話題の空間演出”D-K”が北区花火会にやってくる!

 毎年好評のイベント『2014北区花火会』が10月11日に開催される。目の前で上がる花火と、コンサート用の音響を使った音楽に合わせて花火が打ち上がる“音楽花火”などが人気で、毎年多くの人が訪れている。
 今年の注目は、北区のランドマーク、岩淵水門(青水門)が、いま世界的に話題のデジタル掛け軸“D-K”で彩られる『D-K Live in 北区花火会』。D-Kとは、プロジェクターを使って映像を建物などの映し出す空間演出の1つ。100万枚にも及ぶ膨大な画像をコンピューターがランダムに組み合わせた映像を、実際の建物などに投映して幻想的な空間を作り上げる。
 当日は、大江戸下町太鼓や元Whiteberryの前田由紀によるミニライブなども実施。合わせて行われる商店街秋祭りでは、つるの剛士が登場するステージイベントなども行われる。


『2014北区花火会』10月11日(土)12時~20時30分 荒川河川敷・岩淵水門周辺 有料席チケット情報など詳細はホームページをチェック【URL】http://www.hanabi-kita.com/