六本木にトリケラトプス!? 骨格標本と最新技術で恐竜に迫る『DinoScience 恐竜科学博』

 東京・六本木の東京ミッドタウン・ホールにて、多彩な骨格標本と最新の技術を駆使し、科学的な視点から恐竜たちの姿を解き明かす『DinoScience 恐竜科学博 2023@TOKYO MIDTOWN』が開催中だ。

『DinoScience 恐竜科学博 2023@TOKYO MIDTOWN』より、ゴルゴサウルス “ROOTH” の骨格標本(撮影:三田春樹)

 2021年夏、コロナ禍にも関わらず約20万人を動員した「DinoScience 恐竜科学博」が、満を持してオリジナルコンセプトを加えての開催。舞台は約6800万~6600万年前の白亜紀後期、現在の北アメリカ大陸西部に存在していた最後の恐竜たちの楽園「ララミディア」。来場者は群れからはぐれた幼いトリケラトプスの子どもと一緒に森を歩き、次々に「ララミディア大陸」の住人たちと遭遇していく。

1 2 3 4 5>>>
藤原竜也 “顔面” 協力!渋谷「そうめんをオイスターソースで食べる店」がカオスすぎる
人気キャラ「コリラックマ」20周年!押上「東京ソラマチ」にアニバーサリーカフェが登場
今年で70周年!ホテル椿山荘東京で恒例「ほたるの夕べ」ビオトープなら雨にも濡れず蛍鑑賞
バナナのカレーがなぜおいしい!東京土産の定番「東京ばな奈」が初のレトルトカレー発売
「虎ノ門横丁」が開業4周年で「虎横祭」!名だたる名店がここだけの特別メニューを提供
水中写真家・中村征夫氏の傑作 “海の百面相” がパワーアップ!写真展「海中顔面大博覧会」