監督のもと、来シーズンに向けて始動した阪神タイガースを応援しよう!申込みはローソン・ミニストップLoppiで!

糸井がFAで阪神へ

2016.11.24 Vol.679
 オリックスから国内フリーエージェント(FA)権を行使した糸井嘉男外野手の阪神入りが決まった。阪神が21日、契約合意を発表。4年契約で総額18億円となる。  糸井は阪神球団を通じ「野球人として成長するために変化が必要ではないかと考えた。何より大きかったのは、金本監督の熱意に心を打たれたこと」とコメントした。  阪神は補強ポイントを攻撃力として、FA戦線では糸井一本にターゲットを絞り交渉。11日の初交渉では金本監督自らが「優勝のために力になってほしい」と伝えていた。

Copyrighted Image