五味隆典「真夏に判定はダメだよ! KOじゃなきゃ!」【7・29 RIZIN.11】

五味の右フックがさく裂(撮影・鬼束麻里)
左右のフックで約4年ぶりの勝利

「RIZIN.11」(7月29日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で五味隆典がメルビン・ギラードを1R2分33秒、KOで破り、約4年ぶりの勝利を収めた。

 ギラードは前日計量で950gオーバー。当日の朝までに猶予期間が設けられたが、そこでも体重を落とし切れず、レッドカードを受けての試合となった。レッドカードにより判定となった場合、100ポイント満点の中で50ポイント減のスタートとなり、ギラードにとっては勝つためにはKOしかないという状況となった。

 ゴングが鳴ると、いきなり2人のフックが交錯。会場が大きく沸く。ここで五味がパンチをかいくぐりタックルへ。タックルを切ったギラードに五味が左フックを皮切りに右フックを連打。ギラードも応じ、いきなり激しい打撃戦が始まった。五味のパンチがギラードの顔面を何度もとらえるものの、単発ながらギラードのパンチが五味の顔面をとらえる場面もあり、いつどちらが倒れてもおかしくない展開となったが、五味が右フックを打ち抜くとギラードがぐらり。ここでバランスを崩した五味だったが、体勢を立て直しロープに詰めてパンチの連打で畳み掛けるとギラードは崩れ落ちるようにダウン。レフェリーが試合を止めた。
コーナーポストに上がって勝利をアピール(撮影・鬼束麻里)
計量オーバーのギラードに「日本の格闘技をなめんな」

 五味はPRIDE時代のようにすぐさまコーナーポストに駆け上がって勝利をアピールすると会場は割れんばかりの大歓声に包まれた。

 五味は久しぶりにマイクを握ると「真夏に判定はダメだよ! KOじゃなきゃ! やっと帰ってきたかな、これが俺の試合だから! 持ってるよね、俺」とかつての名セリフの夏バージョンで絶叫。そして「言いたいことはいっぱいあるんだけど。メルビン選手、短いスパンで試合を受けてくれたんですけど、2度の体重オーバー、日本の格闘技なめんなっての!」と前日計量から続くモヤモヤを一気に吐き出した。そして「今年、あと1回か2回、ここのリングに上がろうと思っています。今日は勝ったのが信じられない。今日はみんな最高にうまいビール飲んで帰ってください」と“らしい”台詞で締めくくった後に「もう一回乗っといていいですか?インスタの準備お願いします」と再びコーナーポストに上がり、ファンと喜びを分かち合った。
久しぶりにマイクを握る五味。名言連発(撮影・鬼束麻里)
「一つしかない男同士のルール」と計量オーバーに警鐘

 五味は試合後の会見で「ウェートオーバーは競技としてなんとかしてほしい。本当のこというと今日のお昼すぎくらいまで試合はやらないつもりだった。一睡もできなかったし。一つしかない男同士のルールなんで。あとボクシングの山中選手(の相手のケース)ですか。体重オーバーで勝って帰るという競技になりかけている。僕は体重オーバーは断固として試合をパスしようと思っていた。大怪我にもつながるし。彼が出てくれて試合が実現したことはいいことなんだけど、昼に計量したら元気になっちゃって、オープニングの時に“どうしよう”って思っちゃった。“でかいな。なんだよ芝居かよ”って。ルールなんでこれだけは守ってほしい」などと格闘技界で起こっている体重オーバー問題に警鐘を鳴らした。

 次戦については「当初は最初にやる予定だった相手(アンディ・サワー)から徐々に相手を強豪にしていくという考えはあったが、今回こういう形になってしまったので、7月、9月、大晦日と出たかったが、8月いっぱいは飲み続けようと思っている(笑)。つかまらないと思うんで、次は大晦日ですかね。強豪選手とやれれば」と話した。
ブランダオンの軍門に下った北岡(撮影・鬼束麻里)
北岡悟はディエゴ・ブランダオンにKO負け

 五味とともに日本のライト級戦線を盛り上げてきた北岡悟はディエゴ・ブランダオンと対戦。1R1分30秒、KOで敗れた。

 北岡はいきなりタックルを仕掛けるが、ブランドンはバックステップで対応。再びタックルを仕掛けた北岡だったが、タックルを切られると今度は腕を取って引き込みを狙う。しかしブランダオンはサイドポジションをキープ。最初のうちは北岡が足でブランダオンの左腕を殺すも、ブランダオンは腕を抜くとパウンド。北岡は右足を取ってアキレス腱固めを狙うが、ブランダオンは足を取られながらもパウンドを落とし続ける。

 北岡は決めきれないまま、パウンドを浴び続け、力が抜けたところでレフェリーが試合を止めた。
「RIZIN.11」(7月29日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)

◆第10試合
[RIZIN 女子 MMA ルール : 5分3R/インターバル60秒(49.0kg)※肘あり]
◯浅倉カンナ(判定3-0)RENA●

◆第9試合
[RIZIN MMA ルール:1R 10分/2R 5分/インターバル60秒(60.0kg)※肘あり]
◯堀口恭司(判定3-0)扇久保博正●

◆第8試合
[RIZIN MMA ルール:1R10分/2R 5分/インターバル60秒(93.0kg)※肘あり]
◯イリー・プロハースカ(1R1分41秒、TKO)ブルーノ・カッペローザ●

◆第7試合
[RIZIN MMA 特別ルール:5分3R/インターバル60秒(73.0kg)]
◯五味隆典(1R2分33秒、KO)メルビン・ギラード●

◆第6試合
[RIZIN MMA 特別ルール:5分3R/インターバル60秒(70.0kg) ※肘あり]
●北岡悟(1R1分30秒、KO)ディエゴ・ブランダオン◯

◆第5試合
[RIZIN MMA 特別ルール:5分3R/インターバル60秒(無差別級)]
●シビサイ頌真(判定0-3)ボルドプレフ・ウヌルジャルガル◯

◆第4試合
[RIZINキックボクシングルール(70.0kg):3分3R/インターバル60秒]
◯海人(2R1分22秒、KO)ウザ強ヨシヤ●

◆第3試合
[RIZIN 女子 MMA ルール:5分3R/インターバル60秒(49.0kg)]
●石岡沙織(判定1-2)山本美憂◯

◆第2試合
[RIZIN MMA 特別ルール:5分3R/インターバル60秒(59.0kg)]
●オニボウズ(1R1分6秒、KO)トップノイ・タイガームエタイ◯

◆第1試合
[RIZIN MMA 特別ルール:5分3R/インターバル60秒(70.0kg) ※肘あり]
◯ダロン・クルックシャンク(3R4分13秒、TKO=レフェリーストップ)トム・サントス●