安保瑠輝也が戦線復帰。ゴンナパーとの幻の一戦が実現【6・17 K-1】

改めて対戦することが決まったゴンナパー(左)と安保瑠輝也
安保兄弟が大阪に自らのジム「ALL-WIN GYM」立ち上げ

 K-1実行委員会が4月25日、都内で会見を開き、「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第2代フェザー級王座決定トーナメント~」(6月17日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ)の追加対戦カードを発表した。

 ライト級のスーパーファイトでゴンナパー・ウィラサクレックと安保瑠輝也(瑠輝也から改名)が対戦する。

 安保は20日にSNSで弟の安保璃紅とともに大阪を拠点に活動していくことと自分たちのジムとして「ALL-WIN GYM」を立ち上げることを発表していた。リングネームの変更もそれに伴ってのもの。

 このカードはKrushの2月大会でライト級挑戦者決定戦として組まれていたのだが、安保が当時所属していたTRY HARD GYMとK-1側との契約トラブルに伴い流れた経緯があった。

 安保はプレリミナリーファイト、トーナメントのリザーバーとして出場経験があるが、今回が本格的なK-1参戦となる。

 冒頭、安保は「2月に決まっていたゴンナパー戦はたくさんの方に期待してもらっていたが、それが実現できないとなってしまった。今回ゴンナパー選手と戦えることになってすごくワクワクしている。」と話した。

 一方、ゴンナパーは「瑠輝也選手は多分、自分より下だと思っている。そんなに強くないと思うので、自分が練習を頑張れば絶対に負けないと思う」と話した。

 安保は2月に試合が流れた時のことについては「複雑な気持ちになった。直前で流れたので落ち込んだ」と振り返った。そして「本当に僕自身、弟と一緒に悩んだが、僕たちが姫路から出てきた理由がK-1のチャンピオンになることだったので、まだK-1でやり残したことがあるという決断になった」と戦線復帰の経緯を説明した。

 改めてゴンナパーについては「強い選手。Krush王者になったし、K-1王者の卜部功也選手にも勝っている。ここでゴンナパーを倒すことによって、夢であるK-1チャンピオンが見えてくるのかなと思う」と話した。

 拠点が東京から大阪へ変わることで練習環境にも大きな影響がありそうだが、その点については「東京で2年弱頑張ってきましたが、トップ戦線に通用するノウハウは知りえたと思う。大阪って今盛り上がっているじゃないですか。そこに僕たち兄弟が行くことによって、大阪がもっと大きくなっていくのかなと思う。練習環境は、今は姫路で昔お世話になったところで練習していますが、タイに行って帰ってきたら自分たちのジムがあって、タイ人のトレーナーも用意する予定なので、そこに関しては問題ないと思う。後は気持ちだと思います」と胸を張った。
6月K-1、8月Krushの2連戦に臨む野杁
野杁正明「嫁さんと娘のためにも勝つ」

 スーパー・ライト級のスーパーファイトに同級王者の野杁正明が出場。初参戦となるヴィンセント・フォシアーニと対戦する。

 フォシアーニはヨーロッパを主戦場に39戦33勝のキャリアを誇る。ムエタイ仕込みの鋭いヒザ蹴りを得意とし、ISKA-63kgヨーロッパ王座を獲得したこともあるファイター。

 野杁はフォシアーニについては「ザ・サウスポーという感じ。左ミドルを主軸に戦っている選手だが、まあ問題ないかな、と思う。初参戦の選手なので一発のパワーなどは実際に戦ってみないと分からないが…まあ、警戒する技は映像を見た限りではなかった。次も1Rから攻めていくので何もさせずに1Rで倒したい」と自信のコメント。

 また愛知県出身の野杁は8月18日に行われるKrush名古屋大会にも参戦。昨年に引き続き6、8月の連戦となるが「去年は判定とKOで2連勝。今年は2つとも倒して勝ちたい」と気合十分。それも娘の存在も大きいようで、会見中の会場に娘の声が漏れると相好を崩し「今までは自分のために戦っていた。自己満足だったが、今は家族を養っていかないといけないという気持ちもあるので、家族のためにも、嫁さんと娘のためにも勝たないといけないという意識が大きくなった」などと話した。
プレリミナリーファイトで戦う伊澤(左)と伊藤
プレリミナリーファイト4試合も発表

 この日はこのほかにウェルター級スーパーファイト「城戸康裕vsマサロ・グランダー」(関連記事)とプレリミナリーファイト4試合が発表された。

 プレリミナリーファイトではフェザー級で伊澤波人と伊藤健人が対戦。ともにkrush4月大会で勝利を収め、今回の出場にこぎつけた。今回は「第2代フェザー級王座決定トーナメント」が開催されることもあり、注目度は高い。もっとも伊澤は昨年9月にはノンタイトルながら武居由樹とも対戦しており、今回のプレリミ出場に関しては「正直、悔しいが、また本戦に出られるようにアピールしたい。フェザー級ではトーナメント組には負けないと思っているので、しっかりそれを見せられるように頑張る」と話した。

 本紙4月9日発行号の「格闘家イケメンファイル」に登場した近藤魁成がスーパー・ライト級で鈴木勇人と対戦する。

 近藤は「K-1甲子園2018 -65kg」王者で、3月のK-1さいたま大会のプレリミナリーファイトでプロデビュー。KO勝利を収め、今回がプロ2戦目。鈴木はプロ戦績6戦4勝2敗の強豪だが、近藤は「今まで戦った中で一番の強敵だと思いますが負ける気はしないので、絶対KOして勝ちます」と話した。

 このほかにウェルター級「海斗vs渡邊俊樹」、スーパー・フェザー級「横山朋哉vs久保一馬」が発表された。
売りは「迫力のジャッジ体験」
K-1公式動画配信サイト「K-1 VR」がオープン

 またこの日はK-1公式動画配信サイト「K-1 VR」がオープンしたことが発表された。これはK-1 JAPAN GROUPの試合をVR映像で視聴できる動画配信サイト。

 試合映像はリングサイドのジャッジ席の横に設置されたカメラのもので「迫力のジャッジ体験」というのが売りになっている。

 試合以外にも練習風景などの動画も用意され、今後は「人気選手との2ショット試合観戦VR」といったさまざまなコンテンツが企画されている。