今日も食べ過ぎ東京グルメ探偵 長崎県対馬市美津島町 しろや新宿(新宿)

おいしいものがあると聞けば、調査に行かずにはいられない「東京グルメ探偵」。メタボを気にしつつも食べ過ぎてしまうのがたまにキズ。さて、今日のタレコミは…?
「クエ鍋」(かま、背肉、骨身、腹身、とろ腹身、野菜)メニューすべてクエコース【竹】9900円(税別)より
 歌舞伎町にオープンした「長崎県対馬市美津島町しろや新宿」は、対馬の沖合でとれる白身魚をメインにした店。白身魚のトロといわれるのどぐろ、フグより美味しいといわれる希少魚で白身魚の王様クエ、そして西のとろあなごとして有名になった穴子を中心とした何とも贅沢なメニューを提供している。のどぐろ、実はココ、直接漁師さんと取引している対馬水産の直営店で、その水産加工技術により、東京ではほとんど食べる機会のないクエの希少部位を味わえるのだ。

 早速、珍しい「クエコース」をオーダー。食前酒の「クエのひれ酒」を飲みつつ先付けの「鱗煎餅」をポリポリと食べていると、前菜の「季節の前菜三種盛り」が。実は探偵、アラカルトのおつまみに魅かれるものがあり、2種類追加し5種類にしてもらったのだ。テヘッ。

 今回は「クリームチーズ塩辛煮干しパン」「サザエの香草バター」「あん肝のほうれん草包み」「蛸の時雨煮パクチー」「ミモレット銀杏」。すべてちょっと洋風にアレンジしつつも、どれも日本酒が飲みたくなるツマミになっている。という事でかなりのお酒を楽しんでいるところに「クエの薄造り」が登場! ポン酢につけて食べると、コリコリとした食感で、歯ごたえ十分。そして噛めば噛むほど、クエの旨みが出てきて、超ウマい! 一緒に盛られているひらめ、マグロは生醤油、イカは納豆醤油で食べつつ、クエのお造りに戻ると、なお一層淡白な白身の中に、しっかりとしたクエの旨みを感じることができる。

 そしてお待ちかねの「クエ鍋」が登場。出汁をとった鍋の中にかま、背肉、骨身、腹身、とろ腹身といったいろいろな部位を入れる。その旨みが出汁にさらなる深みを与え、どんどんおいしくなる。骨身は骨にしゃぶりつきながら食べる。骨にしっかりとついた身はキュッと引き締まり、弾力がある。それとは対照的に、ふわっと柔らかいとろ腹身。パサつきが全くなくいい感じの甘い脂が旨みとなっている。野菜とクエのすべてを楽しんだら、クエの出汁がたっぷり出た鍋にご飯を投入。クエ鍋の絶品出汁を吸った雑炊が優しく染みわたる。これぞ口福。東京ではめったに食べることができないクエを、新鮮なまま楽しめる店に認定!
1. 「クエの薄造り」2.「鱗煎餅」3.「季節の前菜三種盛り」+単品3品
長崎県対馬市美津島町 しろや新宿
【住所】新宿区歌舞伎町1-18-9 Wamall歌舞伎町 2F
【TEL】03-6265-9102
【営業時間】17〜23時(L.0.22時30分)
海の上で極上のディナーを体験
ピザ作りとダッチオーブンで秋の食欲全開 Farming Event Report【2018.10.28】
伝統的農法”酒粕”を使ったコシヒカリ
AIで自分も知らない本当の自分好みの日本酒が見つかった!「YUMMY SAKE」を体験
ごちそう感が半端ない、油淋鶏【午前0時に揚げてみた】
米ポートランド発のサステナブルなレストランが神田に登場! 環境、健康、多様性を全包囲