香取慎吾が青山学院に壁画!「僕もしょっちゅう見に来る」

2020.02.06 Vol.Web Original
 香取慎吾が制作した壁画「Be the Difference アート」の除幕式が6日、青山学院大学の青山キャンパスで行われ、香取やプロジェクトに参加した学生たちが出席。冷たい風に吹かれるなか、大きなハートを中心にしたカラフルな壁画をアンヴェールした香取は「たくさんの人に愛されるアートになればうれしい」と、笑顔を見せた。

【冬の鍋特集】今年の鍋のトレンドは“痺れ”“スパイス”“伸びるチーズ”がキーワード

2018.12.21 Vol.web original
 寒くなったら恋しいのが鍋。鍋は温まるだけではなく、野菜もたっぷり摂れてヘルシーなイメージが浸透。そして、スープさえつくれば、具材を入れるだけという手軽さで、冬の定番人気メニューだ。今年はどんな鍋がトレンドなのか? 今年流行の鍋が食べられるサイトや店を紹介する。

吉田栄作、“日本代表”とコメディーの傑作に挑む! 舞台「カクタス・フラワー」

2018.11.10 Vol.Web Original

 舞台「カクタス・フラワー」の上演が10日、渋谷区のDDD青山クロスシアターで始まった。吉田栄作、水夏希、増田有華、松本幸大(宇宙Six/ジャニーズJr.)、松尾伴内、青木さやかが、力を合わせてコメディーの傑作に挑んでいる。  吉田は、同日、初日公演前に行われたフォトコールでの取材で「元宝塚、元AKB、ジャニーズ、たけし軍団、そしてワタナベエンターテインメント! 一応、日本代表と言っていいんじゃないかと思います。力を合わせて頑張りたい」と、意気込んだ。  日本では「サボテンの花」の邦題で知られるコメディー。1965年にブロードウェイで初演されてから何度も上演され、続演1234回のロングランを記録。イングリッド・バーグマンとウォルター・マッソ―、ゴールディ・ホーンが共演した映画版も作られている傑作だ。  吉田演じる中年の歯科医が、自分が家庭を大切にする誠実な男であると証明したいがために、若い恋人に、自分が既婚者であると嘘をついたことで、さまざまなハプニングが発生。堅物の看護師、恋人の部屋の隣りに住む青年など関係する人たちを巻き込んで、物語が展開していく。

めくるめく「キリ クリームチーズ」の世界へ行ってみた!/4月16日(月)の東京イベント

2018.04.16 Vol.Web Original
「キリ クリームチーズ」を使った多彩なメニューを楽しむことができる「kiri cafe(キリカフェ)」が青山にて期間限定でオープン中。SNSなどでも話題のキリカフェ待望の第3弾に行ってみた!    キリ クリームチーズといえば、そのままパクッと食べられる手軽なおやつやおつまみというイメージ。ところがプロが料理に使うと…こんな素敵なコトになってしまうのです!

「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」の期間限定パフェ販売!

2017.08.05 Vol.695
 1977 年創業、今年で創業40周年のラ・メゾン・デュ・ショコラは、柑橘のカラマンシーが爽やかに香り、 さまざまな形態のショコラの魅力を楽しめる「パルフェ ソレイユ」を、ラ・メゾン・デュ・ショコラ4店舗のサロンで期間限定で販売中。 「パルフェ ソレイユ」は、トップにソレイユ(太陽)をイメージしたショコラを飾り、チョコレートアイスを中心にシャンティーやビスキュイ、シューなどさまざまな食感と味わいのショコラをカラマンシーの爽やかな風味で際立たせた、夏にぴったりのパフェ。ショコラとカラマンシーのハーモニーに、カカオ風味のピーカンナッツの食感がアクセントとなり、 濃厚なチョコレートアイスをその余韻までを楽しめるように創り上げた。   夏でもさっぱりと楽しめる味わいに仕上げた限定パフェで、至福のひとときを過ごそう。

限定新商品も登場 ヨックモック

2016.09.12 Vol.674
 葉巻状クッキー“シガール”を代表とする洋菓子ブランドヨックモックの青山本店がリニューアルオープン。1978年4月に誕生し、東京・青山のランドマークとして38年間愛されてきた同店が、青山本店を象徴するブルータイルの外観はそのままにリニューアル。ゆとりある空間とくつろげる時間を提供する。また、アフタヌーンティーセット、季節限定の生菓子、サンクビジュー(半生菓子)のショップ及びラウンジ限定の新商品の発売も開始。またランチタイムやバールタイムのフードメニューも充実させ、さらに食事が楽しめるようになった。 【問い合わせ】ヨックモック青山本店 TEL:03-5485-3330(10〜19時) 【URL】 http://www.yokumoku.co.jp

EXILE TAKAHIRO&SHOKICHI「スーツで夜の街へ…」

2014.10.10 Vol.627
20141010a.JPG
 洋服の青山の新CM発表会が10日、都内で行われ、CMに出演するEXILEのTAKAHIROとSHOKICHIが出席した。2人はスーツの着心地の良さを強調。TAKAHIROは「たまには、スーツで、SHOKICHIと夜の街、僕らの聖地・中目黒へ繰り出そうかな」と笑顔を見せた。

 同社の高機能商品の新カテゴリー「AOYAMA PRESTIGE TECHNOLOGY」をPRするCM。同社の「スーツに進化を。」のスローガンにちなみ、最近進化したと感じていることを聞かれた2人はそれぞれ、「ライブ1回ごと、プレッシャーを乗り越えたり、進化している」(SHOKICHI)。TAKAHIROは、「日々試行錯誤してやっている。少しずつでも進化していきたい」としたうえで、「ただ、ドのつくスケベで、(最近は)そこの進化ばかりが目立っているので(笑)、そこは押さえて、本業を進化させていきたい」と話した。

  CMは、第1弾にSHOKICHIと関口メンディー、第2弾にTAKAHIROが出演する。ともに、古き良き時代に作られた名画のワンシーンを思わせる内容だ。

  第1弾は、これまでにない動きやすさを実現したパーツストレッチ機能を紹介するもので、「ブルースブラザースのオマージュ」。SHOKICHIと関口メンディーが『ソウルマン』を歌い、踊る。SHOKICHIは「興奮するほどかっこいいCMができました。バラエティー番組のイメージが強くなってたメンディーも、スーツを着こなしてバシッと踊って、キマまってます」とホクホク顔。また、「こういった雰囲気の映像を撮ってみたかった」と語り、今回の出演で1つの夢がかなったよう。

  CMの仕上がりについては、EXILEメンバーを始め、EXILE一族にも大好評。TAKAHIROは「先日、HIROさんやSHOKICHI、みんなで飲む機会があって、そこでHIROさんが"SHOKICHIのヤバイ、新しいCMあるから!"ってフライングで見せてくれた」と明かし、「嫉妬するぐらいカッコよかったです」と、悔しがった。

  TAKAHIRO出演のCMは、函館で5日前に撮影したばかりで、この日は披露されなかったが、映画『カサブランカ』を思わせるものになるそう。TAKAHIROは、「主役になったような気分で撮影させていただきました」と話した。

  CM第1弾はオンエア中。

Copyrighted Image