ランチもディナーもイケる超穴場「CEDAR THE CHOP HOUSE&BAR(六本木)」
おいしいものがあると聞けば、調査に行かずにはいられない「東京グルメ探偵」。メタボを気にしつつも食べ過ぎてしまうのがたまにキズ。さて、今日のタレコミは…?
アンガス牛 “Tボーン”ソースジャポネ 9000円
■ランチではサラダもデザートも食べ放題
ちょっくらメタボが気になる探偵に、ランチに野菜をたくさん取れる店があると密偵が教えてくれたのが六本木のセダーザチョップハウス&バーというお店。

六本木ホテルアイビスが生まれ変わったホテルレム六本木の2階だ。店内は広くてとっても開放的。しかしここは六本木、奥のほうにはちゃーんと個室もあり、プライベート対策もバッチリだ(って必要ないが…)。ランチは魚や肉、ハンバーガーなどのメインプレートに、サラダ、ドリンク、パン、前菜、デザートブッフェ。腹ペコ具合によって、自由に食べられるのがうれしい。もちろん探偵は野菜をたっぷりと。んー、これよ、これ。野菜をランチにたくさん食べられるってぜいたくだよね。それでしめてランチで、1480円〜。

立地、味、ボリュームともに納得のお手頃感。
1.チョップドロブスターのスパイシーロースト アメリカンソース 4800円  2.マグロカマ肉のロースト ガーリックソイソース3200円  3.マグロとアボガドのチョップドサラダ コチジャンドレッシング 1400円  4.カジキのグリル バジルのサルサヴェル 2800円
■目玉はアンガス牛 “Tボーン”ソースジャポネ!
さてさて、今回はランチに満足した探偵がディナーも紹介。ここのメニューは友人や家族と来てシェアするのにぴったり。特に「アンガス牛 “Tボーン”ソースジャポネ」は、そのお値段もさることながら、それぐらいはするだろうなーと思わせるボリュームがスゴイ!

ナイフを入れるのも躊躇してしまいそうな大きさだが、一口食べると、しっとりと焼きあがった肉は想像以上にジューシー。ソースの香ばしさが、さらに食欲をそそる。年を取ってめっきり衰えた探偵だが、肉を食べる食欲は衰えず。これが霜降りじゃなく赤身だからまたいいのよねー。しかも柔らかい赤身。本当に美味。

そして、もう一品、「マグロカマ肉のロースト ガーリックソイソース」。こいつはもはやマグロにあらず。パサつきもまったくなく、噛めば噛むほどうま味という味わいが出てくるのは動物の肉じゃ、肉。ガーリックがなくても臭みなど一切ないのだろうなと思わせる、マグロにかぶりつく。したたる汁もお構いなしに一心不乱にだ。と、肉や魚、さらにはサラダなども堪能。

ランチもディナーもイケる駅近の超穴場店に認定!
セダー ザ チョップハウスアンドバー
【住所】港区六本木7丁目14-4 レム六本木ビル 2階
【営業時間】ランチ:11時30分〜15時(L.O.14時30分)/ディナー:[月〜土] 18〜23時30分(L.O.22時30分)[日・祝]18〜23時(L.O.22時)
【TEL】03-6432-9791
【URL】 http://www.cedar-chophouse.com/