米国が「航行の自由作戦」決行

NEWS HEADLINE<PHOTO OF THE WEEK>2015.10.23〜2015.11.5
 オバマ米政権は10月26日夜(日本時間27日午前)、米海軍横須賀基地所属のイージス駆逐艦を、南シナ海・スプラトリー諸島の中国が建設する人工島の12カイリ(約22キロ)内を航行させた。

「航行の自由作戦」と名付けられたこの航行について、カーター米国防長官は27日、継続する意向を表明。3日には中国の常万全国防相とマレーシアのクアラルンプールで同日始まったASEAN拡大国防相会議に合わせて会談し、南シナ海情勢を協議。対話の必要性を確認した。