山下健二郎ら、ダンス&縦笛で1万人沸かす【「HiGH&LOW」シリーズ最新作完成披露試写会】



「PKCZ×DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW 完成披露試写会&PREMIUM LIVE SHOW」が21日、幕張メッセで行われた。

  人気映画「HiGH&LOW」シリーズのスピンオフ作品で、9月28日公開の映画「DTC -湯けむり純情編- from HiGH&LOW」の完成披露試写会を兼ねたイベント。映画、ドラマ、音楽、コミック、ライブなどさまざまな形態で展開される総合エンタテインメント「HiGH&LOW」シリーズらしく、 映画と音楽ライブで作品の世界観を楽しむスペシャルな内容で、音楽ライブには主題歌やオープニングテーマ、挿入歌など作品を彩る楽曲を担当したアーティストたちが出演。こうしたイベントは昨年初めて行われ、今回はその第2弾となる。

 映画と音楽ライブが融合した”ショー”。映画と音楽ライブ、アーティストとアーティストのインターバルを、DTCことダン、テッツ、チハルを演じる山下健二郎(三代目J Soul Brothers)、佐藤寛太(劇団EXILE)、佐藤大樹(EXILE、FANTASTICS)がユニークな方法でつなぐ。ライブ冒頭は、DTCがステージ上のPKCZのDJブースで勝手に遊ぶ寸劇。ボタンを押すと「ぶっ殺されてえのか、てめえら……」「誰よりも高く飛ぶ」「壁だと思え」「お兄ちゃんの話を聞きなさい!」などシリーズ中に出てきたさまざまな名台詞やフレーズが飛び出し、それで会話を展開。DTCも会場も大爆笑だった。そのほかの場面でも、劇中に出てきた縦笛兄弟とDTCがダンスと歌と縦笛のパフォーマンス、縦笛兄弟の一人を演じる八木将康とEXILE SHOKICHIのリアル兄弟のやりとりなど、ファンをくすぐる演出も満載だった。

PKCZのVERBALはこの日43回目の誕生日。サプライズで祝われると「リアルに驚いています」。そのあと、何度も手をサングラスの近くにやっていた
 音楽ライブは、PKCZがステージを温めると、トップバッターは主題歌「YOU & I」を手掛けたHIPHOPグループのDOBERMAN INFINITY(D.I)、挿入歌を担当するHONEST BOYZ(HB)、オープニングテーマを歌うEXILE SHOKICHIが次々にライブ。D.IのステージにはBALLISTIK BOYZ、HBには登坂広臣と、豪華なコラボもあって、すでに盛り上がっていた会場をさらにヒートアップさせた。ラストはステージ上に全員が並んだ状態で、「この曲でひとつになりましょう」と「YOU & I」で締めくくった。


DOBERMAN INFINITYは新曲「SUPER BALL」を含むアゲアゲなセットで会場を盛り上げた
HONEST BOYZは登坂広臣をフィーチャリングした「BEPPING SOUND feat.HIROOMI TOSAKA」もパフォーマンス
 映画は、シリーズとは一線を画すアクションなしのハートウォーミングな青春ドラマ。DTCの3人が行先も決めずにバイクで旅に出て、行きついた温泉街の旅館で巻き起こす奇跡の数々に、笑えて泣ける純情ムービー。9月28日から3週間限定で全国公開。 

 DTCは「なぜ、3週間なんだ!」と憤慨しつつも、「ここから頑張っていきましょうよ」と声を掛け合い、「応援よろしくお願いします」と頭を下げていた。

EXILE SHOKICHIはロックなステージを展開