グループでのパフォーマンス卒業のEXILE ATSUSHI、EXILE HIROと語る【CL配信対談抜粋】

2020.11.02 Vol.Web Original
2001年に加入して以来、不動のヴォーカリストとしてEXILEをけん引してきた、EXILE ATSUSHI。強さの中に際立つ、聞くものを優しく包み込む温かな歌声は、多くのファンの心をふるわせてきた。そんな稀代のヴォーカリスト・EXILE ATSUSHIが、このたび大事な決断をした。偉大な先輩であり兄貴分であるEXILE HIROに語ったこととは。

EXILE ATSUSHI「海外生活で得たのは人間らしさ」

2019.05.25 Vol.718
『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』 「日本を元気に」を合言葉に毎週土曜日午後9時30分からTOKYO FMで放送中。

EXILE ATSUSHI が”ナイト”の称号を授与

2017.10.30 Vol.Web Original
 EXILEのATSUSHIが27日、東京・帝国ホテルで開催されたイタリア王家サヴォイア家の慈善宮廷晩餐会に出席し、王家騎士団「聖マウリツィオ・ラザロ騎士団」から、"ナイト"の称号と勲章を授与された。  名誉あるナイトに叙任されたATSUSHIは「ナイトの称号の重みを重々に心に受け止め、より一層、慈善活動や社会貢献活動など、一生懸命に取り組んでいけたら」と真摯に語った。

EXILE ATSUSHI×清木場俊介10年ぶりの共演をOA

2017.02.13 Vol.684
 毎週月曜日、深夜1時28分からTBSテレビで放送中の「週刊EXILE」。EXILE TRIBEやE-girlsなど、LDH所属アーティストの様々な活動に密着した貴重映像を、メンバー自らのナレーションとともにお伝えする音楽ドキュメンタリー番組。  2月13日の放送は、ソロアーティスト史上初となる6大ドームツアー開催の快挙を達成したEXILE ATSUSHIのライブツアー「EXILE ATSUSHI LIVE TOUR 2016"IT'S SHOW TIME!!"」のLIVE DVDを大特集。 「総勢40人のビックバンドのみなさんと一緒に、音楽にとてもとてもこだわったライブで、カバーソング、英語の楽曲、ソロのオリジナル楽曲などたくさん歌っていますので、是非みなさん楽しんで見て頂けると嬉しく思います」とEXILE ATSUSHIが自信を寄せる今作。かつてEXILEのボーカルとしてATSUSHIのパートナーを務めたSHUNこと清木場俊介との10年ぶりの共演でも話題を集めたが、そこで披露したEXILE 第一章スペシャル・メドレーについてもたっぷりと紹介する。  その他に、EXILE THE SECONDの2017年第一弾シングル「SUPER FLY」のミュージックビデオ撮影に密着した様子も放送。撮影を終えたメンバーが「SECONDの曲の中でもいちばん体がうずいて踊りたくなる曲」とコメント。80’s FUNKフレイヴァー溢れる楽曲への想いを語っている。  さらに、昨年に続き2年連続で「ヨウジヤマモト」のランウェイモデルとして、パリコレの舞台に立った小林直己の現地での様子にも密着。パフォーマー、役者、モデルと活動の幅を広げる小林。普段見ることのできない新たな一面に注目したい。

EXILE ATSUSHI×久石譲 約3年ぶりの共作「天音(アマオト)」

2017.01.23 Vol.683
 男性ボーカル&ダンスグループのEXILE ATSUSHIが作詞とボーカルを務め、映画音楽界の巨匠・久石譲が作曲を担当した楽曲「天音(アマオト)」が、2017年初5月20日公開の映画「たたら侍」の主題歌に決定した。2人がともに制作に取り掛かるのは、2013年10月に発売した「懺悔」以来、約3年3か月ぶり2度目で、今作のために書き下ろした楽曲となっている。  主題歌としての起用が決まった映画「たたら侍」はEXILE HIROが映画初プロデュースを手掛けた、原作なしのオリジナルストーリー。戦国時代の島根・奥出雲の村を舞台に、伝統を継承し守ることを宿命付けられた青柳演じる主人公が、葛藤や挫折を通して真の「侍」へと成長していく姿を描いた本格時代劇映画。  9月にカナダで開催された「モントリオール世界映画祭」では「最優秀芸術賞」を受賞し、11月にインドで開催された映画祭「ディレクターズ・フォートナイト・コルカタ」ではグランプリにあたる「金の女神賞」を受賞するなど海外からも高い評価を受けており、映画祭の審査員らから「世界に通用する作品だ」、「この映画のアプローチは素晴らしいし綺麗だ」、「黒沢映画を現代化したようだ」「この美しい作品を観衆に披露出来ることは光栄なことだ」と数々の称賛を浴びた。  そんな映画に相応しく、今作の作曲を担当した久石譲氏は2004年第57回カンヌ国際映画祭にて日本の作曲家として初のオープニング・セレモニーの音楽と指揮を担った他、海外でも数々の賞に輝く宮崎駿監督や北野武監督作品の映画音楽を創り出してきた、日本が誇る映画音楽界の巨匠として名を馳せている。また、ATSUSHI も2012年に中国で開催された、中華圏のテレビ界で最も権威ある賞として認知されている「華鼎奨」で、アジアで活躍しているアーティストに送られる 「アジア・アーティスト・スター賞」の受賞を始め、2016年には日本人ソロアーティストとして史上初の6大ドームツアーの開催や、日本人として初めて米・ドジャーススタジアムで国歌斉唱を行うなど、日本を代表するヴォーカリストとして活動している。  2人の世界的日本人音楽家の手によって、日本の伝統文化を世界に向けて発信する作品に相応しい主題歌が完成した。

TOKYO[4weeks]TOPICS 2014.5.12〜6.8

2014.05.23 Vol.618
Last 2weeks 5.12 ◆日本サッカー協会がブラジルW杯代表23名を発表 ◆男子テニスの錦織圭が世界ランキングで日本人初のトップ10入り ◆『花子とアン』視聴率、24.8%で過去最高を更新したことが判明 ◆2016年大河は三谷幸喜脚本『真田丸』に決定とNHKが発表 5.13 ◆胃がんのため死去した蟹江敬三さんのお別れの会が開かれる ◆町田の金属加工会社で火災発生 ◆ベトナムで反中デモが拡大 5.14 ◆国際宇宙ステーション(ISS)で日本人初の船長を務めた若田光一さんが無事帰還 ◆フランスでカンヌ国際映画祭開幕(日本時間15日) ◆舛添要一都知事が千代田区のオフィス街視察 ◆KADOKAWAとドワンゴが共同で持ち株会社を設立し経営統合で合意 ◆岡田准一が『ブルガリアヨーグルト大使』に就任 ◆a-nationがアジア進出を発表 5.15 ◆ポール・マッカートニーがロボットを従えて羽田空港に到着 ◆My Little Loverのakkoが一般男性との再婚をブログで発表 5.16 ◆浅草・三社祭が始まる ◆ハリウッド版『GODZILLA』が全米で公開(日本時間17日) 5.17 ◆CHAGE and ASKAのASKAが覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕 ◆ポール・マッカートニーがウイルス性炎症のため国立競技場公演の延期を開始90分前に発表 5.18 ◆なでしこジャパンがW杯出場を決める ◆市原隼人と向山志穂の結婚報道を市原の所属事務所が認める 5.19 ◆フィギュアスケートの浅田真央選手が来季休業を表明 ◆ラッセル・クロウが都内で行われた主演映画『ノア 約束の船』のスペシャル上映会に出席 5.20 ◆EXILE ATSUSHIが結婚ソング「プロポーズっていいな」 ◆プロ野球のセ・パ交流戦がスタート ◆米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手がメジャー初の負け投手に ◆ポール・マッカートニーのジャパンツアー全公演が中止になる ◆「木梨憲武展×20years INSPITATION−瞬間の好奇心」開幕 5.21 ◆サッカー日本代表チームが鹿児島県で強化合宿入り 5.22 ◆遠隔操作ウイルス事件の片山祐輔被告が起訴内容をすべて認める ◆東京スカイツリーが開業2周年

EXILE ATSUSHI「プロポーズっていいな」

2014.05.20 Vol.617
20140520a.JPG
 EXILE ATSUSHIが20日、都内で行われた、『ゼクシィ』新CM&CMソング発表会に出席した。同CMソングとしてウェディングソング『Precious Love』を書き下ろしたもの。初披露されたCMについて「シンプルで女性の気持ちを見事に再現していて......プロポーズっていいなって思いました」と、照れ笑いだった。

 同CMには、モデルで女優の広瀬すずが出演している。男性のプロポーズを受けて、「はい」と答える様子やその後の表情の変化を映し出したシンプルな内容だ。広瀬は「こういうことを言われたらうれしいなという思いで演じました。その気持ちが伝わったら」と、笑顔を見せた。

 CMソングは、現在の結婚事情をふまえたうえで制作されたもの。リクエストで、ATSUSHIは、「恥ずかしながらセリフにも挑戦」している。自身の結婚について問われると「いつでも相手さえいれば......残念ながら見つかっていないんですけどね」と苦笑いだった。

 CMは22日からオンエア。

EXILE ATSUSHI 待望の単独シングル

2012.11.26 Vol.574
 EXILEのボーカリスト・ATSUSHIが、ソロ名義のEXILE ATSUSHIとして、シングル『MELROSE〜愛さない約束〜』を12月5日にリリースする。これまでEXILEのシングルの両A面やアルバムに付随するスタイルでソロ作を発表してきたが、単独で作品をリリースするのは初めてだ。EXILEでアーティスト活動をスタートさせてから約12年。「道のりは長かった。満を持してっていうわけじゃないですけど、やっとここまでたどり着けてうれしいなという想いでいっぱい」と、本人はほっとしたような満足したような表情だ。
 ATSUSHI自身もリリースを待望していたこのシングルには、タイトル曲『MELROSE〜愛さない約束〜』を含めて、全4曲を収録している。すべてラブソングで構成しているが、運命に翻弄されつつもお互いを求め合う愛を描き出すもの、いつか手がけてみたいとATSUSHI本人が切望していたタイプの楽曲、ボーカリストとしての技量を試されるナンバー、そして若いカップルなら共感し大人なら懐かしむような作品と、それぞれが異なるストーリーと個性を持ったラブソングだ。彼がその歌声で届けるさまざまな恋愛模様は、街にイルミネーションが輝き、幸せそうな恋人たちが多く目につく、一年で最もロマンティックな季節の最良のサウンドトラックになりそうだ。
 この冬一番の話題を集めそうな作品を完成させた、EXILE ATSUSHIにインタビュー(15面)。本作はソロ初の単独作品という記念碑的な作品であるとともに、彼のソロキャリアにおいてひとつの区切りとなるそうで、インタビューでは、作品に込めた想いや、"区切り"とする理由についても明かしている。
 また、このシングルと同時に発売されるEXILEの最新ベスト盤『EXILE BEST HITS −LOVE SIDE / SOUL SIDE−』についても話を聞いている。(インタビューはコチラ

Copyrighted Image