SearchSearch

LINEが格安スマホに参入

2016.09.09 Vol.674
 無料通信アプリを手がけるLINE(ライン)は5日、月額500円(税別)からの格安SIMカードなどを専用サイトで発売し、格安スマートフォン事業に参入した。LINEやツイッター、フェイスブックを使っても毎月のデータ通信量が減らずに使い放題になる料金プランが特徴。LINEは、約57%にとどまっている国内のスマホ普及率の底上げを図り、音楽やゲームなど他事業の収益向上につなげる。  LINEは格安スマホ事業で100%子会社LINEモバイルを設立。NTTドコモから回線などを借りるMVNO(仮想移動体通信事業者)として、SIMカードや格安スマホを提供する。

LINEが日米で同時上場

2016.07.22 Vol.671
 無料通信アプリ「LINE(ライン)」を提供するLINEは15日、東京証券取引所に上場した。初値は4900円で公開価格(3300円)の約1.5倍だった。初値ベースでの時価総額は約1兆300億円で今年最大のIPO(新規株式公開)となった。  同社は14日(現地時間)にはニューヨーク証券取引所にも上場しており、日米で同時上場した会社は初めて。出沢剛社長は会見で、「世界中の人に当社のサービスを使ってほしいという決意の表れだ」と述べた。

Copyrighted Image