【田口桃子の「SOD女子社員は脱がなきゃだめですか?」】第7回 「生理休暇とっちゃだめですか?」

2019.09.13 Vol.Web Original
 一年ほど前ですが、ソフト・オン・デマンドにも生理休暇の制度が導入されました!  弊社では、子供をもつ女性陣で組織された「すみれの会」という組織があります。  女性を扱うAV業界だからこそ、社内で働く女性の活躍を応援するという目的で、様々な取り組みをしています。  たとえば、定期的に実施される女性社員へのアンケート。  社内での困りごとを吸い上げ、それをもとに社長に対応策を掛け合ってくれています。  困りごとも様々ですが、身近なことでは分煙ルールが徹底されていないという指摘があり、社内に周知するというようなものです。  時にはパワハラの報告を受けて、労働環境の改善へと切り込むこともあります。  その女性社員アンケートの中で、「生理休暇を取得したい」という要望があり、昨年制度がスタートしました。  もしかしたらそれまでも権利はあったのかもしれませんが…入社13年目の私でさえその制度を知らなかったので、おそらくほとんどの社員は認識していなかったと思います。  では実際にどのくらいの人が利用しているかは、制度の特性上明らかにされることはありません。  私はというと……0日です。  これまでにまだ、生理休暇を取得したことはありません。  幸いなことにお休みをとるほどのひどい生理痛や体調不良はないからです。  でも、「いざとなったら生理休暇があるから休んでも大丈夫」という安心が生まれて、それだけでもだいぶ気が楽です。  無理をしなくてもいいと思えるだけで、だいぶ過ごしやすく、働きやすくなったように感じます。  数年前にこんなことがありました。  私は身体的な生理痛はあまりないのですが、気分の浮き沈みが激しくなってしまうタイプです。  ある時、生理中に重要な会議に出なければいけないことがあったのですが、その場でつい感情的になってしまいました。  素直に謝ればよかったのですが、それすら考えが及ばず、「すみません、生理で感情的になってしまいました」と言ってしまったのです。  すると上司はこう言いました。 「お前がしっかりしなければいけないのだから、生理ぐらいで感情的になるな。生理なんてないという顔をしろ」と。  感情的になったのは私が悪かったです。  余計な一言を言ったのは私が悪かったです。  でも、一番生理なんて気にしたくないのは、私自身です。  私が悪いことは百も承知ですが、人間性を否定されるよりもつらく、絶望しました。  こういう悲しい思いをしないためにも、「生理の日は思い切って休む」。  そういう選択肢があること、そういう選択ができることは、とても有意義なことだと思います。  生理痛のつらさは、男性には理解しがたいですし、女性同士でも個人差があるのでわかりあえないこともあります。  症状も様々で、お腹が痛いという人もいれば、頭が痛いという人もいるし、貧血になってしまう人もいます。  手洗いやうがいをすれば予防できるとか、予防接種でなんとかなるというような対策ができないので、生理痛は自己管理ができないと言われてしまうと本当に困ってしまいます。  個人的には、身体的な症状よりも、理解されない苦しさや自分でなんとも制御できないつらさのほうがしんどさを感じます。  特別扱いしてほしいとは思っていません。  いざというときに、自分で責任もって休める気持ちと制度が、当たり前になればいいなと思います。  ちなみに、つらい生理痛の場合、ピルの服用などで症状が改善することもあります。  実際に私はそうでした。  なぜか日本ではピルを飲むことがあまり一般化していないように思いますが、悩んでいる人は一度検討してみてはいかがでしょうか。  そして男性諸君は、ピルを飲んでる女性だからと言って生でヤレると思わないこと!  性感染症の予防のためにも、必ずコンドームは着用しましょう。  と、最後はAV屋らしく締めてみました。

【田口桃子の「SOD女子社員は脱がなきゃだめですか?」】第6回 「女性が集まって性の話しちゃだめですか?」

2019.08.23 Vol.Web Original
 先日8月18日、「レズノミクス東京~真打ち登場!レズっ娘クラブ東京進出記念イベント~」に出演してきました。  2007年に関西にオープンしたレズ風俗店「レズっ娘クラブ」が東京店をオープンするにあたって、お店に所属するキャストさん、スタッフさん、そして実際にサービスを体験した方々が勢ぞろいするという豪華トークショー。  以前私も姉妹店の「ティアラ」さんのサービスを体験しており、この日はその時の体験をお話しさせていただいたわけです。  サービス体験の記事はこちら https://www.tokyoheadline.com/439200/  ベテランキャストゆうさん・代表御坊さんへのインタビュー記事はこちら https://www.tokyoheadline.com/442001/  今回は女性限定のイベントで、お盆時期の昼間だというのに、会場には女性客がぎっしり。  イベントが始まると、お店のキャストさんたち、そのサービスを利用した人たちが、交互に舞台にあがってトークを繰り広げていきました。  まずはレズっ娘クラブのキャストさんたちから。  お店のスタッフの方が、「キャストの方はみんなセルフプロデュース能力が高い」「事務所でもいつも素敵」という話をされていた通り、キャストさんたちは一人一人個性がある中にもかわいらしさがある方ばかりです。  キャストさんの次は、サービスを体験した方々が登壇。私もこちらに参加させていただきました。  レズっ娘クラブには、エッチなことが一切ないデートコース、ホテルで本格的なレズプレイが楽しめるビアンコースがあります。  過ごし方は様々ですが、その時間内ではキャストさんが精いっぱい自分に向き合ってくれる時間。  私と同じようにそう感じている方々が他にもいらして、レズっ娘クラブはただ快感だけを提供するお店ではなく、自分を大切にしてもらえる時間を提供してくれているのだと、改めて感じました。

SOD女優がストリートブランドコラボイベントで1日店長&ハグイベント

2019.08.09 Vol.Web Original
 アダルトエンターテインメントグループのソフト・オン・デマンド(SOD)がストリート系ブランド「ガリスアディクション」とコラボ、9日から販売する。

【田口桃子の「SOD女子社員は脱がなきゃダメですか?」】第5回 「女がオナニーしちゃだめですか?」

2019.08.09 Vol.Web Original
 新卒でアダルトビデオ業界に飛び込んで、その後女性向けの事業に配属されたのですが、私にとって「女性に性欲がある」ということは当たり前だと思っていました。  エッチなことに興味があって、アダルトビデオを見たり、アダルトグッズを使ってみたり、ハウツー本を読んだりということは、この仕事をする前からしていたからです。  そもそも物心ついた頃から、オナニーのようなことをしていました。  当時はそれを「オナニー」だと認識していませんでしたが、なんとなくそれをしたくなり、すると気持ちよくなり、家族の目を盗んでこっそりとするようになっていたのです。 (いけないことをしているという気持ちよりも、なんとなく家族にはばれないほうが良いと思っていたんだと思います。)  その後、中学生くらいでしょうか、新聞のお悩み相談コーナーが好きで毎回スクラップしていたのですが、そこに「まだ幼稚園生の娘が角に股間をこすりつけて恍惚とした表情をしているがどうすればいいのか」というお悩みが寄せられたことがありました。  いわゆる幼児自慰というもので、ほかのことに興味がうつると自然にやめるでしょう、という回答でした。  まさに自分は幼児自慰から、そのまま辞めずにし続けて今に至るのだとわかり、ドキリとした記憶があります。  自分が少数派、いや、おかしいと気付いたのは、本当に最近のことでした。  この10年ほど、女性向けのアダルトビデオやアダルトグッズがたくさん生まれ、企業・個人問わず「女性の性の解放」を訴える女性が多くなりましたよね。  なぜみんなこぞって、「女性に性欲があることはおかしいことではない」「女性がオナニーをすることは悪いことではない」と当たり前のことばかり主張するのか?  ずっとそれが疑問でした。  そりゃそうです、私にとっては普通のことだったのですから。 だから、多くの女性が「性欲があることはおかしいことなのか?」「オナニーをすることは恥ずかしいことなのか?」ということに悩んでいるということに気付かなかったのです。  また一方で、それらを発信している人たちが、セクハラの対象になり悩んでいることも知りませんでした。  私自身はオナニーをする側の人間として、異性と対等に話せている(むしろ赤裸々に話しすぎて男性を引かせることもある)と思っていたし、そんなことで悩んだことはほとんどなかったからです。  さらに言うと、オナニーを隠れてすることにも、言い訳が必要だということもわかりました。  オナニーをすると女性ホルモンが分泌されて美容にいい。  オナニーをすれば感度が上がって彼を喜ばせることができる。  美容のため、パートナーのため、自分以外の何かを言い訳にしないと、性欲解消以外の言い訳がないと、怖くてオナニーすらできない。  つまりは、女性がオナニーをするということは、他者に言い訳をしないとできないほど恥ずかしいことで、していることがばれると男性からセクハラを受けたりする行動で、正当化するために「性欲があることはおかしくない!」と主張し続けなければならない。  これって楽しいですか??  自分が自分の性欲を認めて、自己責任のもと欲求を満たしていくのは、何も変じゃないし、欲求を満たすことは楽しいことであるべきだと私は思うのですが。  多分この記事が公開されている頃は、書店にananのSEX特集が並んでいることでしょう。  年に1回のこの特集記事を見て、あなたは「女性の性は解放された」と思いますか? 「まだ解放とはほど遠い」と思いますか?  私は、女性のオナニーが悪いことだとは全く思いません。  でもわざわざ「オナニーしている」ことを明言する必要もないと思っています。  果たして、どれだけの人が自分の性欲に自覚的になっているのでしょうか。  ただ、性は一人一人違うものだからこそ、自分に自信をもって、自分なりの性を獲得していくことが必要で、そのためには自分の性欲をすべて認めてあげることが大切だということは、強く思います。  オナニーを肯定することがそれらの一助になるのであれば、私は大声で「オナニー万歳!!」と言いたいと思います。

【田口桃子の「SOD女子社員は脱がなきゃダメですか?」】第4回 「飲み会で下ネタ言わなきゃだめですか?」

2019.07.26 Vol.Web Original
 アダルトビデオ販売会社「ソフト・オン・デマンド(以下SOD)」で働いて13年目。  SODで働いていることを友人や初めて会った人に伝えたときの反応にもいろいろあります。 (「なんで早稲田大学を出てSODに?」という質問に対しての答えは、第3回の記事で書いたので、ぜひそちらを読んでみてください。)  男性からよく言われるのは「お世話になってます!」という言葉。  AVが好きでSODのことも知ってくださっていて、好きな女優さんや好きなシリーズの話などを聞かせていただけるのはとても嬉しいです。  一方女性はSODという会社を知らない人が多く、「なんの会社?」というところから、どういうものを扱っていて、自分はそこでそんな職種で働いていて…というのを説明します。 「面白そう」と言ってくれる人もいれば、まったくピンとこないという表情の人もいて、女性にとってAVはまだそれほど日常的なものではないのだなと改めて感じることも。  さて以前は、私がSODで働いているということを知っている男性から、しばしば「飲み会に来て」という誘いを受けることがありました。  お酒を飲むのは好きなので、最初は何も考えずに参加していたのですが、次第に気づいてしまいました。  彼らが求めているのは、「私」ではなく「SOD女子社員」であるということを。  AV業界のことを面白可笑しく語ること、セクハラをされること、そしてそのセクハラを笑って受け流すこと。  私に求められていたのはそれだけでした。  こんなこともありました。  初めて会う人なのに、私の名前をインターネットで検索し、プロフィールを覚え、取材記事や連載記事も見てきた上で、会社やアダルト業界の話を根掘り葉掘り聞かれ、最後には「この記事もどうせ自分で書いてないんでしょ?」と言われるという。  全部自分で書いてるんですけどね。  彼らはもしかしたら、アダルトビデオ会社で働く女性は全員女優で、出演以外の仕事がないと誤解しているのかもしれませんね。 (そもそも女優さんもAV出演以外にも、文章を書かれたり、歌や踊りをやられたり、作品の販売促進のために我々が依頼した作業をしたり、ほかにも様々なお仕事があります。)  これって結構失礼な話だと思うんですが、どうでしょう。 「アダルトビデオを販売している会社に勤めている女性がまともな仕事をしているわけがない」 「アダルト業界の女性は、男性の飲み会では都合よくエロい話ができるホステスであれば良い」  そういう価値観で扱われているのだなと感じて、私はすごく腹が立ちました。  おそらく、ほとんどの皆さんは、性の話を真面目にする機会が多くはないのではないでしょうか。  特殊な題材だから、性に関する話題になると、急に人との距離感がわからなくなる。  他の題材で話しているときは、「これを言ったら相手がどう感じるか」「こういう伝え方をしてもいいかどうか」ということを考えられるのに、性の話をする機会が少ないから、その加減がわからない。  それで、飲み会の席などで急に、「ハメを外す」ということが起こってしまうのではないかと思います。  つまりは、普段からもっと性の話をして、力加減を知っていくことが必要なのでは。  だからこそ、実は下ネタって、もっと話したほうがいいのではないでしょうか。  セクハラをするためではありません。  どうすれば他人を傷つけないで性の話ができるかを、もっと練習していくために。  と言っても、最近は前述したような失礼な誘いも減ってきました。  13年もSODで働いていると、さすがにちゃんと仕事をしてるんだなとわかってくれているのかもしれません。  ただ単にまわりの友人たちが結婚・出産したりして、飲み会の開催数自体が減っているのかもしれませんが…。

【田口桃子の「SOD女子社員は脱がなきゃダメですか?」】第3回 「大卒でSOD入っちゃだめですか?」

2019.07.12 Vol.Web Original
 私は現在、ソフト・オン・デマンドというアダルトビデオの販売会社で、「GIRL’S CH」という女性向けの動画サイトの運営をする部署に配属されています。  サイトの広報に関わる仕事をすることも多く、今皆さんが目にしているこの記事のように、文章で仕事のことや、自分自身のことを発信する機会もたびたびあります。  そのようにして発信を続けていると、私自身に対してご意見をいただくこともあります。  肯定的な意見、否定的な意見両方ありますが、先日ひとつ気になるご意見をいただきました。  それが、「大学まで行ってSODに入るなんて親がかわいそう」というものです。  なぜかこのご意見がとてもひっかかったので、今回はその理由を紐解いてみたいと思います。

【田口桃子の「SOD女子社員は脱がなきゃダメですか?」】第2回 「ADはブスでなければだめですか?」

2019.06.28 Vol.Web Original
 ADという仕事をご存知でしょうか?  アシスタント・ディレクターの頭文字をとったもので、私のいる会社では、映像制作の現場で撮影が滞りなく進むように準備をしたりサポートをしたりするのが主な業務です。  アダルトビデオの撮影スタッフは男性が多いのですが、弊社では新卒採用も行っているので、大学を卒業したばかりの女性もいます。  現場は、早朝から始まって夜遅くまで続くので体力がいりますし、重い荷物を運んだりすることも多いです。  物理的には、ADという仕事は男性よりも女性のほうが、不利なことが多いのかなと思います。  以前、ある女性ADが、「ロケ現場では化粧もしない、地味な格好をする、女性としての自己主張をしない」ということを新人女性ADに教えていたのを目にしました。  これを聞いて、皆さんはどう思いますか?  なぜADというだけで女性ということを放棄しなければならないのか?と思う方もいるかもしれませんね。  現場で女性らしく働くことを否定している、さらにそれを後輩にも押し付けるなんて、という見方もあるかもしれません。  私は単純に、「作品には映らないそんな部分にまで気を使うほど、彼女は作品に熱い思いがあるんだ」と思いました。  実際に、ロケ現場では華美な格好は不向きです。  足元は動き回れるようにスニーカーのような靴が良いですし、レースなどのひらひらした生地は機材にひっかかってしまったりして危険です。ミニスカートやショートパンツも、足が出ているので、ものを落としたりぶつけたりして怪我になりやすいです。  少しでも男性スタッフの足を引っ張ることになったら、撮影が滞るのではないか。  少しでも自分に注目されることがあったら、女優さんに迷惑をかけることになるのではないか。  彼女の発言は、そんな撮影現場での不安を取り払うためのものだったのだと思います。  とてもじゃないですが、着飾ったら女優さんより目立ってしまうからなどというおこがましい理由ではありません。  これまで、社会において女性が生き抜くためには、「男性の求める女性らしさを売りにする」か、「男になるか」という極端な選択肢しか、私たちには見えていませんでした。  特にADの仕事を全うして評価を得るには、後者になるしかなかった。  それゆえ彼女は、現場では「ブスになる」ことを意図的に心がけていたのでしょう。  とはいえ、多様性が認められ、働き改革も進んでいる現在は、女性らしさを捨て去る必要はないのではないかと思います。  好きなTシャツを着たっていいし、派手すぎなければメイクだってしてもいいのでは。  女であることを言い訳できない厳しい世界だし、女だということに甘えていると思われたくない。  でも本当は誰もブスになる必要なんて、ないのではないでしょうか。

新連載【田口桃子の「SOD女子社員は脱がなきゃダメですか?」】第1回 「女がAV売っちゃダメですか?」

2019.06.14 Vol.Web Original
 皆さんは、ソフト・オン・デマンド(SOD)という会社をご存知でしょうか?  少し前には創業者がテレビ番組で「虎」と呼ばれていたり、外からは何も見えないのに中からはスケスケなマジックミラーで囲われたトラックがバラエティー番組で取り上げられたり、直接的にではないけれど知ってくれている方もいるかもしれません。  SODは、アダルトビデオの制作・流通を行う会社です。  私、田口桃子は、このSODに入社して、もう13年目になります。  早稲田大学に入って映画の勉強をし、映像業界への就職を考えていたときに、たまたまこの会社に出会って、新卒で入社しました。  入社してからは、営業部に配属されて、飛び込み営業をしたり。  マーケティングに配属されて、商品の売り上げ予測をしたり。  営業事務として、受注の入力や顧客対応をしていたりしたこともありました。  そして、2012年からWEBの部署へ異動となり、そこで女性向けアダルト動画サイトの立ち上げを任されることになり、「GIRL’S CH(ガールズシーエッチ)」というサイトを作りました。  現在でもGIRL’S CHで企画をしたり広報をしたり、時にはロケに参加をしたり、はたまたデータ分析をしたり、気が付いたらいろいろな経験をさせていただいています。  この7年間、女性向けAVや女性の性のことばかりを考えている一方で、私がいるアダルト業界というのは、女性向けよりも男性向けの作品の市場のほうが圧倒的に大きいのが現実です。  当然、売る側も男性向けに提案をしていく必要があります。  だから今の女性向け事業に携わるまで、女性としてアダルト業界で働く中で、悔しい思いをたくさんしました。  入社した当時は、女性だからという理由で取引先の店舗に入れてもらえなかったこともありました。  女性だから男性ユーザーの求めるエロがわかってないと作品を否定される女性監督もいました。  でも、それって仕方のないことなんです。  女性だから差別されているというふうに思ってはおらず、この業界では女性であることが圧倒的に不利だったのです。  だって、男性と女性の性って全く構造が違うから。  それを私は理解していなかったのです。  社会的に与えられている役割も全然違うし、体格も違う、女性には生理もあるし。  性を扱う商売をすることになって改めて、日本の性教育は情報が少なすぎるし、考える場や意見を交換する場がなさすぎることもわかりました。  でもそれに気づくまで、かなりの時間がかかりました。 「自分は不利な業界に就職してしまった」 「男性社員の倍努力しなければ」  そう思って、ただ苦しい思いをしながら働いていました。  ところがこの10年。  女性向けAVというものが作られ始め、拡散され始め、この業界でも女性であることを活かすことができる分野ができ始めました。  女性だからこそできる仕事も増えました。 「女だからAVを売る・作る力がない」  そんな時代は終わり、こんな私でも12年とちょっと、この業界で働くことができています(たぶん)  というわけで今回の疑問「女がAV売っちゃだめですか?」の答えは、「女でもAV売ったっていいじゃん!」という答えでした。  皆さんももし機会があったら、就職先の候補に入れてみるなんて、いかがでしょう?

女性向け風俗と二足の草鞋!? ラブメン・アレクインタビュー【田口桃子の「死ぬまでモテたい」 第32回】

2019.05.24 Vol.web original
4月19日にGIRL’S CHでデビューしたラブメンのアレクさん。 彼はラブメンとして活動しながらも、女性向け風俗店「東京秘密基地」にもセラピストとして在籍するという、二足の草鞋を履いています。 これまでのラブメンたちとは一風変わった経歴の持ち主であるアレクさんに、デビューにあたっての心境をお伺いしました。

女性向けアダルトビデオ「タイムトラベラー源〇物語」を映像作品として真剣に見てみた!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記番外編】

2019.05.22 Vol.Web Original
 こんにちは、黒田勇樹です。  三栄町LIVE×黒田勇樹プロデュースVol.4「偽野球虚甲子園~にせやきゅううつろこうしえん~」の稽古が本格的に始まりました。  6月5日の初日まで、楽しくもあり、苦しくもありの約2週間となりそうです。まあ初日が明けてからも細かい演出の変更なんかがあるので、始まってからもそういう時間は続くんですけど、それもまた楽しいんですよね。  ご興味を持たれた方はぜひ。  そして今回の鑑賞記は特別版です。いや新境地? とにかくご覧ください。

新中野にできた「SyainBar SOD女子社員」はSODの愛と社風にあふれたお店だった

2019.05.17 Vol.web Original
 アダルトエンターテインメントグループのソフト・オン・デマンド(SOD)が秋葉原に立ち飲み居酒屋「女子社員酒場」をオープンしたのが昨年5月。随分と盛り上がっているという噂を聞き、昨年末には本紙記者も足を運び実際に体験したのだが、それは噂を超えた世界だった。そのへんは前回のリポート( https://www.tokyoheadline.com/431907/ )をご参照のこと。  そのときは「やるな! SOD」と感心。水商売ゆえに浮き沈みもあるだろうが、ぜひとも長く続いてほしいと思ったのだが、よもや1年後に新中野に2号店ができるとは…。  ということでオープン日の5月2日に行われたメディア向けのレセプションに行ってきました。あくまで取材で。

Copyrighted Image