脱こじらせへの道 第45回 あなたは結婚したいですか?

「あなたは結婚したいと思いますか?結婚してよかったと思いますか?」
 私は今32歳、独身です。
 ここ数年、実家に帰ると「結婚は?」と親に聞かれることもありましたが、今はもうそれすらなくなりました。
 そもそも私は結婚願望もなく、むしろ結婚制度には否定的です。

 というわけで今回は、こんなアンケートをとってみました。

「あなたは結婚したいと思いますか?結婚してよかったと思いますか?」

 半数以上、6割の人が「思う」という回答。
「居場所ができる」「絆が生まれる」というご意見が多く、納得できる内容です。

 しかし「思わない」という人が4割もいることに、私は驚きました。
「思わない」派の意見は、

・もっと仕事でキャリアを積みたかった
・結婚してから好きな人ができた

 というような内容でした。あのときああしていれば…という後悔の気持ちから、「思わない」という回答になったようです。

 婚活サイトやイベントはまだまだ流行していますし、何よりも「結婚をするのが当然」という考え方が強いと思います。
 でも結婚はただの通過点であって、ゴールではないんですよね。
紙切れ一枚で相手の心を縛ることはできませんし、相手(や将来生まれるかもしれない子ども)との関係性や将来が保証されるわけではありません。

 私が結婚制度に否定的な理由はほかにもあります。
 自身が幼い頃不仲の両親を見てきたので、そういったことから家族全員が窮屈な思いをするなら、結婚制度はないほうがいい。
 相手の心を縛ることができないとともに、自分の心を縛られたくない。もしほかに好きな人ができたら、自由に恋愛をしたい。
 こう書くと、ワガママな人間に捉えられるかもしれませんが、結局のところ結婚に魅力を感じないのです。
 自分で自分の人生を選択しながら生きるときに、邪魔な制度だと思えて仕方ありません。


「あのとき結婚しなければよかった…」と後悔して生きるよりは、自分が本当にやりたいこと・すべきことを優先して結婚しないという選択もあるんじゃないでしょうか?
 もちろん、やりたいことが「家族を作る」ことだったら、結婚することは良いことだと思います。

 ただ、そういう考え方を理解した上で、選択的な人生を送っていくという女性の生き方も、認められてもいいんじゃないかな、と思います。
田口桃子(たぐち・ももこ)
GIRL'S CHプロデューサー。2007年、新卒でソフト・オン・デマンド(株)に入社。
営業、マーケティング等の部署を経て、2012年よりGIRL'S CHの立ち上げに携わる。
以来現在まで、GIRL'S CHの現場リーダーとしてサイト運営をしつつ、オリジナル動画ではレポーター出演等をすることも。

過去のコラムはこちらでチェック!
<脱こじらせへの道 アーカイブ  http://www.tokyoheadline.com/?p=165709http://www.tokyoheadline.com/?p=165709 >