9・25 RIZIN トーナメント2回戦でシウバvsミルコ決定 藤田は引退宣言

2回戦でも対戦が決まったミルコ(左)とシウバ(右)(撮影・上岸卓史)
 総合格闘技イベント「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント開幕戦」(9月25日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)でトーナメントの1回戦6試合が行われ、ミルコ・クロコップは韓国のミョン・ヒョンマンと対戦。1R2分20秒、肩固めで勝利を収めた。
 試合後、マイクを握ったミルコは「ヴァンダレイ・シウバが試合をしたいと言っているらしいが、どうするんだ?」とリング下で観戦中のシウバを挑発。シウバがリングに上がると、ミルコは高田延彦統括本部長も呼び込み、カードの決定を迫った。
 一度は結論を持ち越そうとした高田氏だったが、2人の強い要望に本部席の榊原実行委員長と協議。「ここでヴァンダレイ・シウバvsミルコ・クロコップを決定していいですか?」と会場のファンに問いかけたうえで、特別に2回戦のカードとしてシウバvsミルコ戦を決定した。
藤田(右)はバルトと真っ向勝負(撮影・上岸卓史)
“日本人代表決定戦”といった位置づけで行われた藤田和之vsバルトの一戦は3R戦うも決着がつかず、3-0の判定でバルトが勝利を収めた。
 圧倒的な体格差にも真っ向勝負で立ち向かった藤田。右フックで追い込む場面も見られたが、バルトの巨体を利した攻撃に徐々にスタミナを奪われ、攻めきることができなかった。
会見で引退を表明し、涙ぐむ藤田
 試合後の会見で藤田は「俺はもうスッキリした。やることやったなって」と試合を振り返り、涙を流しながら「思い出すとね、最初の本当グリーンボーイのときからさ、なんの取り柄もないけど、猪木さんが拾ってくれて、いろんなことに迷惑をかけながら経験させてもらって感謝しています。本当はリングの上で引退式とかボロボロとやるんだろうけど、俺はこれでいいからさ。最後は俺らしく引き際をしっかりしたくてここに来ました。本当にありがとうございました」と引退を口にし、深々と頭を下げた。
 他のトーナメントの勝者はシモン・バヨル、アミール・アリアックバリ、ワレンティン・モルダフスキー、イリー・プロハースカ。バルト、ミルコ、シウバに主催者推薦の1名を加えた8人で12月29日に2回戦、31日に準決勝と決勝が行われる。シウバvsミルコ以外のカードは後日発表される。